« 「陽気なギャングの日常と襲撃」 伊坂幸太郎 | トップページ | 「夢を与える」 綿矢りさ »

2007年4月29日 (日)

「ビタミンF」 重松清

ビタミンF (新潮文庫) ビタミンF (新潮文庫)

著者:重松 清
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


私の苦手な重松さん。痛いんですよ、上手すぎて、痛いんですよ。
なので途中で読むのを止めたくなってしまうのです。
それにお父さん視点っていうのがまたさ、読むの辛いんですよ私。
まぁでも短編集なので「流星ワゴン」より楽しめました。

「はずれくじ」
息子の勇輝は少し優柔不断で、少し優しくて、少しお人よしだ。
ずっと見てきたはずなのに、最近分からない事が増えすぎた。
妻が入院し、勇輝と二人きりになると、話す話題が無いことに今更気づく。
そんなある日、勇輝が補導されたと警察から連絡が入った。
何でこんな時に?苛立ちを隠す事が出来ず、
怒鳴り散らすあまり、また勇輝の事が少し分からなくなった。
断れよ、そんな友達の誘い。断れよ、金魚のふんは情けないじゃないか。
振り返ればもう父親の気持ちを理解できる年齢になっていた、
「宝くじ、買ってみるか」と呟いてみる。

これはダントツによかったですね。
思わず「悪い、オヤジと帰るから!」で泣きました。
息子と父親の関係が、絶妙で、そして、
足元を踏ん張って仲間の誘いを断る勇輝の姿が、目に浮かび、
その努力と言うか「お父さんのために」と言うささやかな思いに泣けました。
でも、父親って本当はこんな事考えているのでしょうかね。
私の父は最強の放任主義、と言うか娘だと思っているのか?
の領域に達しているので、父親なりの子供に対する不安とか期待とか、
そう言う父としての感情がいまいち理解できません。
よく無口で何もしゃべらない父親像が出てくるじゃないですか、
それとも違うし、門限作るような人間では一切無いし、
とは言いつつも久しぶりに実家に帰ると喜んでくれたりするし。
かと言って、嫁にはやらんとかいうタイプではなく。
勝手にしたら?と言う他人行儀な雰囲気が漂うのです。
もちろん、その原点と言うか、親子の愛情みたいのは分かっているのですが、
ふと父重ねた時に、どうもしっくりこないんですよね。
もしくは父親は息子の方が大事なのか。笑
と言うか、うちの場合は息子の方もさらに放任なので関係ないか・・・。
・・・そんな訳で、私は重松さんの本が苦手なんですよね。
今回は感想と言うよりも・・・って感じですが、
何となくこれを父が読んだらどう思うのだろうか、とか、
そんな事を考えながら読んでしまった本でした。

★★★★☆*91

|

« 「陽気なギャングの日常と襲撃」 伊坂幸太郎 | トップページ | 「夢を与える」 綿矢りさ »

コメント

こんばんは。お久しぶりです。
重松さん読まれましたか。。。
私も実はかなり苦手です。
あのものすごい手腕で、正面からそんなに書ききらないでください!と。。。いたたまれない気持ちになってしまうんですよね~。

「舞姫通信」をまだ未読でしたら、気を付けてください。私は高校生時代に3日やられました。相当元気な時に読まんとダメージでかいです。

最近姉の影響で「図書館戦争」「図書館内乱」「図書館危機」と三冊一気に読みました。素直に楽しめました。軽~い感じで、GWにピッタリでした☆
お暇があれば読んでみてくださいね。
ただしなぜ、あの内容でハードカバーで読まねばならないのかがちょっと不思議ですが(文庫か、せめてノベルスあたりがちょうどいい感じがするんですけどね・・・)

長々とお邪魔しました~。ではでは。

投稿: のむ | 2007年5月 2日 (水) 00:13

>のむさん

焼肉がおじゃんになって、
哀しみに打ちひしがれているるいですこんにちわ。

読んでしました、重松さん・・・。
学校の本屋で気になって、オマケに10%offだったので、つい。
いやぁ、後悔しました、読み始めて。
「お前『流星ワゴン』の時に懲りたんじゃなかったのか」
と両サイドからアッパーを喰らった感じがしました。
ちなみに『流星ワゴン』は読破していません。苦笑

>あのものすごい手腕で、正面からそんなに書ききらないでください!
>と。。。いたたまれない気持ちになってしまうんですよね~。

そうそう、そうなのです。
絶対あなた痛いって分かってやってるでしょう、みたいな気も。
『舞姫通信』了解した、絶対読まない。
きっと読み始めても途中で投げてしまうのが目に見えている。

>最近姉の影響で「図書館戦争」「図書館内乱」「図書館危機」と三冊一気に読みました。

私も気になってました!その三冊。
ちょっと『となり町戦争』のイメージがあったんだけど、
全然違うみたいだね、興味を持ちました。
え?でも買うほどでもない?
図書館で予約してみようかな、待ちそうだけど。
GWは万城目学で楽しもうと『鴨川ホルモー』(サイン入り)を読書中。
なかなか、デビュー作にしては面白いけど、
典型的に楽しむ事しか求めていない、乙一さんの日記のようなノリです。
最近買ったのはいいが読んでいない本が多すぎるので、
処理してから上の3つ読んでみたいと思いまする。
では!

       焼肉!!(叫んでみる、合言葉か?笑)

投稿: るい | 2007年5月 2日 (水) 16:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/6255216

この記事へのトラックバック一覧です: 「ビタミンF」 重松清:

« 「陽気なギャングの日常と襲撃」 伊坂幸太郎 | トップページ | 「夢を与える」 綿矢りさ »