« 「サマータイム」 佐藤多佳子 | トップページ | 「まほろ駅前多田便利軒」 三浦しをん »

2007年10月29日 (月)

【アンソロジー】「小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所」

小説こちら葛飾区亀有公園前派出所 小説こちら葛飾区亀有公園前派出所

著者:大沢 在昌,秋本 治
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


実は気になって仕方がなかったこの本(笑)
だってこんなに豪華メンバーなんだもの。逢坂剛さん以外は、
何からの本で読んだ事がある人たちでした。テーマとキャラが一緒…
もう、これは作家のセンス次第ですね。私は石田さんが一番好きでした。

「池袋←→亀有エクスプレス」石田衣良
あの恋多き男が今回一目惚れしたのは、池袋のめしやの娘・静江だった。
あんなにがたいが良く、がさつなくせして純情な両津は、
直接話し掛けることはしなかった。しかし、静江の好いている相手、
綾小路貴俊とやらが、本当に彼女に相応しいか調べる事にする。
出会い系のフリをして引っかかった卑猥な男・綾小路を、
石田生まれの両津勘吉はどう成敗するのか……。

はっきり言って一番「こち亀」らしい物語は石田さんだった。
それでいて、主人公は自身の持ちキャラの、
「池袋ウエストゲートパーク」の主人公・誠である、
などという茶目っけを出しつつ、見事に両津勘吉を描いていた。
私は「こち亀」の漫画はあまり読んだ事がないので、
専らイメージはアニメの、ラサール石井的な両津勘吉が思い浮かぶのだが、
それを差し引いても、物語の構成、両津に不可欠な要素、
などを少ないキャラクターで見事に描いていたと思う。
その他、私が面白かったのは、柴田さん、京極さん、東野さんである。
個人的に柴田さんはあまり好きではなかったのだが、この本で
両津勘吉を描く、という点では、なかなかの線だったと思う。
京極さんは京極堂が出てくるなど、マニアには堪らない代物だ。
東野さんは「あーやってくれた」と思うほど楽しそうに書いている。
これら七つを眺めて思うことは、両津勘吉を本当に捉えられているか、
と言うところだった。それが面白さであったり、切なさであったりする。
そう、両津勘吉は破天荒で乱暴者で頓珍漢だが、人情に溢れている。
そこには下町風情である江戸っ子な心意気が息づいているのだ。
果たしてその様子を描けているのは……?
それは皆さんが是非ご自身で読んで判断していただきたい。
中には物凄く脇役を登場させる作家もいるので、
漫画「こち亀」ファンには堪らない本になっているかと思いますよ。

★★★★☆*86

■収録
-----------------------------------------------
「幼な馴染み」大沢在昌
「池袋←→亀有エクスプレス」石田衣良
「キング・タイガー」今野敏
「一杯の賭け蕎麦」柴田よしき
「ぬらりひょんの禅」京極夏彦
「決闘、二対三!の巻」逢坂剛
「目指せ乱歩賞!」東野圭吾

|

« 「サマータイム」 佐藤多佳子 | トップページ | 「まほろ駅前多田便利軒」 三浦しをん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/8661651

この記事へのトラックバック一覧です: 【アンソロジー】「小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所」:

« 「サマータイム」 佐藤多佳子 | トップページ | 「まほろ駅前多田便利軒」 三浦しをん »