« 「あかね空」 山本一力 | トップページ | 「ありふれた風景画」 あさのあつこ »

2007年3月19日 (月)

■雑談:5日で1本

只今DVD「ジャンヌ・ダルク」を5日かけて観ております。
きっと明日辺り終わるでしょう・・・。
何だか最近時間配分がおかしいのか、
それとも単に時間が無いのかは判りませんが、忙しない日々を送っています。
1本の映画を5日かけて見ちゃうくらいな感じです。

それと、大学の通知表がまだ来ません( ̄□ ̄;)
毎度の事ですが、お願いだからもう少し早く送ってはくれませんか。
そろそろ胃が締め付けられる季節がやってまいりましたよ。
落ちた単位の修復が・・・とか、
無駄に高い教授の本で4万円くらい飛ぶんです。
六法全書とか判例六法とか行政六法とか毎年買い替えだし。
そんなわけで、ポルノのライブを控えつつ、
ダークブルーな空気に浸って(と言うかむしろ沈んで)おります。

元気を出す方法?それは本を読むことなのですが、
いかんせん上にも書いたとおり、時間が無くあんまり読めません(涙)
あー虫歯にさえならなければ・・・
全ての原因はコレです。
最近毎日の様に歯医者に通ってます。

|

« 「あかね空」 山本一力 | トップページ | 「ありふれた風景画」 あさのあつこ »

コメント

アハハ、5日もっ!!
「ジャンヌダルク」は初めてDVDで映画を鑑賞した作品です。
劇場で観たあと、意外に速いDVDリリースだった気がします。
その後「パーフェクトストーム」と「ロミオマストダイ」がその当時では異例の¥2,500での発売。
その値段の安さに思わずてを出してしまった思い出があります。

話が逸れましたが、僕は途中で止めて翌日に…って鑑賞ができません。
お手洗いのために一時停止ぐらいなら構わないんですが…さすがに5日は連ドラ見てる気分に陥りますね。笑

るいさんは作品の世界観に入り込みやすいのでしょうか?
それだと僕も2回に分けて鑑賞したりできそうです。
でも唯一2回に分けたのは「ロードオブザリング」3部作ですね。
6回に分けて鑑賞しました。
本編が長いためDVDが6枚に別れてるので一日1枚、1週間ファンタジーに浸れましたよ。
でも劇場での臨場感は味わえないのが残念ですね。
もう一度劇場で公開されたら観たいなぁって思います。

六法全書等を毎年買い替え…お腹痛くなりますね;
教授の本は鈍器としても使用できるなら4万の価値はありそうですね。
昔、友達が買ったゲーム機のソフトが3万円近くしてました。
ファミコンのカセットの2回りぐらい大きくてずっしり重い。
高級灰皿同様にサスペンスで使われそうな鈍器でした。

って長々と申し訳ないです。

投稿: 学文路 | 2007年3月20日 (火) 10:26

>学文路さん

こんにちわ~こちらもコメントありがとうございます^^*

そうなんですよ・・・5日もかかってしまって(号泣)
時間があれば勿論最後まで観たいのですが、
どうしても「今寝ないと明日起きられないよ」的な睡魔が襲います。
本当、連ドラ的感覚ですよ(笑)悔しいですが、仕方が無い。
「ジャンヌダルク」は前にちゃんと映画館で観たんですよね、実は。
多分小学生?かな・・・と思うのですが、
当時少女漫画で「神風怪盗ジャンヌ」と言う漫画が流行っていて(笑)、
それとたまたま仲の良かった友人が聖書とかそう言う物に興味のある子
だったので、一緒に観に行ったのですよ。
ところが結構グロいんですよね、観てからかなり後悔したのを覚えています。
何だかそれを急にこの間思い出して観て見たくなって、中古で買いました。
で、再生してみると、何と中学生以下鑑賞禁止になってるじゃないですか!
「何であの時私は観れたんだ?」とちょっと疑問です。

>るいさんは作品の世界観に入り込みやすいのでしょうか?

どうなんでしょう?
でも自分で言うのは難ですが、瞬間的記憶能力はいいような気がします。
1ヶ月程度の間なら、ある程度物語を瞬時に思い出す事が出来ます。
本なんかも5冊位を同時に少しずつ読むと一番早く読み終わります。
まぁ何て言うか、集中力に欠けるとか、そうも言えるかもしれませんね。
ちょっとずつ違う物を読むと良いみたいで。
不思議と話が混ざったり、判らなくなったり、ってことが無いんですよ。
その代わり、その時だけしか覚えていない、みたいな悲しい欠点があって、
思い入れの無い本とかは、読んだのに買ったことすら忘れる事があります(苦笑)

「ロードオブザリング」ですか・・・。
ちょっと私はいただけませんでした;
何せ主人公が一番弱そう(ここ重要です)で・・・。
いや、でも人気があったのは認めますし、壮大なスケールとか展開とか、
良かったと思いますが、1部しか観ませんでした。
それにきっと長編過ぎて私の頭が付いて行かなかったのだと思います。
その証拠に「ハリーポッター」は一学年ごとに話が終わるので、
今でも映画を観つづけていますし。
やっぱり長いお話を最後まで楽しめる人は凄いなぁと思いますよ。
余談ですが最近父が「24」や「LOST」にはまっていて見直しました(笑)
よくもあんなに巻数があるものを・・・!と、絶対私は無理です。

六法いいヤツ買うと軽く4000円位するので、それだけで泣きそうです。
しかも去年は口語訳になっていないものを頑張って使っていたのですが、
色々法改正があったので、ついに買い替えなさいと言われました。
本当、持ち運びも不便ですしねぇ。
いつもスモールライトがあればと悔やんでますよ。
大量に買い込んだ法律関係の本を引っさげて、
いっそ交番で殺人事件を起こしてみたい気もしてきますね。

