« 「うりずん」 吉田修一 | トップページ | 「ブルースノウ・ワルツ」 豊島ミホ »

2007年4月 9日 (月)

【DVD】リリイ・シュシュのすべて

20070408_1
こちらもすきま風さんにお借りしました~ありがとうございます^^*

予想以上に良かったですよ(笑)
何となく感覚的な映画でしたが、市原隼人と蒼井優がとてもよかった。
あと、勝地涼と大沢たかおも出ていて、大満足。
痛いと言っていた内容、個人的になかなか好きでした。
しかしながら、タイトルがなぁ・・・まんまと言うか、逆に分からん。

あらすじ引用
-----------------------------------------------------------
カリスマ的アーティストリリイ・シュシュに心酔する中学2年の雄一。
学校でイジメを受けている彼は、自らが主宰する
リリイのファンサイトリリフィアの中で交わす、
青猫というハンドルネームのリリイ・ファンとのチャットに心癒されていた。
雄一をイジメているのは、星野という同級生。
1年の頃は、剣道部の部員として仲の良かったふたりだが、
夏休みに仲間と出かけた沖縄旅行を経た新学期、星野は突然豹変した。
-----------------------------------------------------------

好きなんですけど、分かりにくい事は確かなんですよね。
まず雄一がサイトの管理人だと気づくまでにとても時間かかる。
軸になるものをカットして、周りをじわじわ攻めて味を出す、
と言う感じなのですが、削りすぎて「ん?」と意味の判らない部分が。
しかしながら、イジメの「リアル」な実態の表現方法が良かったです。
飾らず、ありのままに。お陰で過激なシーンがありますが、
実際の中学校はこんなものですよ。もっと酷いかも?
援助交際を強要されている津田(蒼井優)の、
開き直らないと生きていけない位追い込まれた心や、
どこかで心の浄化を求めている星野(忍成修吾)の壊れた心が、
リリイと言う架空の”神”を通して、とても上手く描かれていました。
人間は極限の状態になると、知らぬ間に何かに縋りたくなる、
その対象がこの映画ではリリイと言う歌姫であり、人間ではない。
いつの間にか人間としての存在を超越し彷徨うあまり、
実体がなくなり人々の空想の世界に潜り込んでしまっている。
そして迎え来る死も、自ら命を絶つ死も、等価であって、同じように儚い。
取りあえず内容は凄く重いんですよ、二人も死んじゃうし、
終わった後にとても考えさせられる内容だと、思います。
それにしても、蒼井優が可愛かった、あと市原君も若っ!
ちょっとトキメキそうでした、内容はトキメク事が出来ない感じですが。
何気に豪華キャストだったりして、こっそりいろんな人が出ていました。
「花とアリス」も楽しみですね。

・・・付け加えるのも難ですが、
撮影現場が栃木だって事で、ほとんど知ってる場所でした。
電車のシーンで「思川」が出てきた時、ちょっと噴出しそうになったり。
真剣なシーンなのに、思川かよ!みたいな。
そう言った意味でもとても楽しめました。言っておくと、かなりの田舎です。

*82

|

« 「うりずん」 吉田修一 | トップページ | 「ブルースノウ・ワルツ」 豊島ミホ »

コメント

レアなDVDみてますね!!
私も怖いもの見たさで見てみたいんですが、弱ってるときに見るとやられちゃうんではないかと、ちょっと恐れてます。。。

ちなみにロケ現場は私の従兄弟の中学校!!しかもリアルタイム!!
どうやらエキストラなど募集したらしいですよ。。。
生蒼井優☆うらやますぃ。。。

あ~蟲師(蒼井優)がみたい~~(>△<)

ちなみにるいさん、私残念ながら漫画はそ~んなに詳しくないのですよ。なんでか友人は皆そろって濃いんですけど。。。

投稿: のむ | 2007年4月 9日 (月) 22:57

>のむさん

こんにちわ~コメントありがとうです^^*

そうそう、アマゾンにも売ってないようなレアなDVDを観ましたよ。
丁度貸して頂ける事になって、しかも栃木で撮影だし・・・!
確かに弱ってる時に観ない方がいいかなぁ、これは;
丁度ポルノのライブが接近中でテンションが上がり気味だったので、
私は何とか難は逃れましたけれども。
でも、そんなでもないかも・・・うーん卑劣っちゃ卑劣なんだけど、
こう、なんて言うか主人公を集団いじめで・・・とかではないので。

おぉ従兄弟さんの学校でしたか!ローカル(笑)
だって思川駅とか足利駅出てくるからさ。
いいねぇエキストラ、ちょっと出てみたい気もする。
生蒼井優、市原隼人もたまらないよ。
そう言えば、うちの弟の学校もエキストラ募集か何かで募集があって、
なんと弟出たらしいですよ(笑)
何でもサッカーの試合の観客の一人(!)顔わかんないよね、絶対。
有名な人いなかったと言っていました。

