« 【映画】サッド ヴァケイション | トップページ | 4/12つばき@渋谷TOWERRECORDS覚醒ワールド発売記念インストアライブ »

2008年4月10日 (木)

【アンソロジー】「Re-born はじまりの一歩」

Re-born はじまりの一歩 Re-born はじまりの一歩

著者:伊坂 幸太郎,瀬尾 まいこ,豊島 ミホ,中島 京子,平山 瑞穂,福田 栄一,宮下 奈都
販売元:実業之日本社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


アンソロジーに総合的な感想を書くって結構大変ですわ。
とりあえず、豊島さんと伊坂さん以外、読めたものでは…
確かにあんまりお名前をお聞きしない方々かも、
と思いつつ、タイトルとミスマッチが多すぎると指摘しておく。

「瞬間、金色」
私が転校した先で、ナナミはクラスの中でハブられていた。
気が合い、次第に仲良くなった二人だったが、待っていたのは、
悪質さが二乗された最悪のいじめだった。
頑張って頑張って耐え抜き、高校生になった頃、
ナナミは家族に捨てられ、彼氏に裏切られた。
「生まれてこなければよかった」ナナミは言った。絶望を味わっていた。
しかし、数年たった今、そんなナナミから、
私は無事彼女子どもを生んだことを知らされた。
「生まれてきてよかった」きっと彼女がそういうだろうと私は思う。

内容的にも、タイトル一致的にも、豊島さんの短編が一番よかった。
主人公は中学生で、文章もかなり遊んだ感じなので、
そう言った意味では好きになれない作品だったのだが、
でもやっぱり「瞬間、金色」の意味を知った時、
ジーンとくるものがあったし、縄跳びを飛んでいるときの
スローモーションや、女二人のはしゃぎ様などが、
とても秀逸に描かれていて、読後感がとてもよかった。
大タイトル「はじまりの一歩」という意味でも、
暗かった気持ちを出産によって振り切る清々しさと、
その後の微笑ましい明るさが「はじまり」に合っていたと思う。
伊坂さんもまぁ、伊坂さんらしく、というか。
悲しいことは陽気に……という彼のポリシーらしく、
離婚し、バラバラになる家族の陽気なコメディを味わえる。
何だか最後は「そりゃないぜ」、って感じなのに、
みんな納得して終わる、変な話ですが、
元々離婚したのに陽気な時点で「そりゃないぜ」って感じなので、
まぁ総合的に伊坂ワールドでした、ということにしましょう。
他の作家さんは、ちょっと「……」という感想。
「あの日の二十メートル」なんかは、主人公の老人に対する
傲慢な態度にイライラして、物語どころではありませんでした。
他の作品も個人的にツッコミを入れてしまうほど、
肌に合わない人たちだったので、この本全体の感想は低めです。
豊島さんと伊坂さんだったら★4つでもおかしくないと思うのですが。
うむ、アンソロジーに総合的な感想を書くって結構大変ですわ。

★★☆☆☆*79

■収録
-----------------------------------------------
「よろこびの歌」 宮下奈都
「あの日の二十メートル」 福井栄一
「ゴーストラーター」 瀬尾まいこ
「コワリョーフの鼻」 中島京子
「会ったことがない女」 平山瑞穂
「瞬間、金色」 豊島ミホ
「残り全部バケーション」 伊坂幸太郎

|

« 【映画】サッド ヴァケイション | トップページ | 4/12つばき@渋谷TOWERRECORDS覚醒ワールド発売記念インストアライブ »

コメント

微妙なんだね・・
豊島さんと伊坂さんと瀬尾さんっていうんで、予約していて今日手元に届いたんだけど。。

今は別のアンソロジーを読んでいるよ。
豊島さん目当てで(笑)

アンソロジーって知らない作家を発掘できるという利点もあるけど、知らない作家だからこそ微妙だったりもするから何とも言えないよねえ・・

投稿: すきま風 | 2008年4月14日 (月) 22:37

>すーちゃん

ごめん…めっちゃ気づいてなかった;
このブログもコメント投稿お知らせ機能つけようかなぁ…
でも、どうやって設定するのか分からん。
ココログ、気づけば三年くらい使ってるけど、
いまいちよく分からない。

微妙だった、私は。
確かに瀬尾さんは好きなのだが、うーん…。
あの雰囲気をかけるのは確かに尊敬するのだが、うーん…。
でもきっと「直木賞」とかそういうの狙うとしたら、
今のままじゃきっと貰えなくない?とか思ってしまう私が、
心のどこかに居るのですよ。手抜き、ではないですが、
手を抜いているような雰囲気に、取られかねないと言うか。

アンソロジーは、やっぱり読むのに気合がいるわね(笑)
最近は人にお薦めされたものばかり読んでいるよ。
精力的に海外作家も攻め込んでみようと。

投稿: るい | 2008年4月28日 (月) 10:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/20137093

この記事へのトラックバック一覧です: 【アンソロジー】「Re-born はじまりの一歩」:

« 【映画】サッド ヴァケイション | トップページ | 4/12つばき@渋谷TOWERRECORDS覚醒ワールド発売記念インストアライブ »