« ■雑談:掲示板取りました | トップページ | ■雑談:作家発掘! »

2007年6月20日 (水)

「春期限定いちごタルト事件」 米澤穂信

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫) 春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)

著者:米澤 穂信
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


小説は表紙絵とタイトルに惹かれて読むものではないな、と思いました。
これは一般的に面白いのだろうか……?と必死に悩みながら読了。
他の皆さんがとても面白いと言うのなら、
私の感覚が間違っているかも知れません、と思います。

事件の臭いを察知すると、自然と推理力を働かせてしまう小鳩、
そして甘い物大好き、つい因果応報の復讐心に燃えてしまう小佐内ユキ。
二人は、難関高校合格と同時に、今までの一切の行動を止め、
騒がない、関わらないをモットーに「小市民」を目指す事にした。
校内で起きる窃盗、路上で盗まれた自転車……
事件が次々と起こる中、小鳩と小佐内さんは、
いかに「小市民」ありながら、事件を解決するか悪戦苦闘する。

まず第一に何故「小市民」を目指しているか冒頭に書いていないので、
謎が残るまま事件に遭遇。第二話で解き明かされるのか?
と期待させながら、結局ラストまで分からない。
その時点で彼らが「小市民」に必要以上に拘る事がいらやしく思えた。
事件に巻き込まれ、痛い目にあったんだ、とか、
偉そうに事件を解決したら、周りの人に犬猿されたことがある、とか、
そういう事が書かれていれば、主人公の心理状態が分かる。
でも、この本にはその点で主人公の反省などが書かれていない。
なので、事件が起きた、何故かは教えたくないが事件には関わりたくない。
といった、非常に曖昧なまま事が進み事件へ発展。
解決したい、でも目立ちたくないと小鳩と小佐内は押し問答するばかりで、
「小市民」以下の野次馬、もしくは関わりたくないと見せかけて、
実は関わりたいと思っていた、という腹黒さを感じる。
オマケに、事件解決のヒントが何も読者に与えられないまま、
主人公が「大体分かっちゃった」発言をし、一気に読む気が萎える。
読者として一緒に推理できないのは、凄く面白くない。
折角事件の内容、推理の仕方は面白いと思うのに、
上記のような理由でとても読む気になれず、主人公の一人芝居に見える。
うーん、酷評しましたが、これを面白いと思う人もいるかも知れません。
どうぞ、この文は当てになさらぬよう。

★★☆☆☆*76

|

« ■雑談:掲示板取りました | トップページ | ■雑談:作家発掘! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/6860465

この記事へのトラックバック一覧です: 「春期限定いちごタルト事件」 米澤穂信:

« ■雑談:掲示板取りました | トップページ | ■雑談:作家発掘! »