« 「ゴーストバスターズ―冒険小説」 高橋源一郎 | トップページ | 「推理小説」 秦建日子 »

2007年5月29日 (火)

「対岸の彼女」 角田光代

対岸の彼女 対岸の彼女

著者:角田 光代
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する


あー泣いた。不覚にも泣いた。
でも多分一般読者の感覚からいくと、泣くほどではないかも知れない。
個人的にとてもツボにはまって、ふいに涙がこぼれてしまいました。
角田さんはやっぱ母親視線と言うか30代女性視点がいいですね。

一児の母・小夜子は、自分がまた新に再就職する事を考えていた。
まだ幼い娘を保育園にあずけたり、義母に世話を頼んだりという大変さも、
近所の公園で繰り広げられる母親同士の陰険な派閥争いよりはましだった。
そんな馬鹿馬鹿しさから以前勤めていた会社を思い出す中、
手当たり次第にパートの面接を申し込み、ようやく職に就く事が出来た。
偶然にもそこの女社長・葵は、小夜子と同じ歳で同じ大学。
次第に上下関係の枠を越え、仲良くなっていく二人は、
果たして何を目指し、何を求め、そして何のために歳を重ねるのか。

中盤まではとてもいい。とか偉そうな事言って、これ直木賞?
そうなんだ、これで直木賞か。いや、良かったと思うのですけれども。
何となく、後半、葵が現代に向かう部分、特に海外旅行の辺りから、
徐々に駆け足になっているような気がして、もったいなく感じた。
中盤まではゆっくりじめじめもたもた悩んでいる様子だったので、特に小夜子
そのままのテンポで、衝撃的な部分だけ速くなるのかと思ったら、
最後までスピードで突っ走ってしまった感がありました。
それにしても、葵とナナコの駆け引きがとても好きでした。
ナナコという存在が、葵にとってどれだけ大切で、どれだけ重要なのか、
読んでいくうちに、段々に積み重なって、振り返ると
抱えきれないほどの思いが詰まっていたと気づきました。
そして、思い出を共有していたはずの人間が、
自分と全く違う世界で暮らしている時、その思い出が、
果たして自分と同じ色で、同じ味で、同じ景色で覚えてくれているだろうか、
と怖くなり、あんなにも求めた愛情を突き放してしまう。
その感情が思わず込み上げてくるようで、とてもリアルに描かれていました。
この部分がとても素晴らしかったので、その後にくる海外のシーンが、
とても唐突に感じてしまい、別に海外ではなくても、
もう少し他の方法で表現できたのではないか?と思わなくも無い。
学生がたくさん海外旅行に行く時代?と言う設定だから、
そう思って読めば違和感は無いけれど、私が海外に行こうと
安易に思わない人間だからか、妙に唐突に感じました。
最後は好きだったんですけど、最後の3行を願わくば清々しくして欲しかった。
「辛5~」のセリフで終わりにしてもいい気がする……。
なんて、勝手な願望です。取りあえずよかった。久しぶりに小説で泣けました。

★★★★★*92

|

« 「ゴーストバスターズ―冒険小説」 高橋源一郎 | トップページ | 「推理小説」 秦建日子 »

コメント

 私もすっごい泣けました(;_;)
 角田さんは初めてだったんですが、上手いですねー。
 主婦でない私にも小夜子の葛藤やイライラや喜びが
 手に取るように伝わってきたし、
 葵とナナコの関係のところもとてもよかったです。

 ほかの本も読んでみようと思います^^
 

投稿: miyukichi | 2007年7月29日 (日) 02:31

>miyukichiさん

コメント&TBどうもありがとうございます^^*

泣けましたか!
よかった~私だけではなかった(笑)
そうそう、何だか後半しくしく泣きながら読みました。
号泣、と言うわけではなかったのですが、止まらなくって。

角田さんは女性の心情を書くのが上手いですよね!
私も葵にも小夜子にも共感できました。
一番はあれですね、海辺のシーンが特に心に残ってます。
残るのか、残らないのか、そして葵を信じるのか、信じないのか、
小夜子が揺れ動く様子が、手に取るように分かりました。

角田さん…言っちゃ難ですが結構当たり外れがあるのでご注意。
読んだ中では「誰かのいとしい人」と「学校の青空」、
「この本が、世界に存在することに」はお薦めです^^*

投稿: るい | 2007年7月29日 (日) 15:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/6599503

この記事へのトラックバック一覧です: 「対岸の彼女」 角田光代:

» 対岸の彼女/角田光代 [Book] [miyukichin’mu*me*mo*]
 角田光代:著 『対岸の彼女』  対岸の彼女角田 光代文藝春秋このアイテムの詳細を見る  2004年下半期の直木賞受賞作。  娘あかりに社会性を身につけさせたくて、  保育園に入れようと思いついた35歳主婦の小夜子は、  その“資格”を得るため、仕事を探し始める。  面接で落とされまくった挙句に出会ったのは、  小さい旅行プランニング会社の社長・葵だった――。  小夜子の視点から語られる現在の日常と、  高校時代の葵の視点から語られる過去のエピソード。  それらが交互に描かれます。  過去の... [続きを読む]

受信: 2007年7月29日 (日) 02:28

« 「ゴーストバスターズ―冒険小説」 高橋源一郎 | トップページ | 「推理小説」 秦建日子 »