« 12/4つばき@新宿LOFT『大猫背ロック』 | トップページ | 12/6つばき@下北沢GARAGE『みかん祭~ガチンコで歌増橙柑都!~』 »

2008年12月 5日 (金)

「ゴールド・フィッシュ」 森絵都

ゴールド・フィッシュ ゴールド・フィッシュ

著者:森 絵都
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


森さんは若いときに読むのが一番いい。そんな事をこの本で思った。
前回酷評した「ラン」についても、私がもう少し若かったら、
もっと楽しめたんだろうと思う。なんていうか、もう、
その時期は過ぎ去ってしまったんだという、虚しさばかり。再読です。

ロックバンドを目指して東京に行った真ちゃんは、
いつの間にか住んでいた部屋を引き払っていた。
電話も繋がらず、バンドも解散したという噂も聞いた。
一体真ちゃんに何があったのだろう?
さゆきは心配になり、真ちゃんを知る人に聞いて回った。
ようやく真ちゃんの居場所を突き止め、
新小岩の叔父さんの家まで行ってみたけれど、
やはりそこには真ちゃんはいなかった。

いつしか他人を通して見ていた夢は、
自分の夢だったのだと気づく瞬間、気づかされる瞬間、
それがとても優しく描かれている本です。
きっとこの本を中学生のときに読めたら、
まっすぐに心に届くことでしょう。私も当時読んだので、
とても温かい本だったという記憶から今回読んでみたのですが、
前回に比べるとそれほど、打たれずに読み終わってしまって、
自分が成長したのか、それとも逃げ出しているのか、
素直に楽しめない現状に何だか虚しくなりました。
人生は奇麗事ではない。もっとどろどろして、汚くて、
けれど森さんの本はそっとそれが隠されているから、
こんなもんじゃないんだ、ってむきになりそうになる。
真ちゃんだって、その夢を諦めるときが、
多分必ずやってくるのだから。それを見ないふりするのか、
もっと頑張れって、叶わない夢に送り出すのか、
そんなんでいいのかって、思ってしまうのでした。
大人になった私は、子どもの頃には戻れなんでしょうね。
バンドを応援する気持ちは分かるし、
でも私はそのときも心の片隅で、その結末を考えてしまう醜い心に、
何だか申し訳ないような、恥ずかしいような気分になるんです。

★★★☆☆*80

|

« 12/4つばき@新宿LOFT『大猫背ロック』 | トップページ | 12/6つばき@下北沢GARAGE『みかん祭~ガチンコで歌増橙柑都!~』 »

コメント

私もこれ中学のときに読みました!
それから森絵都さんにハマって読み漁った記憶が…。
今読むと私もそんな風に感じるんでしょうか?
今度どう一度読んでみたいと思いました。

投稿: 涼菜 | 2008年12月14日 (日) 22:59

>涼菜さん

コメント遅くなってしまい申し訳ないです。涙

私も中学生のとき森さんの本を読んで育ちました。
「カラフル」は泣いたなぁ、凄く良かった。
あの時の私に凄く響いた本でした。
「ゴールドフィッシュ」も「リズム」もそんな時読んだはず
なのですが、あまり記憶に残っていなかったので、
今回また読んでみました。児童書って難しいと思います。
軽く書けばいいってもんじゃないし、
書きすぎてしまったら、それは児童書ではないわけで。
たまたま今読んだタイミングが悪かっただけかもしれません。
また後で、私も読んでみようと思います。

そうそう、北村薫さんの「スキップ」三部作は読まれてますか?
これも高校生くらいのときに読むと、痛く感動する本ですが、
最近読み直して、私はまた違った感想を持ちました。
涼菜さんも是非読んでみて下さいね。

もう年末ですね~早い!!
しかも今年のクリスマスは平日だー。涙
涼菜さん、良いお年をお迎え下さい。

投稿: るい | 2008年12月22日 (月) 16:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/26049159

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゴールド・フィッシュ」 森絵都:

« 12/4つばき@新宿LOFT『大猫背ロック』 | トップページ | 12/6つばき@下北沢GARAGE『みかん祭~ガチンコで歌増橙柑都!~』 »