« 「噂」 荻原浩 | トップページ | 【映画】クワイエットルームにようこそ »

2007年11月16日 (金)

「明日この手を放しても」 桂望実

20071116
桂さん成長したなぁって感じでした。
心理描写の書き方が個人的に前から好きなんですが、
今回の方がよりすんなり感情移入できたと思います。
が、物語としては「?」な作品だったので、お薦めはしませんが。

私は19歳で視覚障害になった。
甲斐甲斐しく世話をしてくれた陽気な母を、突然の事故で失い、
私の生活に太陽がなくなった。無口な父、気の合わない兄と、
上手くやってゆく自信はなかった。
そんな時、私は父親の漫画の原案者になることになった。
主人公は私と同じく視力を失った少女。
私と兄が考えた偏屈な少女は、時を追うごとに成長し、心を開いてゆく。

先日長嶋さんの「レインツリーの国」で聴覚障害者が主人公だった。
その主人公も女の子だったが、障害があると言うことに捕らわれすぎて、
とりあえずへそ曲がりで、性格が歪んでいた。
だから、そうかこんな卑屈な思いをしているのかな、と思っていたのだが、
今回の桂さんの主人公は至って冷静だった。
それがいいのか悪いのかは正直決めかねるところだが、
確かに癇癪を起こすだけがストレスではないだろうと感じた。
この話のメインは、取り残された、そりの合わない兄弟が、
それぞれ心を開き、信頼し、そして離れてゆくところが描かれている。
潔癖症な上に、視力を失いネガティブな主人公と、
ストレスを怒りでしか発散できない不器用な兄。
二人の関係が徐々に解れあい結びついた時、
桂さん書き方上手くなったなぁ…と思った。
しかし、文句をつけてしまうと、ストーリーが「結局どうしたいの」
と言う感じになっている。目は見えないし、母親に先立たれ、父親は失踪、
おまけに信頼していた西尾に裏切られ、ラストはぱっとしない。
確かにこんな悲惨な事が続いたからこそ、
目が見えない苦しさを忘れ、乗り越え、主人公が成長できた気がするが、
それでも父親が戻ってこないのはどうかと思うし、
兄が結局女性に振られてしまう理由も曖昧になってしまった。
せめて母(父?)に似たいい女性と、兄が結婚する…あたりまで、
もっていってくれるとよかったなぁ、と思った。
もしくは西尾と上手くいくとか。とりあえず、中身は充実しているのだが、
ラストが肩透かしを食らう、微妙な話になっているのが残念。

★★★☆☆*85

|

« 「噂」 荻原浩 | トップページ | 【映画】クワイエットルームにようこそ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/8942211

この記事へのトラックバック一覧です: 「明日この手を放しても」 桂望実:

« 「噂」 荻原浩 | トップページ | 【映画】クワイエットルームにようこそ »