« 「雪虫」 堂場舜一 | トップページ | ■雑談:久しぶりに雑談でも »

2008年10月20日 (月)

「約束」 石田衣良

約束 (角川文庫 い 60-1) 約束 (角川文庫 い 60-1)

著者:石田 衣良
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


問題なのは、石田さんを許せるかどうか。許せる、と言うのも変な
話で、どちらかと言えば許容できるか、と言う辺り。要するに好み。
この安易過ぎる何とも言えない薄めの設定の中に、
どのような思いを馳せるかが、最大のポイントである。

「約束」
カンタにとってヨウジはヒーローだった。
何も取り得のないカンタにとって、勉強で、スポーツで、
ヨウジが活躍する姿は一段と輝いて見えて、
自分が幼馴染であることを誇りに思うほどだった。
しかし、事件は突然起きた。下校中の二人の前に、
気の狂った不審者が現れ、襲い掛かってきたのだ。
驚き、立ちすくむ二人だったが、次の瞬間、
ヨウジはカンタを突き飛ばし、自分の身代わりになった。
死んでしまったヨウジ。カンタはショックを受け自分を責め続けるが……。

ここに書かれている話は、とてもいい話である。
私がこのように批判してはならないほどの、とてもいい話である。
最後の話なんかは、とてもぐっと来て泣きそうだった。
だから、何だかとても残念なのである。そういう思いを、
大切に思っているという共感が嬉しいのに、とてももったいなく思う。
私がどうしても好きになれない理由として、話を作るという
スタンスでの意識が微妙に石田さんと違うからではないか、と思った。
それは「ぼくとひかりと園庭で」のときも思ったのだが、
石田さんはその大切な感情を、「簡単に」伝えようとするのである。
簡単な設定で、簡単に伝えることにより、
読者にも簡単に分かってもらおう。そんな風に私は感じる。
けれども、それって何だか違うのではないかと、私は思うのだ。
大切なことは、「簡単に」するのではなく、「分かりやすく」
する必要があると思う。間違っても「簡単=分かりやすい」ではない。
だって「友達が死にました。悲しいです、でも頑張ります」
って言う簡単よりも、「友達とはこんなに仲がよかったんです。
でも死んでしまい、悲しいです。あなたも仲のいい友人を亡くしたら、
こんな気持ちになるかもしれませんよ」という分かりやすさと、
気持ちの浸透が重要なのではないか、と私は思うからだ。
この薄い設定だと、そこのところがあまりに省略されているようで、
「あとは自分で考えてくださいって事かしら」とちょっと残念である。
あんまり突き放しすぎると、折角いいことを書いているのに、
気づいてくれない読者も現れるのではないかと思う。
まぁこの本は逆にストレート過ぎる、という感じも受けなくもない
のだけれど。うーん、石田さん嫌いじゃないんですけど、
最近そんなことを考え始めたら、そればかり気になっちゃってダメです。
それと久しぶりに読んで思ったのですが、石田さんの文章は、
形容詞と比喩が多いですね。今まで気づかなかったのですが。

★★★☆☆*80

|

« 「雪虫」 堂場舜一 | トップページ | ■雑談:久しぶりに雑談でも »

コメント

はじめまして。ブログ飛び回っていたらたどりつきました。なんだか石田さんへの話、すごく共感しました。
私も石田さんの話には違和感がずっとあったんですが、理由はこれだったんですかね。。。「約束」は読んでないのですが。考えさせられました。

投稿: 涼菜 | 2008年10月22日 (水) 20:44

>涼菜さん

こんにちわ、初めまして^^*
数あるブログの中から見つけて頂き、どうもありがとうございます。

涼菜さんもそう思われましたか!
共感していただける方がいて安心しました^^*
人によって感想は違うと思いますが、「素直に楽しめない」
というもやもやを感じるときってあると思うのです。
理由を一括りにしてしまうのも作者さんに申し訳ないんですが、
「なんだかなー」と思うときは、原因を良く考えるようにしています。

石田さん、好きか嫌いかと聞かれたら、
素直に「好きな作家」に入るのですが、
時折作品によって「なんだかなー」って思っちゃうんですよね。

「容疑者X~」を読まれているようで!
私は映画も観てしまいました~。小説の方がよかったかなぁ。
感想楽しみにしてますね♪

私の感想は相当はっきり文句を書いてあるので、
軽く三癖くらいあると思いますが、笑
気が向いた時にでもまた覗いてやってくださいませ。
こちらからも後ほど伺わせていただきますね!

投稿: るい | 2008年10月23日 (木) 10:11

こんばんは、るいさん。
未熟者の私でゴメンナサイ。
私は、話を想像するだけで、すぐに感動してしまうみたいです。
この本も図書館で借りて読んだのですが、購入してしまいました。
「夕陽へ続く道」の、おにぎりのシーンでは、自分もおにぎりを食べた気になってしまうほど嬉しかったんです。
なので、るいさんの感想を読むと色々と考えさせられます。

「三四郎」に読んでみようと思います。
いつもありがとうございます。heart04

投稿: fumika | 2008年10月24日 (金) 21:18

>fumikaさん

いえいえ、感想って人それぞれありますから、
誰があっていて、誰が間違っているってないと思います!
私は小説について言えば、感動ものは長編の方が好きです。
そんな所からも「好み」が違うので、
この本のことも「好き」「苦手」という部類で感想を書きました。
この本、とてもよかったです。でも私は長編の方が好きなので、
こんなに短い話ではなく、もっと長く濃密に描いて欲しいな、
と物足りなく思ってしまった、と言うのが原因だと思います。
一話一話秀逸でしたから、これなら五話分、
五冊の本が出来そうなのにな、と思ったのです。

「三四郎」いいですよ^^*
是非「三四郎」→「それから」→「門」でお楽しみ下さい♪
こちらこそ、いつもありがとうございます。

投稿: るい | 2008年10月27日 (月) 10:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/24672932

この記事へのトラックバック一覧です: 「約束」 石田衣良:

« 「雪虫」 堂場舜一 | トップページ | ■雑談:久しぶりに雑談でも »