« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月30日 (土)

「ナ・バ・テア」 森博嗣

ナ・バ・テア ナ・バ・テア

著者:森 博嗣
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


「スカイ・クロラ」がなかなか面白かったので、
続きを読みたくて久しぶりに連作に手を出していた。
漫画は終わりが惜しいのに、小説は何故か途中でくじける時がある。
それを克服したいな、と思いつつこの本を手に取った。

僕は空を飛ぶことが好きだ。それは飛ぶことが好きというよりも、
飛んでいるときにこそ生を感じられるような不思議な感じだ。
僕たちは空でしか死ぬことができないと言うのに。
僕たちに課せられた命令は、やはり極秘任務だった。
戦闘機に乗り空を飛び、相手が現れたら場合によっては打ち落とす。
落ちてゆく彼らが見せる、一筋の紫色の煙を見ると、
きっと彼らは喜んでいるだろうと僕は思うのだった。
僕は落ちてゆく一人の男の顔を見たことがある。
子どもでない彼は僕を見て笑った。そこが僕たちとの違いだった。

この本を読んでいると、大人とか、子どもとか、男とか、女、
ということがどうでも良く感じてくる。一体それらを区別している
ものは何なのだろうか。小説のように主人公が「僕」と言えば、
読者はそれを男だと思い錯覚するように、それは酷く不確かだ。
この主人公は自分を「僕」と名乗り、けれど草薙水素という女である。
大人になれない子どもがいるように、女が僕と名乗ろうが、
何も問題はないのである。だからそんな世界に住む僕は
「恋」のような感情に、戸惑いを見せてしまうのだ。
男と女とはなにか、妊娠すると言うのは、どういうことなのか。
そこには例えば愛がなかったとしても、生まれる何かがあるのである。
飛ぶ、というだけの駒として生きる子どもたちの、
もがきと、それでも何も変わらない周囲の環境。
しかし、彼らが子孫を残し、新たな、また何かが変わった世界を、
と求めてしまうのは、間違いなのだろうか?
人間は罪を背負わなければならない。
このような世界しか残しえなかったという現実に、
これから来るであろう何も変われない新たな日々に、
懺悔しなくてはならないのだから。…と、難しいことを書いたが、
「スカイ・クロラ」よりも面白い。謎解きではないが、
この森さんの世界に少しずつ踏み込んでゆく感触が楽しくなってくる。
空を飛ぶのが楽しいと思う。例え今日今ここで、
死ななくてはいけないとしても、汚れた地面に足を着くくらいなら、
雲の上をゆきたい。読み終る頃には、いつしかそんな事を考えている。

★★★★☆*88

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月29日 (金)

【映画】セックス・アンド・ザ・シティ

20080523
バンドのライブを観に行ったものの、早く着きすぎてしまって、
時間合わせのために適当に観ました。
なんたって下らない恋愛のために2時間25分も裂いてくれるんだ!
と思っていたら、思いの外いい映画でした。お薦め。

作家として成功したが、未だ愛をつかめない女。
不妊症に悩む女。夫との亀裂に悩む女。愛よりも欲望を求める女。
ニューヨークのお洒落な女たちは悩み事で一杯だけど、
でも大丈夫。この四人の親友が揃えば、
どんな苦労が起きても乗り越えることが出来るから…。
そんなときようやくキャリーは結婚を取り決めた。
十年間愛し続けたビッグとの結婚に、心躍るばかりであったが、
親友の一言で、ビッグが結婚から逃げ出してしまった。
壊れた結婚と、歪んでしまった友情、果たしてキャリーの恋の行方は?

