« 「格闘する者に○」 三浦しをん | トップページ | 「真夜中の五分前 side-B」 本多孝好 »

2007年7月11日 (水)

「強運の持ち主」 瀬尾まいこ

強運の持ち主 強運の持ち主

著者:瀬尾 まいこ
販売元:文芸春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する


何とも胡散臭いお話でした…いや、だって占い師の話だから。
主人公が語る内容は、結局は人生相談。
人生上手く行くかどうかは、最終的には自分次第という本です。
うーん、何だかこの設定で話を進めるにはインパクトが…と思いました。
連続短編です。

ひょんなことから占い師になるこに決めた私は、
ルイーズ吉田として、ショッピングモールの小さな店で働く事になった。
次々にやってくる悩みをもった人々に対し、
初めは数式などを駆使し真面目に占っていたのだが、
いつしかそれさえも面倒になり、私は直感で占いを行う事にした。
他人の性格や、傾向を考えるのは、まるで人生相談のようで楽しい。
しかし、自分の運勢となると、冷静に見ることが出来なくなり…。

うーん、なんだがちょっと私には微妙でした。
一つ一つの題材はいいと思うのです、瀬尾さんらしい温かさもあり。
例えば「ニベア」なんか、心温まる親子愛を感じられて、
凄く好きだったのですが、何となく「占い」で邪魔されている気がする。
主人公もただの人なわけで、結局は騙している?感が漂う中、
続ける善意の行動が、いいのか悪いのか、悩むところです。
そういう職業なのだと諦めるしかないのか…。
「嘘」まではいかないけど、出鱈目な事を言い、お金を取る主人公に、
とても共感できず、折角のドラマが薄れたように感じました。
これなら、役所や何かの窓口で働いているのに、
いつの間にか人生相談が評判になり、人が来るようになった。
とかそういう方が、もっと前向きに喜べた気もしました。
まぁ最終的に言いたいのは、自分の人生の舵を決めるのは、
結局は自分なのだ、という事。占い師は、その決めかねている人の、
その背中をそっと押し、いい方向へ向うようにしてあるのが仕事である。
そう、上手く纏められているので、楽しく読むことは出来ます。
願わくば、もう少しばれないように引っ張ってくれると嬉しかったかなぁ、
途中で「きっと振り向かせたいのは父親だろう」と、
気づいてしまったりして、私の勘が鋭くなったのか、
それとも見え見えな事を、わざわざ主人公だけが気づかないのか…。
瀬尾さんの本は残り「温室デイズ」だけになってしまいました。
気がつけば結構読んでいるものです。次は佐藤さんでも攻めてみようかな。

★★★☆☆*80

|

« 「格闘する者に○」 三浦しをん | トップページ | 「真夜中の五分前 side-B」 本多孝好 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/7101370

この記事へのトラックバック一覧です: 「強運の持ち主」 瀬尾まいこ:

« 「格闘する者に○」 三浦しをん | トップページ | 「真夜中の五分前 side-B」 本多孝好 »