« 【映画】パフューム ~ある人殺しの物語~ | トップページ | 「バッテリーⅥ」 あさのあつこ »

2007年4月 5日 (木)

「初恋温泉」 吉田修一

初恋温泉 初恋温泉

著者:吉田 修一
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


待ちきれなくて買ってしまいました、吉田さん。
タイトルが絶妙な響きがあって、とても好きです(笑)
内容はタイトル通り、温泉に訪れるカップルのお話。
短編5本収録。

「ためらいの湯」
勇次は久しぶりに会った大学の友人と不倫を始めた。
自分にも妻がいるし、相手の和美にも旦那がいる。
話の流れから、2人で温泉へ行こうという話になるのだが、
いざ、こうして不倫どうしの2人が向き合うと、
どこか後ろめたいような、それでいて相手に悪いなと思っているような、
妙な気持ちが湧いて来て、本来の不倫の意味を失っている気がする。
電話から聞こえる妻の声が、そっと勇次の袖を引っ張っていた。

淡々と、だけどとても現実的に日常が描かれている。
ちょっとした事から足を向ける温泉、ふとその湯に浸かりながら、
思う事は日常では味わえない不思議な感覚があるのだ。
不倫同士の旅へ出かける勇次は、ためらいにふと足を止める。
いつも優柔不断で他人に指図ばかりを受けている自分が始める不倫、
それこそは自分の意志があるはずだから、胸を張って進みたい。
しかし、心のどこかでは、やはり妻に悪いなと言う気持ちや、
こうして不倫に付き合ってもらっている和美に申し訳ない、
と言う気持ちが湧いてくるのだ。
その気持ちは正しいようで、正しくない。
そんな気持ちがあるのなら、初めから止めておけばいいのだから。
意気投合して始めたはずの不倫を、ふと立ち止まってみると、
自分はこんな事をしていていいのか、とまた優柔不断になる思いを、
必死に堪え目を瞑ると、そこには空の浴槽しかない。
温かさの無いただ冷たいだけの浴槽が、浮かび消えてゆく。
やはり間違っているのか?自分はこのまま進んでいいのか?
そんな疑問を抱いたままのラストが、とても好きでした。
あとは「純情温泉」も純情なストーリーで吉田さんにしては意外。
かなりラブラブな雰囲気が痛いな、と思うくらいですが、
きっとこの2人は上手くはいなかいのではないか?
と言う疑問も抱えていて素直に喜べない辺りが、いいのかも。

★★★★☆*90

|

« 【映画】パフューム ~ある人殺しの物語~ | トップページ | 「バッテリーⅥ」 あさのあつこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/5979747

この記事へのトラックバック一覧です: 「初恋温泉」 吉田修一:

» 初恋温泉(by吉田修一) [ねぶかどねざる]
★★☆☆☆ 著者:吉田修一 出版社:集英社 定価:1365円 出版年月:2006年6月 ボリューム:204P 温泉に泊まる5組の男女の恋愛小説集。 突然妻に別れ話を切り出され、とまどう夫。 雪の一軒宿の謎めいたカップル。 初... [続きを読む]

受信: 2007年6月24日 (日) 12:59

« 【映画】パフューム ~ある人殺しの物語~ | トップページ | 「バッテリーⅥ」 あさのあつこ »