« 「月光ゲーム」 有栖川有栖 | トップページ | 「ジェネラル・ルージュの凱旋 上」 海堂尊 »

2009年1月26日 (月)

「あなたの呼吸が止まるまで」 島本理生

あなたの呼吸が止まるまで あなたの呼吸が止まるまで

著者:島本 理生
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


微妙。もう少しよく構想を練ってから書いて下さいと言う感じでした。
島本さん、好きですよ。だから何かだか良く練らずに、
書きたいこと書いたでしょ?と分かってしまい残念。
そもそも、主人公の考え方は12歳には到底考えられない。

私には母がいない。収入の少ない舞踏家として生きる父を見捨て、
この家を出て行ったのだ。だけど最近になって、
母は父との生活ではなく、私という存在が邪魔だったのだろうと、
そう思うようになった。増えた一人の時間は、
私を急速に成長させる。大人になっていく私の孤独と、
だけど伸びきらない子どもの部分が、私の心をぐちゃぐちゃにして、
早く大人になれと攻め立てる。それを一番理解してくれたのは、
きっと佐倉さんだった。だけど、佐倉さんは私に恐ろしいことをした。
その恐怖と憎悪を胸に、大人になった「私」が復讐することを誓う。

結局何が言いたいのだろうか。と読後悩んだ本でした。
全編「ですます調」12歳なのに。過去回想なのかと思えば、
そうではなく、ただ「ですます調」。利点が分からない。
話の中に、さも重要そうに「舞踏家」が出てくるが、
ラストの主人公の決意とは、さっぱり噛み合っていない。
おまけに主人公が12歳と言う設定なのに、全く子どもっぽくなく、
「大人びた子ども」を書きたかったみたいだけど、
「大人びた子ども」は大人びていても所詮子どもなので、
幼い部分が必ずどこかにある。それが書かれていない。
もしや子どもの感情が書けないから、「大人びた子ども」に
したんだろうか、と残念にも思いつつ。
大人が読んで共感する小説の中の「子ども」と、
子どもが読んで共感する小説の中の「子ども」は若干違うんですよね。
ほら、児童書が普通の本と別になってるように。
作者が「子ども」を書いたつもりでも、作者は大人だから、
細心の注意を払わないと必ずどこかで「大人」の割り切った感情が出る。
それを子どもが読むと、「そんな風には考えない」と違和感が出るのだ。
ハイライトになっている性の話も、復讐しようと主人公が決めた所で、
何だか不の連鎖が続くように感じ、いい終わりではない気がする。
終始、微妙。私は好きではありません。

★★☆☆☆*50

|

« 「月光ゲーム」 有栖川有栖 | トップページ | 「ジェネラル・ルージュの凱旋 上」 海堂尊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/27536400

この記事へのトラックバック一覧です: 「あなたの呼吸が止まるまで」 島本理生:

« 「月光ゲーム」 有栖川有栖 | トップページ | 「ジェネラル・ルージュの凱旋 上」 海堂尊 »