どうぞ~長いの歓迎です♪ではでは。

投稿: るい | 2007年3月20日 (火) 16:28

同じく会社のデスクからこんにちは~

「ジャンヌダルク」はスペクタクルと言うか歴史・戦争等のエピック映画の類に入るんじゃないかと。
僕は高校生(3年)だったのでるいさんは中学生かな?
そうですよ、あれは確かR指定が付いていたはずです。
手足飛ぶし頭潰れるわの大混戦ですもんね。
後半の聖女としてか人間としてか葛藤するミラが好きです。
娯楽性を一切削除した作りも好きです。
あそこまで長々と上映されてもアクション面を弱めてリアリティを出すことで緊張感がドラマ部分にまで浸透してる。
普通なら後半寝てしまう類ですよ。

あっ、僕も思い入れの無い作品は危険です。
似たジャンルが好きな所為か「これ見たような…いやいや」と錯覚したりなんかはしばしば。
(で、結局未見作品でしたけど)

「ロードブザリング」いただけなかったですかぁ…
逆に「ハリーポッター」がいただけない人間です。笑
喰わず嫌いな部分も多少ありますがいつかは見たい、そう常々思ってるわけですがねぇ…。汗
(でも1学年ごとに終わるなら見たいかも)

「ロード~」の魅力はやはり3作目にあります。
全ての争いが集約され、そして終わりへと向う。
終わったんだと胸を撫で下ろした瞬間、色々な感情が涙となって溢れました。個人的に生涯No.1の傑作です。
悪が負けるのはもちろんなんですが主人公が背負った沢山の傷は癒えなかった。
使命の重さ、指輪の誘惑(魔力)に何度も挫けそうになるけど常に支えてくれたサム(庭師)との友情や、平行して悪に挑む別れ離れになった仲間達の活躍には号泣します。
光と闇をうまく映像化したピーター・ジャクソン監督に僕は感謝します。
次に撮った「キングコング」も素晴らしかったです。

あっ「24」や「LOST」等の海外TVドラマや国内の連ドラは苦手です。
「ロード~」は映画だからってので鑑賞できました。

交番前で法律関係書物片手に現行犯逮捕されるのは破天荒で面白いですな。笑

って更に長文申し訳ない。苦笑

投稿: 学文路 | 2007年3月20日 (火) 17:28

>学文路

おはようございます~コメントどうもありがとうございます^^*

そうですねぇ~「ジャンヌダルク」は歴史もののような気がします。
タイトル通りジャンヌダルクの生涯を描いていますからね。
そうそう、何で観れたのか不明ですよ。
でも子供ながらに、「これは観てはいけないものを観たのでは?」
と思ったし、観た事を相当後悔しましたね。
その頃からグロイの嫌いなんで・・・。
うーん、この作品の一番のポイントは、「聖なる者」だと思います。
神の思し召し・・・と言うか、人間ではどうにもならない神秘の力、
と言う物に、例えキリスト教徒ではなくても惹かれてしまうのかと。
何と言うか、抗えない絶対的な力と、掲げられた勝利に、
目が眩んでしまう兵士達の気持ちが判ってしまったりするんですよね。
まぁそこに当時のリアリティを作り上げているようにも感じました。

忘れるんですよ、人間・・・。
私も映画はアクション物一まとめですよ、頭の中で。
「スパイダーマン」なんて何作まで観たか覚えていません。
多分1しか観ていないような、2も観たような。
ちなみに私の中での殿堂入りは、
「シックスセンス」「ビッグフィッシュ」「メンインブラック」
ですね。譲れません。邦画は・・・後もう一歩です。

「ロードオブザリング」私の周りではとても流行っていましたよ。
なので流行りに飲み込まれるな、と言う微妙な抵抗もあったのかもですが;、
公開が中学生の時だったのでお子様向けの「ハリーポッター」に逃げました。
「ハリーポッター」はなかなかいいですよ。
子供向け、って言うのは認めますし、話が出来すぎている感もしますが、
映画の魔法の神秘的な雰囲気や子役の演技はピカ一ですよ。
ダニエル君は凄いです。個人的にオスメント君も好きですけど。
特に一作目「ひみつの部屋」の監督が一番好きですね。
超大作でありながら、監督がころころ変わるんですよ、今4人目?
なんですけど、その魔法の世界の描き方と言うか、
見せたいコンセプトは変わらないので、戦闘シーンはどれも見ものです。
それにいじめられ軽蔑されていたハリーが、認められるシーンや、
クディッチの優勝シーンは鳥肌ものです。
是非おひまな時に1話から、どうぞ。
映画でカットされている部分もあるので、小説もお薦めです。

「ロードオブザリング」そんなにお薦めなんですか~!
じゃあ、もう一回初めから観てみようかなぁ・・・。
また連ドラになりそうですけど(笑)
長いんですよねぇ・・・確か2時間45分きっかりあった気がします。
映画って2時間45分越えると2作に分けないといけないのですよ、
知っておりましたか?「ハリーポッター」も話を削ってもギリギリです。
先日お話していた「XMEN」も気になっていたのですが、
今度中古店で探してみようと思います♪
弟に貰った旧型PS2が今ごろ大活躍です。

そうそう、現行犯逮捕って一回生で見てみたいですよね。
しかも冤罪事件で(趣味悪い)
自分が逮捕されてみるのも、一生のうち1度くらいならいいかもしれません。

ではでは。

投稿: るい | 2007年3月22日 (木) 10:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/5751305

この記事へのトラックバック一覧です: ■雑談:5日で1本:

« 「あかね空」 山本一力 | トップページ | 「ありふれた風景画」 あさのあつこ »