« 「疾走 下」 重松清 | トップページ | 8/23つばき@新宿TOWERRECORDS DVD発売記念インストアライブ »

2008年8月20日 (水)

「スカイ・クロラ」 森博嗣

スカイ・クロラ (中公文庫) スカイ・クロラ (中公文庫)

著者:森 博嗣
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


珍しく映画を観てから、原作を読みました。
映画は、と言うとまぁまぁアニメにしてはいい方でした。
飛行機が好きな方はいいかもしれません。原作は、というと、
これまた映画と同じような雰囲気で監督と好みが似てるのかな、と。

大人になることが出来ない子ども、キルドレ。
僕たちは空を飛ぶことだけを考えて生きている。
それは、戦闘機に乗って空を飛び、相手の弾に打ち落とされたとき、
僕たちは初めて死を迎えることが出来るからだ。
それ以外の理由で僕たちは死ぬことは殆どない。
理由も知らない戦いに、少しの疑問を抱きながらも、けれど、
どうせ大人になれない自分たちはそれを知る必要さえない気がする。
さぁ、今日も空が僕を待っている。終わらない、毎日が。

実は「スカイ・クロラ」シリーズは6巻?あるのであるが、
映画化された内容は、殆どこの1巻目「スカイ・クロラ」である、
と言って過言ではない。発行された順番は、一番新しいところから、
徐々に時間を遡ってゆくような設定になっているので、
これを映画化するというのが、やはり物語の妥当なのだと思う。
けれどもこのシリーズを読んでいくと判るのだが、
読み進めるにつれ、徐々に過去や真実、経緯が暴かれてゆく。
そうか、なるほど。という面白みを生むためにそうなっているのに、
映画ではその最初しかやらないのだから、味が薄いわけだ、と思った。
この本の内容はと言うと、一番魅力的だったのは、
やはり飛行シーンかもしれない。勿論、映画の映像には負けるが、
文章で読ませる、という点においては、全く飛行機に興味のない私が、
楽しめたのだから、その操縦や、操縦しているときの主人公の気持ちが、
心地よかったのだろう。死場を求めて飛ぶ子どもたちの心。
そんなものは到底分かるはずないのだが、しかしもし存在する、
あるいはそれに似た感情を、私たちが持っているのではないか、
と思えてくるからである。ここでの主人公は映画と同じく
カンナミという少年が主人公になっている。一つ残念だったのは、
映画では、「また繰り返される恐怖」を味わえたことだった。
でもこの本にはそれがなく、主人公が死に終わる。その死に方も、
個人的には映画の、たぶん押井さんが考えたラストの方が好きだった。
キルドレは雲の上でしか死を知ることが出来ないのだから。

★★★☆☆*86

|

« 「疾走 下」 重松清 | トップページ | 8/23つばき@新宿TOWERRECORDS DVD発売記念インストアライブ »

コメント

シリーズものということ。
もっぱら図書館で借りる私にとっては、続けて読むのが保証されないため、少し逡巡しましたが、まずは正解。

この作品だけで十分に堪能できました。
とか、いいながら、ナ・バ・テアはすでに手元に^^


人に理解されることのぬるぬる感を拒絶するカンナミ。

こういう感覚がわかるときもある。
でも、一方で、きっとこのぬるぬる感を拒絶し続ける孤独には耐えられそうもない。
僕の中にある子供のような冷酷な部分が共感するとともに、大人になるとともに身についた弱さの存在が確かめられるような作品でもありました。

投稿: しぐ | 2009年4月26日 (日) 09:13

>しぐさん

コメントありがとうございます^^*

私も本を買うことは滅多にないです…お金ないんで(笑)
確かにシリーズものは続きが読みたい!って思ってしまったらどうしよう、
って考えてしまって躊躇しますね。『一瞬の風になれ』読んだ時は、
待ちきれなくて結局全部買ってしまった思い出があります^^;

スカイクロラシリーズはいい感じのペースで読めたかなぁ、と。
しぐさんは森さんを読むのは初めてでしょうか?
森さんは本職はミステリィ作家さんなので、これの後に、
そちらを読んでみると面白いですよ! 余談ですが…

何が子どもで、何が大人のかなのかって、
その部分の葛藤が上手い本だと私も思いました。
子どもの頃、今の自分の年のお姉さんとかお兄さんは、
すごく「大人」に見えたのに、実際はそうでもないし。
けど、どこかしら成長している部分って言うのがあって、
それはいいことでもあり、悪いことでもあると、
空の清々しさと一緒に教えてもらったような気がしました。

是非最後まで楽しんでください~。
森さんの本はたくさんありますので(笑)一緒に楽しみましょう。

投稿: るい | 2009年4月26日 (日) 23:56

Yes
森さんの本は、これがはじめて。
続きがあるのも、また楽しい、です。

投稿: しぐ | 2009年4月29日 (水) 09:58

>しぐさん

私もこの本が森さん始めてだったので、
ミステリの方を読んだ時のギャップが面白かったです。
是非楽しんでください!
ちなみにS&Mシリーズというのから読み始めた方が、
物語が進んだ時に、面白いみたいです。
私は色々シリーズ手を出しちゃって邪道みたいで;
次は森さんでも読もうかなぁ……。

投稿: るい | 2009年5月 1日 (金) 10:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/23660027

この記事へのトラックバック一覧です: 「スカイ・クロラ」 森博嗣:

« 「疾走 下」 重松清 | トップページ | 8/23つばき@新宿TOWERRECORDS DVD発売記念インストアライブ »