« ■雑談:2007上半期ベスト10 | トップページ | 「学校の青空」 角田光代 »

2007年7月17日 (火)

「温室デイズ」 瀬尾まいこ

温室デイズ 温室デイズ

著者:瀬尾 まいこ
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

学校に蔓延するいじめのお話です。これで瀬尾さん全部かな?
この話で書かれている状況はリアルなのか…?分かりませんが、
主人公たちの不安や葛藤などは、少し共感できました。
でもラストかがなぁ結局いじめに終局はないと感じてしまう。

学校が教室が生徒が、だんだん壊れてゆく。
今止めなければ手遅れになってしまうのに、大人は気づかない。
私の中学校は今まさに壊れようとしていた。
増えつづける喧騒、暴力、いじめ、もうここまで来たら、
後は崩れ落ち、ただただ終わるのを待つしかないのだ。
そんな時、一人「悪」に立ち向かったみちるは、いじめの標的になった。
いじめはどんどんエスカレートする。日々続けられるみちるへの
陰険な嫌がらせを見ていられず、私は学校へ行けなくなった。

生徒は皆、気づかないうちにいじめに関わっている。
いじめている人間もそうだし、勿論いじめられている人間もそう。
そして、周りで傍観している人間もそうである。
このお話にも書かれているのですが、いじめが起こりうる問題として、
生徒の環境の崩れがある。例えば授業への関心が著しく低下していたり、
器物破損が日常化していたり、人を嫌う事が当たり前になっていたり。
しかし根本的なところを突き詰めれば、これらの問題は、
平和な学校に、突然と現れたわけではないのだ。
それは家庭環境が原因であったり、ちょっとした事件が原因であったり、
本当に小さな出来事から、だんだんだんだん影を潜めながらやってくる。
子供達の歪んだ心のストレスの発散場所が学校になり、
そして誰にも止める事の出来ない負の悪循環が始まるのだ。
この話にも主人公もまたいじめられる側と、傍観する側として出てくる。
「崩壊」を目の当たりにし自らの体で感じる事で得るいじめの現状と、
「崩壊」をそっと離れ次第に悪化する様をただひたすら眺めている現状。
二つの立場から描かれた話は、「いじめ」という実態のないものを、
どこか三次元的に表して影響の広さを伝えてくれている。
しかし、なかなか当事者の気持ちを描けていないところが残念だと思った。
学校が怖くなり教室に入れなくなった優子。
彼女はカウンセリングを受けるのだが、至って精神は健康だった。
経験者から言えば、そんな事ありえないと思う。
学校にいけないが、本当は元気。そんな事ってないだろう。
きっと彼女にも何らかの原因や症状があるはずだと思う。
私も以前学校に行きたくない時期があったのだが、親が無神経だったので、
私は嫌々学校に通っていた。気分が悪い時は大抵が保健室にいて、
またある時はカウンセリングの先生と話をしたりした。
私もカウンセリングを受けろと言われた時は「馬鹿にするな」と正直思った。
カウンセリングの先生も私の会話や検査はあまりの正常だったので、
「早く教室に戻って勉強できるようになりなさい」と言った。
しかし、私はある日愕然とする事実を一つ見つけてしまったのだ。
授業中ノートに黒板を書き写している時、ふと数ヶ月前のページが
チラリと目に入り、私は目を疑った。
そのページ書かれた文字は、とても大きく溌剌としていたのだ。
それに比べ、今書いていた文字は、ミミズがのたくった字をしている。
その違いを発見した時、初めて自分が病んでいたのだと気づいたのです。
このようにきっと優子にもその苦しみが出ている部分があると思う。
またみちるだってそうだろう。この話は「いじめ」を書こうとするあまり、
「いじめ」によって生まれる個別の症状を、イマイチ描けていない。
そして学校で先生が刃物を振り回したら逮捕されるから現実的じゃない。
折角学校崩壊の様子が描けているのに、少し残念な気がしました。

★★★☆☆*84

|

« ■雑談:2007上半期ベスト10 | トップページ | 「学校の青空」 角田光代 »

コメント

 るいさんも学校時代にしんどい体験があったんですね。
 自分のノートに愕然となる感じ、
 体験したことはないですが、
 その衝撃を想像すると、胸にポッカリ穴が空いたような
 空虚な感触がしました。
 (まったくトンチンカンだったらごめんなさい)

 とにかく読んでいてつらい本でしたが、
 いろいろと考えさせられました。

 るいさんがリアリティがないと指摘される優子の存在も、
 「救い」と考えると、アリな気もします。。

投稿: miyukichi | 2007年7月18日 (水) 21:58

>miyukichiさん

こんにちわこちらも~コメント&TBありがとうございます^^*

そうなのです、そんな時期も実はありました。
私もどちらかと言えばみちるのようないじめられ方でした、
友人をかばったりしていたら、いつの間にか自分が標的になっていたのです。
犯人は一人の男の子で、その男の子が私をいじめているのを、
周りの人たちが遠目に見て、ヒソヒソ話していたりしました。

あとは完璧なる無視。
あの団結力を他に生かしたら、いいと思うんですけどね、
なかなかそうはいかないものです。
私は昔から結構一匹狼風なところがあったので、
友達に話し掛けられない事は気にしていなかったのですが、
その分、ノートを見た時は愕然としたのです。
「私は気にしていたんだ」と自分に思い知らされた気がしました。
空虚も感じたのですが、そこまで自分を押し殺して生活しなければ、
生活できないような自分の状況に虚しくなりました。

「救い」もアリだと思いますよ!
むしろ救いがないと話として面白みがなくなってしまうと思います。
私も誰かに救って欲しかったなぁ、とそう思ってしまうだけで。
なかなか、かばってくれる人間っていないんですよ、
ってそう卑屈に考えてしまうから、いけないんですよねぇ。
気をつけなければ。

投稿: るい | 2007年7月20日 (金) 10:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/7175663

この記事へのトラックバック一覧です: 「温室デイズ」 瀬尾まいこ:

» 温室デイズ/瀬尾まいこ [Book] [miyukichin’mu*me*mo*]
 瀬尾まいこ:著 『温室デイズ』  温室デイズ角川書店このアイテムの詳細を見る  タイトルの“温室”という言葉と、  これまで読んだ瀬尾さん作品の雰囲気から、  てっきりほのぼのした、ぽかぽかあたたかい作品だと  読む前は思いこんでいました。  読みはじめたところ、  荒れた学校の描写が妙にリアルで、  (さすが現役の中学校の先生!)  「ん?? なんかちがう??」  そしてその後は、お決まりであるかのような、  クラス全体でのいじめの展開。  結局、1冊読み通す間中、  大げさでなくずっと泣... [続きを読む]

受信: 2007年7月18日 (水) 21:52

« ■雑談:2007上半期ベスト10 | トップページ | 「学校の青空」 角田光代 »