« 「僕はパパを殺すことに決めた」 草薙厚子 | トップページ | 「私の男」 桜庭一樹 »

2008年4月21日 (月)

「真夜中のマーチ」 奥田英朗

真夜中のマーチ (集英社文庫) 真夜中のマーチ (集英社文庫)

著者:奥田 英朗
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


中途半端…奥田さん、どこを目指したんだ?と思わず呟いてしまう。
いや、面白いんですけど、うん、人間味がありすぎるというか…
まぁむしろそこが奥田さんのいいところであったりするのだが。
もうちょっとキャラが非現実的だったら、違う世界を描けたかも。

若干二十五歳の横山健二こと、ヨコケンは出会い系パーティ屋だった。
医者の卵をパーティに呼び寄せては、サクラの女とやらせ、
後ほど言いがかりを付けて大金をぶんだくるのを職にしている。
ある日開いたパーティで、三田物産の息子、三田総一郎を発見し、
さっそくサクラの女を掴ませた。いよいよ金をせしめようとした時、
どうやら三田が、三田物産の息子ではなく、三田物産の社員の三田、
だという事を知り、計画がおじゃんになった。
ヤクザに目をつけられたヨコケンは、とある部屋の契約人にさせられたが、
どうしても気になって見に来たその部屋では、闇の賭博が行われた。
大金がうなるマンションの一室…ヨコケンは金を奪ってやろうとするが…

最初3人が集合するまで、とても読むのが面倒になる。
何だか分からないが、すごく読みづらいのだ。
中盤にかけては、奥田さんのテンポに引き込まれ、
とても軽快に読むことが出来る。
一番気になったのは、キャラクターの設定であった。
三田はどうしても私には伊良部にしか見えなかった。笑
いや、傾向がですが、そういうキャラを目指しているのかなぁと。
ところで、奥田さんはこの本で何を目指したんだろうか…。
ただの滑稽な金盗り合戦か…?
確かに面白いのだけれども、この本を読んで思い出したのは、
伊坂さんの「陽気なギャングは地球を回す」であった。
これも強盗であるが、出てくる強盗四人は、それぞれ特技を持っている。
時間を正確に刻める女だったり、演説が上手い男だったり、
けれども、この本では、それが至極曖昧である。
三田は記憶力がいいといいながら、中国人の名前を忘れているし、
黒田もイマイチ特技が分からない。横山に到っては、
中盤から視点が変わるため、ただ恋に溺れる変な男、と化していて、
前半で見せた知的な部分はさっぱり生かされていなかった…。
と、キャラ設定がよく分からないまま進む話は、
なんとも中途半端な気がしてならなかったのだった。
例えば三田が超記憶力がよく、でもそそっかしくて、
黒田は悪の名案王で、でもファザコン&ブラコンで、
ヨコケンは知的で、でも黒田にめろめろで…
ともっとめりはりをつけて描かれていたら、何割かくらいは、
より面白く感じたのではないか、と思う。
そして、またしても恒例の登場人物全員参加の珍騒動も有。
何度も言うけど、私はそこがどうにも好きになれない…。
と、いうことで。そう言えば映画化らしですよね。

★★★☆☆*85

|

« 「僕はパパを殺すことに決めた」 草薙厚子 | トップページ | 「私の男」 桜庭一樹 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/20461040

この記事へのトラックバック一覧です: 「真夜中のマーチ」 奥田英朗:

« 「僕はパパを殺すことに決めた」 草薙厚子 | トップページ | 「私の男」 桜庭一樹 »