« 「スタア」 清水義範 | トップページ | ■雑談:読んでいる本 »

2007年6月 6日 (水)

【アンソロジー】「嘘つき。―やさしい嘘十話」

嘘つき。―やさしい嘘十話 (ダ・ヴィンチ ブックス) 嘘つき。―やさしい嘘十話 (ダ・ヴィンチ ブックス)

販売元:メディアファクトリー
Amazon.co.jpで詳細を確認する


実はアンソロジーをきちんと読むのは初めてでした。
いいですね、「あぁこの作家さん好きだ」と発掘できる。
この本でいいなぁと思い、他の作品も読んでみようかしらん、
と思ったのは、西さんと、佐藤さんと中島さんですね。
光原さんもなかなか好きです。

「やさしい本音」中島たい子
私の彼は嘘をつけない。
元カノが東京へやって来たから、彼女と会っているのだろうと思う。
その事を私が尋ねると、彼は何も言わず黙ってしまった。
だから、私は元カノと会っていたと気づいてしまう。
そんな事なら、黙っていないで嘘でも付いてくれればいいのに。
本音を隠すのが上手い私、不器用な彼、
これからも一緒にいるために、二人はやさしい本音から始めよう。

一編一編が短いので、一番よく纏まっているのでは?
と思うのが、中島さんの「やさいい本音」でした。
雰囲気も瀬尾さんみたいにほんわかしていて、とても良かったです。
サブタイトルにもある「やさしい嘘」に一番合っていた様にも思います。
この本に収められているのは、「やさしい嘘」。
嘘と言うと、ついてはいけないもの、とか、
あまりいいイメージがないですが、これには嘘によって生まれる優しさ、
もしくは優しさから生まれる嘘がたくさん盛り込まれています。
あの人を傷つけたくない、そんな思いから生まれるものですね。
決して人を陥れるためだけに嘘は存在しているわけではないのです。
それにしても、十人十色とはこのことだなぁ、と思いました。
一番「おいおい」と思ったのが三崎さん。
いや、悪いわけではないのですが「やさしい嘘」と言うテーマで、
こういった発想が出てくるって凄いな、とビックリしたのです。
ちょっと戦争もの。そう言えば「となり町戦争」もそうですね。
次に「おーこりゃ負のオーラ全開だ」と思ったのが豊島さん。
うん、これも予想はしていたのですが、それ以上でした。笑
ある意味おどろおどろしい感じで「やさしさ」が屈折してます。
あとは井上さん。びっくりどっきりゲイ話でした。
初めから順に読んでいくと、主人公が子供である事が多いので、
和やかムードなのですが、唐突にゲイ。いや、感情は分からなくない。
でも女でもいいじゃないか、何ていう思いも頭を掠めました。
……そんな感じで、なかなか楽しめる一冊です。
読み終わった後に心温まりますね。

★★★☆☆*81

■収録
-----------------------------------------------
「おはよう」西加奈子
「この世のすべての不幸から」豊島ミホ
「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」竹内真
「木漏れ陽色の酒」光原百合
「ダイヤモンドリリー」佐藤真由美
「あの空の向こうに」三崎亜記
「やさしい本音」中島たい子
「象の回廊」中上紀
「きっとね。」井上荒野
「やさしいうそ」華恵

|

« 「スタア」 清水義範 | トップページ | ■雑談:読んでいる本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/6695111

この記事へのトラックバック一覧です: 【アンソロジー】「嘘つき。―やさしい嘘十話」:

« 「スタア」 清水義範 | トップページ | ■雑談:読んでいる本 »