« 「四つの署名」 コナン・ドイル | トップページ | 「初ものがたり」 宮部みゆき »

2008年1月 8日 (火)

■雑談:2007年下半期のマイベスト10

遅くなりましたが、下半期です。

去年7~12月に読んだ本の中から選んでみました。
下期はかなりつけ辛かったです。
それにしても今回ヘビー系が多いなぁ。

今現在、振返ってみて率直に心に残っている順番です。
レビュー下に付いている読了直後の点数とは、
若干違うかも知れませんが、そこらへんは悪しからず。

-----------------------------------------------
■2007年下半期のマイベスト10 (67作品中)

1位 「柔らかな頬」 桐野夏生著
2位 「理由」 宮部みゆき著
3位 「少女七竈と七人の可愛そうな大人」 桜庭一樹著
4位 「バスジャック」 三崎亜記著
5位 「サウス・バウンド」 奥田英朗著
6位 「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」 本谷有希子著
7位 「まほろ駅前多田便利軒」 三浦しをん著
8位 「ラスト・イニング」 あさのあつこ著
9位 「蕎麦屋の恋」 姫野カオルコ著
10位 「ゴールデンスランバー」 伊坂幸太郎著

選考 「ぼくはきみのおにいさん」 角田光代著
選考 「キッドナップ・ツアー」 角田光代著
選考 「ドグラ・マグラ」 夢野久作著
選考 「山妣」 坂東真砂子著
選考 「噂」 荻原浩著
-----------------------------------------------

是非読んでみてくださいね^^*

|

« 「四つの署名」 コナン・ドイル | トップページ | 「初ものがたり」 宮部みゆき »

コメント

明けましておめでとうございます。
今年もるいさんのブログを参考にさせていただきます。
早速、第一位の「柔らかな頬」を予約しました。

「一瞬の風になれ①」を読みました。
「風」を感じる事が好きな私には、すごく気に入りました。
サッカーをやっている8歳の甥っ子に、陸上のすばらしさを説いてしまいました。フフフ。
彼はリレーが得意みたいなので、ぜひ陸上部に入れたいと思います!?
②は今週末に図書館で借りる予定です。
今年も楽しいブログを楽しみにしています。

投稿: fumika | 2008年1月 9日 (水) 23:19

>fumikaさん

おめでとうございます。
こちらこそ今年もよろしくお願いします^^*
少しでも記事が参考になれば幸いです…

「やわらかな頬」は直木賞受賞作だけあって、かなり濃厚な描写のお話です。
分類的にはミステリ・サスペンス系で重めです。
個人的には、先が気になって猛スピードで読み終わらせた本でした。
が、今さらアマゾンや何かで評価を見ると、
ラストについて色々意見があったりして、分かれるようなんですが…。
しかし、この桐野さんの引き込まれるほどの描写力、
私としては是非味わっていただきたいです。

「一瞬の風になれ」気に入って頂けたようでよかったです!
確かに、風を感じるお話ですよね。
私も昔陸上をやっていたので、その時味わっていた空気とか、
思いとか、そんなものをを思い出しながら読みました。
甥っ子さんをぜひ陸上部に…!(笑)
練習大変ですけどね、自分に勝てたときの喜びはひとしおですよ。
リレーも感動しますしね、地味ですがお薦めです。

私は正月といえば駅伝なのですが、
そんな地道で強い長距離の話を読みたい時は
「風が強く吹いている」三浦しをん著、をお薦めします。
ちなみに私はどちらかと言えば「一瞬の」の方が好きですが、
こちらも、長距離ですし違った側面を見れて楽しむ事が出来ますよ。

今年も楽しく読書しましょう☆
お薦めの本があったら、是非教えてくださいね^^*

投稿: るい | 2008年1月10日 (木) 13:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/9759908

この記事へのトラックバック一覧です: ■雑談:2007年下半期のマイベスト10:

« 「四つの署名」 コナン・ドイル | トップページ | 「初ものがたり」 宮部みゆき »