蟲師は漫画読んでないとだめっぽいよ~。
だめ、と言うか分かりづらい設定が多々あるようで。
私も漫画を買おうか、強行突破しようか迷っているとこなのであります。

うん、私もこの間コメント書き終わってから気づいたんだよね、
のむさん、確か腐ってなかったよなぁと思って(笑)
エアギアが好きだったのは覚えていたのですが、
何分脳みそがカサカサのスポンジなんで何も詰まってなくて;
周りは濃いのにねぇ、本当ですよ。
小雀さんは元気ですか、全く会ってないと言うか連絡も取っておらず。
あぁ花見いきたかったんだけども・・・(涙)
のむさん、焼肉行こう。
突然だけどkobaちゃんも誘って焼肉行こう・・・。

投稿: るい | 2007年4月10日 (火) 10:29

わーい!!お返事いただいてしまった!!
ありがとうございます。

連続で申し訳ないけれども。。。
そうなんです、私、一見腐っていそうで実は腐ってなかったの。
小学生の時に「アニメージュ」は卒業いたしましたの。笑
「エアギア」??読んだことないかも~~。
でも漫画は大好きなので結構色々読んでます☆

小雀は私もあってないのよ~。この間は日程が合わなくって・・・。
でも元気そうよ~。

そうだ!!なぜに今日繰り返し同じ記事にコメントをつけたかと言いますとですね、今「Dぐれーまん」のアニメを見たのです!
絵があんまりきれーじゃないかも~。オリジナルエピソードでした。

とにかく明日から学校です。。。
もう明日からはアニメどころじゃないな~。。。

焼肉!!行きたい!!にくにくにく!!
kobaも一緒にぜひ行こう!!にく~!!
支離滅裂になりましたが、ではまた~。

投稿: のむ | 2007年4月10日 (火) 18:51

>のむさん

こんばんわ~コメントありがとうです^^*

今日まで暇人でした、私も。
アニメどころ、ドラマどころではない生活が再び・・・!
気が重いっすよぉ、まったく。
気張ってゆきましょう、ファイトです。
あれ、そう言えば、もう就活ですか?大学院?
時間って早いよねぇ、もう私たちが社会に旅立つ時が来ましたよ、
なんておばさんみたいな事を言ってみたりして。

アニメージュ・・・!
懐かしい、私も買ってましたよ。
おまけに投稿してましたよ(笑)そして意外に載っていましたよ・・・。
私も小学生の時だったと思う、もしかして、のむさん私の絵見てたかも(笑)
「エアギア」じゃなかったか;「天上天下」か?
もう頭がスポンジ以下ですよ、流れ出るだけです。
いや、もう流れ出る物も無い、っすわ。
漫画、最近読んで無いんだよねぇ;何かお薦めありますか?
小畑さんの新作も微妙な気がして、ジャンプはもうDグレのみですね。
でも終局まっしぐらなので、ちょっと寂しかったり。
そしてもうH×Hは放置です。富樫さんをちょっと疑いますね・・・。

Dグレアニメ、おめでとう!そうか火曜日だったのね(曜日も知らなかった;)
まぁアニメ絵はご愛嬌だよね。綺麗な方が少ないよ。
そうかぁ、オリジナル突入か・・・ちょっと怖いね。
ワンピースみたいに突っ走ってくれればいいけど。
ヒカルの碁みたいに円満に終わってくれればいいけど。

私も明日から学校でございます。
あぁ憂鬱。一応履修期間なので授業でなくてもいいんだけど、
出席取ってるんだよね、いやらしいです。
出なくちゃいけないわけじゃないけど、君、単位取る自信あるの?
みたいなオヤジ(教授をオヤジ呼ばわり)の顔が浮かび、腹立たしい。

焼肉、今週土曜日空いてます!とかここで言うな、って感じだけど。
来週も多分空いてます、きっと金欠だけど;
後でメールしましょう!ではでは。
小雀さんも会いたいけどねぇ、無理そうだな忙しそう・・・。
まぁ元気ならそれで。ちょっと大学生小雀も見てみたいんだけども(笑)

投稿: るい | 2007年4月10日 (火) 22:52

あ~良かったです(笑)
強引に貸してしまった感もありますし、気に入らないかも・・と思っていたので意外にもすんなりとるいさんに受け入れられた事にほっとしています。

この映画・・初日舞台挨拶を見にいってしまったのですよ。
その時、蒼井優さんは来ていなかったのですが市原君、忍成君(昔からのファン)、伊藤さんを見ました☆

しかもはまって二回も映画館に行ってしまったという・・。

私は先に、本を読んでいたので何となくこの映画の世界を分かっていたつもりだったのですが、クライマックスが映画と違っているので・・びっくりした記憶があります。

でも確かに、なかなか理解しにくい部分もありますよね。

私は当時足利に行った事がなかったので、すんなり見ることが出来ましたが・・るいさん的には笑えましたか(笑)