普段なら、私は絶対観ない映画枠に堂々の一位で
入ってもおかしくない映画なのだが、このときばかりは、
ちょうどいい時間に「ぽにょ」とこれしかやっておらず、
オマケに夏休みだったため親子つれが多く、そんな中ぽにょを
観る勇気もなく……と色々言い訳しましたが、この映画良かったです。
海外テレビドラマの最終着地として作られた映画ですが、
私はそんなものさっぱり観ていませんでしたが、十分楽しめました。
何と言ってもこの映画のいいところは、ただの恋愛ではないと言う事。
友情と言う言葉を借りるならば、人は支えあって、
支えられて生きているのだと、教えてもらえました。
もちろん頼っているばかりじゃなくて、
頼った後は「そうよ、私何やってたのかしら!頑張らなきゃ!」
みたいなポジティブな思考に切り替わるニューヨークスタイルも、
最近オチ気味だった私のテンションを程よく上げてくれました。
なんだーこんな簡単に許しちゃって良かったのか、みたいな。
個人的に、結婚式の前日に友人が言った一言で
結婚がおじゃんになってしまったとしたら、
一生その友人を許せないと思う。けれどもキャリーはそうしない。
なぜなら、結婚とか男と言う前に、友人と言うその存在の方が、
彼女の中の割合を占めているからだろう。
何だか、その強い絆とか、掛け替えのない思いが、羨ましいと、
スクリーン越しではあるが、切実に思った映画だった。
…と、堅苦しく書いてみたりして。これで恋愛もの好きなら尚お薦め。
まぁ若干の時間に無理やり押し込めた感はあるものの、
この短い時間で四人の人生を織り込む所作には拍手ものだと思います。

★★★★☆*89

| | コメント (0) | トラックバック (1)

8/29つばき@『松健アニキ祭』in神戸STAR CLUB

A20080829

8/29つばき@『松健アニキ祭』in神戸STAR CLUB

■セットリスト

 青
 亡霊ダンス
 悲しみの中からはじめよう
 真夜中3時の商店街
 覚めた生活
 光

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

8/27つばき@『松健アニキ祭』in大分T.O.P.S

A20080827

8/27つばき@『松健アニキ祭』in大分T.O.P.S

■セットリスト

 昨日の風
 ブラウンシュガーヘア
 瞬き
 花火
 money&honey
 覚めた生活
 光

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

8/26つばき@『松健アニキ祭』in松山サロンキティ

A20080826

8/26つばき@『松健アニキ祭』in松山サロンキティ

■セットリスト

 スタイル
 亡霊ダンス
 八月
 バタフライ
 覚めた生活
 悲しみの中からはじめよう
ED
 光

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

「ほんたにちゃん」 本谷有希子

ほんたにちゃん (本人本 3) (本人本 3) ほんたにちゃん (本人本 3) (本人本 3)

著者:本谷有希子
販売元:太田出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する


今年読んだ「どうしようもねぇ本」、堂々の第2位。
まぁ1位は間違いなく「NHKにようこそ!」滝本竜彦著であることは
確かなのだが、それに劣らない強烈などうしようもなさ。
最高だ、本谷さん。大丈夫、あなたは誰にも負けていない。

カメラマンになると言って上京した私は、
結局のところ何にもなっておらず、むしろなろうとしていた
カメラマンと言う職さえも、本当は望んでいなかった気がした。
そんな時到来したのは、版画の巨匠との飲み会だった。
酒を飲み終わった後、運良く二軒目を誘われた私は、
必死に自分をその男に売り込もうとした。しかし、
私はそんなキャラではない。例えるならばエヴァンゲリオンの
綾波レイのようにクールでミステリアスな女なのだ。
そんな思い込みから、私は男の誘いを断ってしまい……。

