« 「ナイチンゲールの沈黙 下」 海堂尊 | トップページ | 「殺人の門」 東野圭吾 »

2008年10月14日 (火)

「偏路」 本谷有希子

偏路 偏路

著者:本谷 有希子
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


読み始めるまで脚本だとは知りませんでした。
が、まずまず楽しめました。しかし、本谷さんは好きなんですけど、
どうも好きになりきれない理由は、マンネリにある気がする。
だって、いつもテーマ一緒じゃないですか。なんだかなぁ。

東京で劇団員をしていた若月は、出戻りすることになってしまった。
劇団が色恋沙汰でドロドロになり、解散になったのだ。
とりあえず実家に帰ってみようとしたものの、
そもそも実家が嫌で嫌で仕方がなかったから飛び出したのであって、
今更その空気に馴染むことが出来ないのだった。
父親を始め、親戚一同は、劇団員として若月を送り出した苦労話
ばかりをし、早く有名になってくれとせがむ。
若月は葛藤の末、劇団が解散になったことを伝えるが……。

舞台で見たら、きっと面白いだろうなぁ、と思いました。
ところどころ実際の舞台の写真が入っていて、
よりイメージを膨らますことが出来ましたし、
ありそうな家族をコメディ調に書かれていて、好感が持てます。
しかし、一つ気になったのが、上記にも書いたように、
ストーリーのマンネリが目立ちます。今回の話は、
役者になろうとして実家を出たものの、鳴かず飛ばずで、
出戻りした惨めな女が主人公。あれ?この光景どこかで……、
と思い返してみると「腑抜けども悲しみの愛を見せろ」でも、
「ほんたにちゃん」でも、そのような設定だったではありませんか。
と、言うことはあれですかね、毎度イメージはご自身なんでしょうか?
と考えてしまった次第でした。「腑抜けども」でも「江利子と絶対」
でも分かるように、あの絶望感を描ける人と言ったら、
本谷さんの右に出る人はいないと思います。けれども、
その絶望をいつも同じ設定でしか使えないのなら、
それは残念なことだなぁ、と勝手に思いました。
今回も、面白いんですが「あぁまたこの設定ですかぁ」
と言う感じで、あんまり楽しめませんでした。
本谷さんの舞台は見てみたいですね、興味があります。

★★★☆☆*78

|

« 「ナイチンゲールの沈黙 下」 海堂尊 | トップページ | 「殺人の門」 東野圭吾 »

コメント

私も最近この本読んだよー!

確かに、設定がかなり被ってるよね。
「腑抜けども~」ともそうだけど、「グ、ア、ム」とも凄い設定が似てた(笑)

脚本小説?だったら、「遭難、」の方が面白かったかも。本谷さんの舞台、一度観てみたいよね。

公演期間凄く短いっぽいけど(笑)

投稿: すきま風 | 2008年10月17日 (金) 23:52

→すーちゃん 

そうそう、何かどれも似ててさぁ、ちょっと飽きたかも(;^_^A 
好きなんだけどね、本谷さん。残念なところ。 
と言うか、この筆力で是非ミステリを書いてほしいよ、まったくもったいない。 

そうだね、舞台は観てみたいな! 
本人も出るんだろうか? 
監督は挨拶とかだけなのかな、一度ご本人を見てみたいね!

投稿: るい | 2008年10月19日 (日) 00:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/24536967

この記事へのトラックバック一覧です: 「偏路」 本谷有希子:

» 遍路 [No-music.No-life]
東京で女優になる夢を諦めようとする娘と、どこまでも暴走する父(おとん)が、親戚宅で繰り広げるスリリングかつハートウォーミングな一週間。小説『グ、ア、ム』と対をなす、劇作家・本谷有希子の善意に満ちた最新戯曲。 *−*−*−*−*−*−*−*−* 本谷有希子さんの最新作です。 先日、グ、ア、ムを読みましたが、今回は父の旅の話・・ということで読み始めたのですが、どのへんが旅なの? 舞台親..... [続きを読む]

受信: 2008年10月17日 (金) 23:50

« 「ナイチンゲールの沈黙 下」 海堂尊 | トップページ | 「殺人の門」 東野圭吾 »