« ■雑談:下半期も後ほど | トップページ | 「窓の灯」 青山七恵 »

2007年12月18日 (火)

「押入れのちよ」 荻原浩

押入れのちよ 押入れのちよ

著者:荻原 浩
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


荻原さんも気づけば10冊目なんですが、
10冊目にして、ようやく自分が荻原さんが苦手なのだと気づきました。
どこが?って、下品なところが。何食わぬ顔でわざと下品に書くところが。
下品な言葉を書けば、皆が笑ってくれるという考えは間違いじゃないかと。

「押入れのちよ」
五万円以下で、風呂付きの家。
失業保険で暮らしている恵太にとっては、その金額でさえも辛い。
最初は渋っていた不動産屋だったが、何やら古びた間取りを取り出した。
迷う余地なくその家に決め、入居してつかの間、
恵太は部屋で見知らぬ少女を見かけた。七五三のような格好で、
おかっぱ頭、少女は鍵をかけてもかけても入ってくる。
もしかして幽……恵太は頭をふり、少女に会話を試みる。

荻原さん、色々読んだけど、短編集はそう言えば初めてだった。
でも、個人的にはかなり微妙……。
勿論一つ一つのアイディアは荻原さんらしくていいと思う。
だけど、短編の書き方に不慣れなのか、苦手なのか、
「それがどうした」というようなラストが目に付く。
要すると、ストーリー構成が薄く、思いついた設定を、
ただ重厚にするために引き伸ばしている、という感じがするのだ。
例えると、濃度の薄い食塩水と言った感じだろうか。
中身はSSサイズなのに、枠は短編なので、スカスカな感じが漂う。
アイディアは悪くないし、どちらかと言えば下手な長編よりいいと思うが、
何とも賞賛しがたい内容であることに違いはない。
それと、下品=笑ってもらえる、と言うのは間違いだろう。
まぁ笑ってくれる人も半分はいるだろうが、
中には顔を歪めてる人がいることも考えてほしい。
この本の中には無数に糞尿の描写や男性の性的反応が書かれている。
そんなところよりも、感情表現に力を入れたらどうでしょうか、
とか、お節介ながらも発言しつつ、このへんで纏めておきます。

★★★☆☆*80

|

« ■雑談:下半期も後ほど | トップページ | 「窓の灯」 青山七恵 »

コメント

るいさん、こんにちはっ♪

>10冊目にして、ようやく自分が荻原さんが苦手なのだと気づきました。

おぉ~、そうかぁ~、苦手だったのかぁ(*^_^*)
世間の評判も悪くなく、手に取って読んでみるととりあえずはさらさらっと読めるんだけど、
どうも合わないって作家さん、いるよな~。
お疲れさま♪

投稿: そら | 2007年12月18日 (火) 10:58

>そらさん
そうなのです、なんかいつにも増して毒舌なんですけど(苦笑)
うーん「明日の記憶」とか「神様からひと言」とか、
凄く夢中で読んだし楽しかったのですが、
「ハードボイルドエッグ」とか、汚い物をわざとだして、
笑わせるような感じが、何だか受け付けないんですよね;
今回の短編もそらさんのおっしゃる通り、
アマゾンで評価が高かったので、楽しみにしてたのですが、
話の反芻が、糞尿を使った物語で、かなり白けました。

真摯な荻原さんは好きだけど、
ギャグに走った荻原さんは、どうやら私は苦手なようです。
読むのにかなり時間も掛かりましたし。
好みの違いと言う事で……。
そらさんもそんな作家さんいますか?

慰め?ありがとうございます^^*笑

投稿: るい | 2007年12月18日 (火) 11:42

>慰め?ありがとうございます^^*笑
いえいえ、慰めだなんて、おこがましい(=^▽^=)
…ちょっと共感しちゃったんだよね。

私、1冊読んで放り出した作家さんは数知れず。
んで、22冊読んでみて、最近、「もしかして合わないかも???」と密かに思ってる作家さんが約1名。
東野圭吾さん、『秘密』は泣いたんだけどなぁ('◇')ゞ

投稿: そら | 2007年12月19日 (水) 15:00

>そらさん
私も一冊で投げ出した作家はたくさんいます(苦笑)
特にその作家の一番最初に、いわゆる「駄作」というものを読んでしまうと
二冊目を読む気に、さらさらなれない、って言うのが問題で。
だから一番最初にはヒット作を読むと決めているんですけどね。

東野さんですか~確かに失礼ですが、私も当たり外れはある気がします。
「白夜行」や「手紙」など、どろどろしたのは「凄いなぁ」と
思うんですけど、今人気の「ガリレオ」なんかは、うーんって感じです。
一人の作家さんの作品の中でも、何だか「好きなもの」「嫌いなもの」
っていうの、ありますよねやっぱり。

それをいうと、私は乙一さんもだろうか…。うーん
でも読むのが辛いのは荻原さんですねぇ。
「明日の記憶」的な下品でない荻原さんを期待したいところです。

投稿: るい | 2007年12月20日 (木) 10:33

るいさん。まさに、私も思った事があります。
すごい面白く読み終えたけど、この人の作品ずっと読んでいったら・・・嫌になりそう。って思った事もあります。
まだ数冊しか読んでいないのでそこまで至っていないのですが、やっぱりそういう風に感じる方もいますよね。うん。。。

投稿: *のん* | 2009年12月29日 (火) 15:43

>のんさん

こんばんわ~遅くなってすみません^^;
明けてます、今年もよろしくお願いいたします。

そうそう、荻原さんはちょっと休憩中の作家です(涙)
なんか続けて読んだからか気になるところが目立ってしまって、
文句ばかり浮かぶようになってしまいました。好きなんですけどね。
「神様からひと事」とかとても好きです。「噂」も結構。
でも連続で読むとその人の個性が目立つというか、
いや、それは個性を認めてないわけではないのですが……、
とちょっと悶々しがちな作家っていますよね。

だいぶ時間がたったので、そろそろ読んでみようかな、と思っています。

投稿: るい | 2010年1月 4日 (月) 20:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「押入れのちよ」 荻原浩:

« ■雑談:下半期も後ほど | トップページ | 「窓の灯」 青山七恵 »