次は「花とアリス」をお貸ししますね!
今後輩に貸しているので、しばしお待ちを。

投稿: すきま風 | 2007年4月12日 (木) 20:52

>すきま風さん

こんにちわ~
コメント&TBどうもありうがとうございます^^*
お伺いしようと思っていたのですが、意外に忙しく;涙

よかったですよ、リリイ・シュシュ!
ちょっとオカルトっぽい感じ?がなかなか好きでした。
ホラーとか恐怖系はダメなんですけども。
何となく小説(横書きだけど)読んでみたい気もしました。
その、違うと言うラストシーンも気になりますしね。
個人的にこの映画の方のラストは好きでしたよ、
刺しちゃうあたりが、とても。
あぁやっぱり・・・と言う感じもしましたが、
現実的には殺意を抱いても可笑しくなさそうな感じですし。
あらすじをまったく読まずに観始めたので、
本当、市原君がサイトの管理人フィリアだって気づくまでに、
ちょっと時間が掛かりました。でも雰囲気的に、
市原君は青猫の正体に少しは気づいていたのでは、と思わなくもない。

舞台挨拶!凄いですね~足利で?
私は舞台挨拶って一度も観に行った事ないんですよね。
この間会社のお姉さんがデスノート後編の舞台挨拶に当たってました。
いいなぁ、松山君に会いたかったですよ。
忍成君も顔は知ってました。みんな若かったですね。
それにしてもまだ無名の中からよい人だけ抜擢する監督、凄いですね。
蒼井優といい、色々知っている人が出ていてビックリしました。
私も2回観たいかも。人をじっくり見るのと、
書き込みで読み切れなかったところとか、凄く気になります。

そうそう、とても地元だったので・・・。
佐野に遊びに行く時あの電車乗ってたし、
確かにあの頃も一両に数人とか寂しい電車だったよな、
とか思い出してしまって、ちょっと田舎に浸ってしまいました。
最初は真剣に見てたので、舞台が栃木だなんてすっかり忘れていたのです。
でも途中で「思川」とか「足利駅」とか出てくるじゃないですか、
「あー!あそこだ!!」みたいな、衝撃で、一人ニヤニヤしてました。
草原?稲穂が美しすぎて、切なくなりました。
「花とアリス」も楽しみですよ~ありがとうございます^^*

投稿: るい | 2007年4月13日 (金) 10:14

舞台挨拶は渋谷です(笑)流石に足利には来なかったようで。

田園風景の美しさに、目を奪われたのが最初で確かめざましテレビで紹介していたのですよ。この映画。

星野が同級生を田んぼに突き落として泳がせるシーンとかをやっていて、何だこれは!と思ったのですが、映像の美しさに引き込まれて・・友人に薦めて、更に本も買ってしまって・・二回も同じ友人と観に行ったのですよ。
あれは高3でした・・。

ぜひ本と読み比べて下さい。
多分映画で分からなかった部分を理解できるのでは?と思います。

デスノートの後編・・いや~面白かったです。
後輩に借りることが出来て、ラストにびっくり。

松山君のLを演じている時のあの何ともいえないキモさが好きです(笑)舞台挨拶が当たるなんて、相当凄いですね!!

投稿: すきま風 | 2007年4月13日 (金) 22:35

>すきま風さん

こんにちわ~コメントどうもありがとうございます^^*

さすがに、足利はなかったですか(笑)
一度舞台挨拶行ってみたいものです。

へぇ、テレビで紹介されていたのですね・・・!
実はすきま風さんの所で見るまで、題名も聞いたことなかったのですよ;
確かに、田園風景はかなり綺麗ですね!さすが栃木!!

はまってしまう映画って判りますよ~。
私も「シックスセンス」と「ビッグフィッシュ」は映画も見て、
さらにDVDで10回近く見ていますし・・・。
好きなものは好きなんですよねぇ。
「リリイ~」のその気持ちも分かります・・・!

本も楽しみにしています。
そうですね、映画で分からなかったところをしっかり読んでみようと。

デスノートは良かったですよねぇ~。
私も漫画の雰囲気が出ていてかなり良かった!
実はコレも原作漫画とはラストが違うのです。
ので、私も漫画を読みたいんですよねぇ、途中までしか読んでいなくて;

松山君は「セクシーボイスアンドロボ」がちょっと気になっていたり。
かなりむさい役ですけど、かなり熱血になっていて、面白そう(笑)
あとはオダギリさんの「時効警察」ですね~。
それくらいかぁ、あんまり見たいドラマがありません。

投稿: るい | 2007年4月15日 (日) 12:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/6021562

この記事へのトラックバック一覧です: 【DVD】リリイ・シュシュのすべて:

» リリイ・シュシュのすべて [No-music.No-life]
田園風景が美しい、とある地方都市。 中学2年の蓮見雄一は、学校ではいじめを受け、窒息しそうな毎日を送っている。 そんな雄一の救いは、カリスマ的歌姫「リリイ・シュシュ」の歌だった。 13歳。 リリイすら知らなかった時代。 バラ色の時代。 雄一は優等生で目立つ存在の星野と親しくなる。 そして、部活の仲間達と共に沖縄旅行に行く。 しかし・・・海で溺れたり、顔見知りになった旅人の死を間近にしたり、星野にとっては不吉な予感に満ち溢れた旅になったのだった・・。 そして、新学期。..... [続きを読む]

受信: 2007年4月12日 (木) 20:48

« 「うりずん」 吉田修一 | トップページ | 「ブルースノウ・ワルツ」 豊島ミホ »