私が書いたあらすじよりも、この本はもっと凄い。
と言うか形容できないので、仕方なく少し堅い感じになっています。
本当にどうしようもねぇ本。しかし、この本をどうしようもねぇ、
と思ってしまったらもう、本谷さんの作中に嵌っていると言っていい。
そう、この本はどうしようもねぇ本なのだ、最初から。
だからどうしようもなくて結構、それが勲章なのである。
しかし、凄い。この格好つけ女。噂ではこれは自伝小説、
とあるのだが、本谷さんは、こんなことを考えて毎日いる(いた)
のだろうか。確かに、わからなくもないところもある。
自分はキャピキャピした今時の若い女とは違うのだ、
と言って、クールぶってみたり(というか私そのまんま)、
ここぞー、という男にアピールする部分になって、
あれーどうしたらいいかわかんねぇ、みたいな(というか私そのまんま)
けれども、さすがに下着姿になってどうぞ、タッて下さい、
なんて懇願する女は、ここまで来るともう滑稽を通り越し変態である。
もしこの本のいくらかが実話だとするのならば、
それは本谷さんが今になったから加筆できるということである。
もしも現在その変態女真っ只中、だったとしたら、
この本を書けないだろう。その要素を持ち合わせつつも、
どこか達観したところで、書いているからこそ、
ボキャブラリ溢れるこのどうしようもなさが書けたに違いない。
人はみな経験だね。最後の十年後の自分が、今頑張っていることに
悔いないように、という文が、当たり前だけど、
急に切に戻るその感じが、とてもよかったと思う。どうしようもないけど。
あとは、これは狂っているのが主人公だというところがいいですね。
新境地。狂っている人を観察する本はこれまでたくさんあったんで。
まぁ観察したように書けるっていうのも才能だと思いますが。

★★★☆☆*85

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

8/23つばき@新宿TOWERRECORDS DVD発売記念インストアライブ

8/23つばき@新宿TOWERRECORDS DVD発売記念インストアライブ

■セットリスト

リハ
 サヨナラ
 雨音

***

 花火
 青い月
 八月
 タブレット
 覚めた生活
 光

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

「スカイ・クロラ」 森博嗣

スカイ・クロラ (中公文庫) スカイ・クロラ (中公文庫)

著者:森 博嗣
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


珍しく映画を観てから、原作を読みました。
映画は、と言うとまぁまぁアニメにしてはいい方でした。
飛行機が好きな方はいいかもしれません。原作は、というと、
これまた映画と同じような雰囲気で監督と好みが似てるのかな、と。

大人になることが出来ない子ども、キルドレ。
僕たちは空を飛ぶことだけを考えて生きている。
それは、戦闘機に乗って空を飛び、相手の弾に打ち落とされたとき、
僕たちは初めて死を迎えることが出来るからだ。
それ以外の理由で僕たちは死ぬことは殆どない。
理由も知らない戦いに、少しの疑問を抱きながらも、けれど、
どうせ大人になれない自分たちはそれを知る必要さえない気がする。
さぁ、今日も空が僕を待っている。終わらない、毎日が。

実は「スカイ・クロラ」シリーズは6巻?あるのであるが、
映画化された内容は、殆どこの1巻目「スカイ・クロラ」である、
と言って過言ではない。発行された順番は、一番新しいところから、
徐々に時間を遡ってゆくような設定になっているので、
これを映画化するというのが、やはり物語の妥当なのだと思う。
けれどもこのシリーズを読んでいくと判るのだが、
読み進めるにつれ、徐々に過去や真実、経緯が暴かれてゆく。
そうか、なるほど。という面白みを生むためにそうなっているのに、
映画ではその最初しかやらないのだから、味が薄いわけだ、と思った。
この本の内容はと言うと、一番魅力的だったのは、
やはり飛行シーンかもしれない。勿論、映画の映像には負けるが、
文章で読ませる、という点においては、全く飛行機に興味のない私が、
楽しめたのだから、その操縦や、操縦しているときの主人公の気持ちが、
心地よかったのだろう。死場を求めて飛ぶ子どもたちの心。
そんなものは到底分かるはずないのだが、しかしもし存在する、
あるいはそれに似た感情を、私たちが持っているのではないか、
と思えてくるからである。ここでの主人公は映画と同じく
カンナミという少年が主人公になっている。一つ残念だったのは、
映画では、「また繰り返される恐怖」を味わえたことだった。
でもこの本にはそれがなく、主人公が死に終わる。その死に方も、
個人的には映画の、たぶん押井さんが考えたラストの方が好きだった。
キルドレは雲の上でしか死を知ることが出来ないのだから。

