« 「モモ」 ミヒャエル・エンデ | トップページ | ■雑談:2008年4月に読んだ本 »

2008年4月29日 (火)

「スローモーション」 佐藤多佳子

スローモーション (ピュアフル文庫) スローモーション (ピュアフル文庫)

著者:佐藤 多佳子
販売元:ジャイブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する


あああ…この話し口調どうにかならんのか…。
これだけで、かなり読む気失せるんです。
そもそも、なぜギャルしゃべりの女を主人公にするのか…、
私個人は生理的にパスです、すみません。

私の兄ちゃんは昔交通事故を起こして左足が悪い。
本当ならリハビリをすれば治るはずなのに、
何を思ってか兄ちゃんはそれについて何もしようとしないのだ。
その上、悪趣味な事に、兄ちゃんの部屋には、
その事故の瞬間を収めた写真が飾ってある。
まったく何考えてんだがわかんない。
母親がちがくて、微妙に気を使う私の家…ギクシャクする摩擦が、
次第に大きくなり始めた頃、私はとあるクラスメイトと、
密接なかかわりを持つ事になった。及川周子、のろまで変わり者。
しかしいつもゆっくり動作をするのには、理由があった…

うーん?というところである。
押し出したい「スローモーション」なのは、
人間の摩擦を避けるため、と言うのが、かなりインパクトが弱い。
その上に、この話し口調…どうにかならんのか?
と個人的に思いながら読んでいたので、
どちらかと言えばイライラしていた部分の方が多かった気がする。
佐藤さんの少年のしゃべり口調は好きなのだけど、
ギャルっぽい感じとか、ちょっと個人的ではありますが好きになれません。
なぜ、ギャルにする必要があるのか、
という根本的なところに辿り着きます。
だってこの話だと、普通の女の子でも成り立よ?と。
ギャルにするからには、それなりのギャル的な訴えたいこと、
というようなものを押し出して欲しいと思う。
ちょっと変わった雰囲気にしたので、ギャルにしてみました、
というのは何だかとてもいただけないなぁ、と思ったのでした。
そんなこんなで、文章短っ。ですが、このへんで。
梨木さんの「西の魔女が死んだ」以来の、
文章が原因の途中放棄を考えました。佐藤さんは好きな作家です。
その点は、重々、押しておきます。「一瞬の風になれ」は★5です。

★☆☆☆☆*--

|

« 「モモ」 ミヒャエル・エンデ | トップページ | ■雑談:2008年4月に読んだ本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/20699623

この記事へのトラックバック一覧です: 「スローモーション」 佐藤多佳子:

« 「モモ」 ミヒャエル・エンデ | トップページ | ■雑談:2008年4月に読んだ本 »