« 【映画】きみにしか聞こえない | トップページ | 「クローズド・ノート」 雫井脩介 »

2007年6月28日 (木)

「涼宮ハルヒの憂鬱」 谷川流

涼宮ハルヒの憂鬱 涼宮ハルヒの憂鬱

著者:谷川 流
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


あーあーあー。こんな小説出しちゃだめですってば!!
面白いじゃないですか、こんな事だからオタクが増えるんですよ。
と怒りたくなる噂の「ハルヒ」でした。
ここで言うのも何ですが、NOIRさんお薦めどうもでした^^*

「ただの人間に興味はありません。宇宙人、未来人、
異世界人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上。」
俺の全ての災難はここから始まったといっても可笑しくないだろう。
入学式早々、クラスの自己紹介で涼宮ハルヒはこうぶちかましたのだ。
奇怪な発言と近寄りがたさと言ったら、それはもう天下一品。
そんな彼女に、何故か俺は選ばれてしまった。そう、選ばれてしまったのだ。
かくして俺はいつしか夢見た、非現実的な世界に巻き込まれる事になる。

読んでいて思うのは、読者が女だと言う事を一切考えられていない本だ。
ということです。全てはアキバ系の男性のために……!(むしろ作者か?笑)
そんな作者の信念をありありと感じる作品です。
いえ、悪いとはいいません。しかしながら、読める展開と予定調和、
それを面白みをもって進めるために、キャラクターを美少女化、
そしてお色気が存在しているわけで、読み手が女だと、
「あぁそう言うの男の子好きよね」
という冷静な眼差しになってしまうのが難点でした。
そう、私が男だったら、もっと「むふふ」と楽しめたはずなのです。
そのへんご理解いただけますか?
はてさて、そんなオタクな内容を差し引いたとして、とても面白かったです。
何より一番感じたのは、比喩が上手いことでしょうか。
非現実的ワールドが次々に出てくる中で、
こうどんどん描写もパラレル化してくるわけですが、
その時に、「これってどんな世界?」と疑問を持たせない描写力が有ります。
最近、アニメを見ている人が急増していますよね。
どんなアニメでもいいのです、取りあえずアニメーション。
その知識を巧みに利用した描写で、あぁこの作者は、
本当にこの世界が好きで小説を書いているのだ、と実感できました。
終始、男の子目線のシュミレーションゲームのようなタッチで、
ゲーム好きな男の子ならこりゃいちころなんじゃないでしょうか、と思います。
新たなライトノベルだとも思いますね。
むしろ今はこういうゲーム的なものがライトノベルと言われるのか?
よくわかりませんが、楽しいですので、男性の方ははまらないようにご注意。

★★★★☆*86

|

« 【映画】きみにしか聞こえない | トップページ | 「クローズド・ノート」 雫井脩介 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/6963439

この記事へのトラックバック一覧です: 「涼宮ハルヒの憂鬱」 谷川流:

» ハルヒの同人誌公開中♪ [涼宮ハルヒの憂鬱ブログ。]
ハルヒの18禁同人誌を公開中です♪ぜひ遊びに来てくださいねv [続きを読む]

受信: 2007年7月 5日 (木) 12:46

« 【映画】きみにしか聞こえない | トップページ | 「クローズド・ノート」 雫井脩介 »