« 【アンソロジー】「小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所」 | トップページ | 「町長選挙」 奥田英朗 »

2007年11月 1日 (木)

「まほろ駅前多田便利軒」 三浦しをん

まほろ駅前多田便利軒 まほろ駅前多田便利軒

著者:三浦 しをん
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する


直木賞選考委員は、一体この作品の何を推して受賞させたのだろうか。
ふと、読み終わってそんな事を考えてしまった本だった。
「この作家の本領は、もっとちがうタイプの小説にあるのかもしれない。
思いがけない化けかたをする予感を信じて、(中略)一票を投じた。」
という五木寛之に同意したいような内容だった。

多田は、まほろ駅前で地域密着型の便利軒を営んでいる。
仕事は庭掃除から犬の飼い主探しまで幅広くこなす、
「便利軒」…言い換えれば「何でも屋」なのだった。
ある正月、一日のバスのダイヤを監視する仕事を終えた時、
多田はあまり再会したくない知人・行天に出会ってしまう。
行き場所のない行天を仕方なく住まわす事になり、
バツイチ男二人の、妙なでこぼこコンビが出来上がった。

言いたいことは分かるんだけど、と私は三浦さんの本を読んでいつも思う。
前回の「私が語りはじめた彼は」でも酷評しているけれど、
物語を展開するにおいての切り口が、適当な場所ではない気がするのだ。
今回もその類である。犬を飼えない経済状況の子供の心理や、
結婚する年になって、本当の親子ではないと知ってしまった男の心理など、
表したい事柄は良く分かるし、こんな心理を描こうという心意気は
好きだけれども、しかしきちんと描きたいのなら、そのことについての
描写は少なすぎるし、主人公との関係が浅すぎると思うのだ。
要するに漫画的なのである。色々な現実的な事柄を省略し、
主人公や登場人物の胸の中にしまい込み過ぎに思える。
だから、読み手が感動するようなシーンがうっすら通り抜けてゆくだけで、
核心の伝えたかっただろう物事が、見えないままになる。
そんな事を今回も「あーもったいないなぁ」と思いながら読んだ。
そして多田と行天のちぐはぐコンビは、漫画的で実在の姿を思い描けない。
話の内容はというと、「一度ダメになったものは元に戻らない」
という事をテーマに、割かししんみりとした雰囲気で描かれていた。
特に生々しく最後まで引っかかるのはやはり行天の切れてしまった指だった。
「一度死んだものを、繋げて生きるのはどんな気持ちなのだろう」
というような多田の心理の問いかけが出てくるのだが、
それが、多田の死んでしまった赤ん坊と、それに付随したいざこざ、
不仲になった夫婦関係など、全ての「生」を失ったものたちに掛かり、
仄暗い人間の感情を上手く描いていたと思う。
だけれども、その上手さを上記で打ち消しているとしか思えないのが難点。
結論を言うと、普通に読めば、普通に楽しい。
だけど、直木賞をとるほどかしら?と少し考えてしまうような本だった。
三浦さんはもっと違う才能があると思うんだけど……
だから、この本で受賞してしまうのは少し残念な気がするな、
と勝手な思いも生まれたりしました。失礼な話ですが。

★★★★☆*89

|

« 【アンソロジー】「小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所」 | トップページ | 「町長選挙」 奥田英朗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/8711898

この記事へのトラックバック一覧です: 「まほろ駅前多田便利軒」 三浦しをん:

» まほろ駅前多田便利軒 [ハムりんの読書 おすすめの本 感想とあらすじ ]
まほろ駅前多田便利軒 三浦しをん 文芸春秋 評価☆☆☆☆ [続きを読む]

受信: 2007年11月 6日 (火) 22:10

« 【アンソロジー】「小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所」 | トップページ | 「町長選挙」 奥田英朗 »