★★★☆☆*86

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

「疾走 下」 重松清

疾走 下 (角川文庫) 疾走 下 (角川文庫)

著者:重松 清
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


読んだのは随分前なんですが、日付なんて気にしていたら
全くもって更新が進まないので、9月より詰めて記事投稿します。
あーついに面倒くさがりが出た。読んだらすぐに書きゃいいのにさ。
まぁしゃあない。それにしてもこの本の上巻読んだのはいつだったか。

気が狂い放火犯になってしまった兄は、家から去っていた。
けれども悪夢の始まりはここからだった。父は借金を残し去ってゆき
兄を溺愛していた母は狂って家を飛び出して行った。
捨てられ、一人家に残されたお前が思い出したのは、
あかねの存在だった。ここにはもういたくはない。
なけなしの金を握り締めたお前は、電車に乗り遠い街へと逃げる。

さっき調べたら、上巻を読んだのは今年の1月でした。
ということは、半年以上放置の上での下巻でしたが、
さほど物語りを忘れていなかったようで、読み返すことなく読了。
上巻を読み始める前に、ラストシーンだけ覚えていない、
という記憶があったのですが、間違っていなかったようで、
下巻の中盤、やくざと乱交セックスをするあたらりから、
読んでいなかったことが判明しました。
なぜこんな描写が必要なのだろうか?と思うほどの過激描写が、
下巻の半数を占めていて、前半作り上げた、あの独特の雰囲気は、
一体どこへいったんでしょうか?という感じがした。
後半にかけて、だんだん現実味がなくなってゆき、
最後は殺されてしまう主人公に、果たして何の意義を求めれば
いいのだろうか、と悩んだ話であった。若く青い少年の葛藤か。
それとも、大人の身勝手さと、子どもへの悪影響なのか。
それと一つ気になったのは「お前」と言って主人公を語っていたのが、
神父だったと最後に判明する点である。主人公は死んでしまうし、
そりゃあ誰かが語らないと「お前」にならないわけであるが、
それがあの神父だと判った瞬間に、この話はより陳腐なものに見えた。
疾走、それには成功していると思うのだが、
一体読み終わった後に何を求めればいいのか良くわからない本であった。
重松さんの本としては、「流星ワゴン」などよりは、
個人的に数倍読みやすかったのですが、残念。三人称がいいな。

★★★☆☆*85

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

8/8つばき@HEAVEN'S ROCKさいたま新都心

A20080808

8/8つばき@HEAVEN'S ROCKさいたま新都心

■セットリスト

 片道キップ
 覚めた生活
 年下
 真夜中3時の商店街
 悲しみの中からはじめよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

【映画】スカイ・クロラ

20080509
そもそも、アニメだからね。って感じでしたが、
飛行シーンなんかはかなり臨場感がありました。
これは小説じゃ表現できませんね。押井さんの凄さです。
けれども説明されなくて良く分からなかったことも多々ありました。

大人になることが出来ない子ども、キルドレ。
僕たちは空を飛ぶことだけを考えて生きている。
それは、戦闘機に乗って空を飛び、相手の弾に打ち落とされたとき、
僕たちは初めて死を迎えることが出来るからだ。
それ以外の理由で僕たちは死ぬことは殆どない。
理由も知らない戦いに、少しの疑問を抱きながらも、けれど、
どうせ大人になれない自分たちはそれを知る必要さえない気がする。
さぁ、今日も空が僕を待っている。終わらない、毎日が。

