« 「真夜中の五分前 side-A」 本多孝好 | トップページ | 「少女七竈と七人の可愛そうな大人」 桜庭一樹 »

2007年7月 6日 (金)

「銃とチョコレート」 乙一

銃とチョコレート (ミステリーランド) 銃とチョコレート (ミステリーランド)

著者:乙一
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


一番初めに感じたのは、ほぼ漢字が平仮名になっているため、
妙に躓き、読みづらい。児童書だから仕方がないと言えばそうだけど。
雰囲気は出ていましたね、ちょっと西洋風な感じに浸れました。
まぁ中途半端なライトの「失踪HOLIDAY」よりは私は好きかなぁ。

少年リンツは貧民街に住んでいた。
街は寂れつつあり、暴力沙汰や物乞いが横行している。
そんな中、富豪の家から金貨や宝石が盗まれる事件が続発した。
音もなく参上し、宝を奪って赤いカードを残して去ってゆく怪盗ゴディバ。
その怪盗を捕まえようとする探偵ロイズは皆のヒーローだった。
国中の人々が彼に一目会いたいと躍起になっている。
そしてリンツは怪盗の重要な手がかりを手に入れた。
果たして怪盗ゴディバを捕まえる事が出来るのか……?

今まで何度も乙一さんの長編には文句を言っていましたが、
この本は最後まで止まらずに読むことが出来ました。
ただ一つ思うのは、漢字変換をもう少し増やして欲しかったかな。
読めたけど、面白いかといわれると、うーん……という感じです。
平仮名にして、いかにも児童書向けになっているのに、
血まみれになったり、やたら銃をぶっ放したり、と極悪極まりない。
教育上よくないなぁとちょっと思いながら読んでいました。
むしろ大人向けにしてみたらどうなんだろうと。
内容はと言うと、何でもあり。
怪盗を追う名探偵と、その助手。その雰囲気は、
読み手をわくわくさせる典型的パターンですが、
中盤までは乙一さんの力量でぐんぐん楽しく読めます。
しかしひょんな事から、「名探偵が悪者でした!」という妙な展開になり、
突如話が複雑化して、善悪の判断が怪しくなってくる。
一体何が言いたいのか不明瞭。善人を信じるな、と言うところだろうか。
結局のところ、言いたかったのは父親が怪盗であり、
それは慈善事業のためだった、ということなのに、
その前の部分で散々な目に会い過ぎて、何だか疲れてしまい感動しない。
一番どうしようもないな、と思ったのは、主人公が探偵に裏切られ、
その探偵がこれまた助手に裏切られるところ。この国の人の設定は、
どこまで根性が腐っているだ?と思わなくもない。
「一見悪人に見えるが、そうではない」という設定ならともかく、
善意で渡された(ように見える)パンを、平気で捨てる探偵ロイズ。
君は何がしたいんだ?とちょっと疑問を浮かべながら、
子供だったらこんな展開を楽しむ事ができるのだろうか?と思ったりした。
そして挿絵が怖かった。うーんお薦めはしない。

★★★☆☆*79

|

« 「真夜中の五分前 side-A」 本多孝好 | トップページ | 「少女七竈と七人の可愛そうな大人」 桜庭一樹 »

コメント

確かに大人向けとして書いてしまっても良かったのでは?と思える。
ひらがなとかが多いのに、難しい漢字も使われていたり、そして内容も子ども向けじゃなかったり(笑)

結局善人がいなかったよね。
皆したたかに生きてる感があったし。

でも、日本が舞台じゃない時点で私は最初挫折しかけたけど、さすが乙一さん。最後まで読ませてくれました。

投稿: すきま風 | 2007年7月 6日 (金) 22:59

>すきま風さん

こんばんわ~こちらにTB&コメントありがとうです^^*

そうそう、途中から雲行きが怪しくなった気がしたよ。
あまりにも酷いというか、世間を生々しく描きすぎているから、
これは子供向けなのか?と疑念がわいてしまったね。
ひらがなはつらかったよねぇ、難しい漢字使ってるじゃん!
ってつっこみそうになったよ、本当(笑)
これなら漢字で書いちゃってから振り仮名振ってくれた方が嬉しいねぇ。

善人いなかったね(笑)
うーん、あえて言うならお父さんが善人だったっていう設定なのかな?
だからと言って怪盗だってことは変わらないわけで、
やっぱり結局善人がいなかったなぁ、ってことになるよね。
そうだね、したたかだった。
お母さんもしたたかすぎてやだったなぁ。
パンに毒って……。おまけにパンを捨てちゃうロイズって……。
パンを捨てたロイズがいい人じゃなくてよかったって言ってる主人公って……。
なんだかなー、って感じだよ。

日本じゃなくてビックリした。
乙一さんついに頑張っちゃったのか!って思ったよ(笑)
雰囲気は良かったと思うんだけどなぁ、ちょっとメルヘンな気分も、
味わえた気がするし、問題はストーリーだな、ちょっと残念でした。

投稿: るい | 2007年7月 9日 (月) 23:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/7048560

この記事へのトラックバック一覧です: 「銃とチョコレート」 乙一:

» 銃とチョコレート [No-music.No-life]
少年リンツの住む国で富豪の家から金貨や宝石が盗まれる事件が多発。現場に残されているカードに書かれていたGODIVAの文字は泥棒の名前として国民に定着した。その怪盗ゴディバに挑戦する探偵ロイズは子どもたちのヒーローだ。ある日リンツは、父の形見の聖書の中から古びた手書きの地図を見つける。その後、新聞記者見習いマルコリーニから、「GODIVAカードの裏には風車..... [続きを読む]

受信: 2007年7月 6日 (金) 22:57

« 「真夜中の五分前 side-A」 本多孝好 | トップページ | 「少女七竈と七人の可愛そうな大人」 桜庭一樹 »