« 「東京湾景」 吉田修一 | トップページ | 「犯人に告ぐ 下」 雫井脩介 »

2008年1月21日 (月)

「失われた町」 三崎亜記

失われた町 失われた町

著者:三崎 亜記
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


この本は、この分厚さに対し時間を裂いてまで読もうと思えない本でした。
いや、読みましたけど。短編でいいです。
理由は下に述べますが、ちょっと幻滅する本。
果たしてどれだけの人数の人が楽しいと思うのか、ある意味興味があります。

数十年前から、突如町が失われる、という現象が起きていた。
それは三十年に一度やって来て、町に住む人々を、一瞬にして消し去る。
しかしその一瞬を、町以外の人は知る事が出来ず、
その上、町内部にある映像器具全てが、その瞬間を映していないのだった。
そして一番の難点は、次の「消滅」に抗うため、
決して失われた人々を悲しんではいけない、という決まりだ。
「死」とは違い、突然失われるという不可解な現象は、
人々の心に深く刻み込み、しかし悲しむ事の出来ない
二重の苦しみを胸に彼らは「失われた町」を思い続ける。

つまらない、と第一声に出してしまう原因として、
読者が置いてきぼりである、という点が挙げられる。
もちろん、ついていける読者もいると思うが、
私を含め大部分の読者が置いてきぼりであろう。
と、言うのも、以前の「となり町戦争」を
読んだ事がある方ならおわかりいただけると思うが、
あの時主人公は、「こちら側」の人間だった。
そう、隣町と戦争をするという非現実的な事象に対し、
主人公は私たち読者と同じ目線で「え?隣町戦争?!」と、
驚き考える一般人だったのだ。しかし、今回はどうだろうか、
と見てみると、主人公(主要人物)は「あちら側」の人間である。
失われた町があり、それに対する捜査機関がある事を
全て知っている人物たちが、立ち回り、ぺらぺらと話を進めている。
そしてこの話には沢山の悲しみが出てくるのだが、
その悲しみという感情がどうも厄介で、全然読んでいても悲しくないのだ。
その理由は、読んでいる読者が「失われた町」に関わる人間に
成りきれていないからだろう。誰かに感情移入し、
「あの人が失われてしまったら!」と衝撃を読者に与えるためには、
いくつかの工程があると思う。少なくても登場人物の誰かに共感し、
失うという事がとても悲しい事だと植え付ける必要がある。
そして「こちら側」にいる読者を「あちら側」に連れて行かねばならない。
その経緯がすっ飛ばされて、「悲しい悲しい」と言っている
登場人物に私は逆に白けた感情が生まれてしまったのだった。
とにかく、時間がもったいなく感じた本だったので、お薦めしません。

★★☆☆☆*65

|

« 「東京湾景」 吉田修一 | トップページ | 「犯人に告ぐ 下」 雫井脩介 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/9991577

この記事へのトラックバック一覧です: 「失われた町」 三崎亜記:

« 「東京湾景」 吉田修一 | トップページ | 「犯人に告ぐ 下」 雫井脩介 »