映画を観た後に小説を読んだのだが、それについての話は置いておき、
純粋に映画の感想を、と言うと、まぁ観ては良かったかも、
と言う感じであった。よくもなく、悪くもなかった。
押井さんの描く無機質な、機械的な感じが心地よかったし、
上にも書いたけれど、戦闘シーンはかなり迫力があって、
これはやっぱり動画が成せる業だよなぁ、とか思った。
しかし残念だったのは、よく分からない設定のことである。
まず「キルドレ」ってなんだよ、というところです。
説明は映画の後半まで何もありません。
で、説明はされるものの、一体彼らがどのような存在なのか、
よく分からず、何とも煮え切らない感じで幕を閉じます。
そもそも小説六冊?分の全てを、映画一本にしようって言うのだから、
元々無理があるかもしれないんですけどね。
兎も角、なぜ主人公たちがクローン人間になったのか、
クローン人間はどのように作成され、育つ?のか、
死んだキルドレのICなどを組み込むのか?
なぜキルドレは飛行部隊に配属されるのか、等々。
これは小説にも余りかかれていないが、ストーリー的に、
何とも気になる部分であるのは確かで、それを省いてあるから、
イコールよくわからない。で、もやもやしたまま終わるのだった。
草薙水素の過去もあればいいのになと。カンナミよりも、
むしろ彼女のストーリーの方が、私は魅力的だと思った。
そう言えば、小説とラストが違った。まぁどうなるかはお楽しみで。
ちなみに菊池凛子の声、好きでした。

★★★☆☆*85

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

【映画】百万円と苦虫女

20080425
とりあえず、森山未來に萌えました。すごい、いい。笑
セカチューなどで、あまりいい印象を抱かなかった私ですが、
ここに出てくる森山未來は、かなり胸キュンでいい感じでした。
蒼井優とも何だか合っている気もして。岡田君よりは。苦笑

「百万円貯まったらこの家を出てゆきます」
就職浪人中の鈴子はひょんなことから家を出ることを決意した。
それと言うのも、以前実家を出ようと試み、
友人とルームシェアをすることになったのだが、
結局鈴子と一緒に住む事になったのは友人の彼氏であった。
気の合わない二人は衝突し、怒った鈴子は男の荷物を全て捨てた。
すると、男は鈴子を訴訟を起こし、鈴子は罪人になってしまった。
どこに行くにも付いて来る犯罪者と言うレッテル。
それを振り払うように誰も知らない地へと鈴子は点々とする。

この映画は、蒼井優の可愛らしさあっての話である。
もしも主人公が蒼井優ではなかったとしたら、
よさの半分は消滅していたように思う。と言うのは、
内容はそうでもない、ということを言いたいのであるが。
ちょっとしたアホらしい原因で犯罪者になってしまった鈴子は、
それから逃れるために一人旅立つことにした。
百万円…それは男に突きつけられた訴訟金額でもあり、
生活してゆくための最低限のお金であるともいえる。
心に傷を負った女の子が、癒えるためにと足を運ぶ見知らぬ地には、
苦労と、けれど人の優しさが詰まっている。
そこにはちょっぴり恋の話もあったりして、けれどただそれだけの話。
この話に肉付くのは、他でもない、蒼井優という雰囲気である。
一つ作り話っぽかったのが、お金が貯まるのが相当に早い。
家賃や引越し費用をひっくるめると、
かなり金が掛かっているはずなのに数日すると百万円貯まった、
と言って鈴子は町を出る。うーん。まぁ映画だから笑って許すべきか。
森山君と蒼井優の恋には注目です。

★★★☆☆*80

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

8/1つばき@新宿レッドクロス The 5th Anniversary

A20080801

8/1つばき@新宿レッドクロス The 5th Anniversary

■セットリスト

 ブラウンシュガーヘア
 昨日の風
 亡霊ダンス
 GOBUTAMA
 曖昧な夜
 予定のない日曜の朝
 money&honey
 バタフライ
 覚めた生活
 君がいなければ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »