« 「ALONE TOGETHER」 本多孝好 | トップページ | 【映画】潜水服は蝶の夢を見る »

2008年3月20日 (木)

「助手席にて、グルグル・ダンスを踊って」 伊藤たかみ

助手席にて、グルグル・ダンスを踊って (河出文庫) 助手席にて、グルグル・ダンスを踊って (河出文庫)

著者:伊藤 たかみ
販売元:河出書房新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


うーん最近あまりいいものを読んでいない。おっと、失敬。
でもこの本もとてもじゃないが「面白い」とは言えない本だった。
うーん…これで賞が取れてしまうのかぁ。
時の流れなのか、それとも私と感性が違うのか。

僕の住む東区とその隣の西区では、
言っては何だが貧富の差というものがある。
僕が付き合い始めたのはそのみすぼらしい西区の
ミオという女の子だった。ミオは雑誌で表紙を飾ったこともある、
可愛い女の子で、けれど西区と言うだけで、少しの陰を持っている。
しかしそんなものは跳ね除けて、僕たちは赤いコンバーチブルに
乗って、青春を駆け抜ける。最高に熱い夏の話。

伊藤さんのデビュー作である。
何もなさ過ぎるのが、ある意味凄い小説だった。
いや、真面目な話、本当何もないのだ。
主人公はミオという可愛い女の子と付き合っていたり、
それから仲間とわいわいと騒いだり、
父親の愛人との改めて見ると奇妙な生活をしたり、
青春の夏のそんな日常が、何の変哲もなく書かれている。
何の変哲もなさ過ぎるから、面白いのかどうかさえも危ぶまれる。
ただ友達がああ言ってこうなった、
こうなるんじゃないだろうか、でもああなった…
みたいな主人公視点の状況説明が続くばかりで、
驚くべき事件もなく終結する。問題は主人公があまりにも
感傷に浸らないところにあるだろう。
その痛みをわざと隠すことによって、味を…
と考えられているのだろうか?それにしては隠されすぎていて、
むしろ楽観的な主人公に苛立ってくるという悪循環。
あぁ、伊藤さんも好きなんですけど、と言い訳をしておく。
地の文章だと言うのに「と言うんで」という話口調になっているのが
個人的にとても読みづらかった。「ので」は「ので」です。
「んで」ってなんですか、許せません。笑 と、そんなところで。

★★☆☆☆*65

|

« 「ALONE TOGETHER」 本多孝好 | トップページ | 【映画】潜水服は蝶の夢を見る »

コメント

あとがきそのまままとめて、評論家気取りですかあ。
んで、って、太宰とか読んだことないんですね。
笑える。

投稿: ですね | 2008年3月30日 (日) 07:09

>ですねさん

こんにちわ。また来ましたかあなた暇ですね。
あとがき、読んでませんけど。

そして太宰読んでます。
以前来て下さったのはいつでしたっけねぇ、
文句を言うためにコンスタントにうちに来てくださっている方が、
どちらかと言えば笑える気がします。
はい。
ご足労ありがとうございます。

投稿: るい | 2008年3月30日 (日) 09:51

そういえば、以前も伊藤さんの本でしたね。
関係者の方でしょうか、酷い感想文を書いて申し訳ありません。
でも私は伊藤さんのお話が好きです。
幼い時伊藤さんの本を読んで育ちました、はい。

取りあえず誹謗中傷は悪質ですので、
IPを公開いたします。ご了承下さい。

IPアドレス 218.227.32.102
ホスト名 eAc1Adr102.tky.mesh.ad.jp
都道府県 東京都

投稿: るい | 2008年3月30日 (日) 10:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/11600079

この記事へのトラックバック一覧です: 「助手席にて、グルグル・ダンスを踊って」 伊藤たかみ:

« 「ALONE TOGETHER」 本多孝好 | トップページ | 【映画】潜水服は蝶の夢を見る »