« 【アンソロジー】「I LOVE YOU」 | トップページ | 【映画】サウスバウンド »

2007年9月27日 (木)

「バスジャック」 三崎亜記

バスジャック バスジャック

著者:三崎 亜記
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


おぉ、これはいいではありませんか。短編集です。
三崎さんらしく突っ走っていないのがいい(ほめているのか何なのか…
これは「となり町戦争」とはちょっと違った感じで読めると思います。
うん、なかなか。元々三崎さんの文章は好きなので、楽しく読めました。

「送りの夏」
麻美の母、晴美が突然いなくなったのは、夏休みに入ってすぐだった。
父と自分は母に捨てられたのだろうか…
そんな不安が過ぎり父に尋ねてみるのだが、
「大人の事情だから」と言って何も教えてはくれなかった。
しびれを切らした麻美は父の手帳を盗み見、母の住む新しい住所を目指す。
たどり着いた先、そこには何も語る事のない「人間」と暮す母がいた。

「送りの夏」これはまさに、三崎さんの奇抜な規律意識と、
現代人が好む描写、背景、などを兼ね備えた良い作品だった。
この本は短編集なので、三崎さんの突っ走り具合が良く分かる。
例えば「バスジャック」や「二階扉をつけてください」あたりは、
三崎さんの趣味丸出しである。勿論、悪くない。
傾向的には、一般常識とは掛け離れた奇抜な規律、指定、世界観、
を予め設定しておき、現代人(つまり読み手と共鳴する主人公)を
登場させる事により、その混乱や戸惑いの面白みを描いている。
それは裏側から見れば、どれを「一般常識」とするかは、
いつも不確かであり、ともすれば、こんな世界になることもあるのよ、
といった訴えがあり、それが滑稽、恐怖、畏怖を呼び起こし、
読み手に面白みを与えてくれるのである。
これはパターンが決まっているため、毎度こんな感じに話が進むなら、
マンネリ化し読む気力が失せるだろう。
だが、今回は「しあわせな光」「送りの夏」を見れば分かるように、
ちょっと違った領域に踏み込んでいるのが分かる。
背景や状況、混乱を楽しむのではなく、
感動し気持ちが揺れ動く様を描きつつ、少し変わった世界を見せる。
それは、そうであったらいいなという理想であったり、
こうはなりたくないなと思う嫌悪であったり、そこに加わる独特な感動が
最後にあぁ読んでよかったかも、と思わせてくれる一つでもあった。
なかなか。「となり町戦争」で挫折した方にお薦めです。

★★★★☆*88

|

« 【アンソロジー】「I LOVE YOU」 | トップページ | 【映画】サウスバウンド »

コメント

おお!良かった、気に入ってくれたようで。


となり町戦争からしたら、物凄い進歩だよね!
進歩とか言ったら失礼だけど、一つ一つの作品が個性的でひきこまれたもん。

図書館で未読の最後の一冊「失われた町」を借りようと思ったら、借りられていたよ。
これはどうなんだろう。
読んだら感想を教えるよ!

投稿: すきま風 | 2007年9月27日 (木) 21:30

>すきま風さん

ごめん、めっちゃ遅くなりました;
コメント&TBどうもありがとう!

この本よかったよ~。
ってかこの本が一番古いらしいけど(笑)
うーん私もこの本のほうがやっぱり好きだなぁ。
そうそう、こういう個性の発揮をしてくれる作家さん
最近あんまりいないよね。
テーマが同じで、ちょっと作風を変えてみた、
みたいなのが多くて、つまらないと思うことが多い。

私も「失われた町」読んでみよ~。
ちょっとアマゾン評価が低いのが気になるけど。笑

投稿: るい | 2007年10月 3日 (水) 16:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/8130896

この記事へのトラックバック一覧です: 「バスジャック」 三崎亜記:

» バスジャック [No-music.No-life]
バスジャックブームの昨今、人々はこの新種の娯楽を求めて高速バスに殺到するが…。表題作他、奇想あり抒情ありの多彩な筆致で描いた全7編を収録。 −−− となり町戦争の三崎亜記さんの本です。 「となり町〜」以来、三崎さんの本はご無沙汰でした。 この衝撃のデビュー作は、突拍子もない設定でありながら、確かに読みやすいといえば読みやすい話でした。 が、しかし・・いかんせん戦..... [続きを読む]

受信: 2007年9月27日 (木) 21:32

« 【アンソロジー】「I LOVE YOU」 | トップページ | 【映画】サウスバウンド »