« 「ありふれた風景画」 あさのあつこ | トップページ | 「ボーイズ・ビー」 桂望実 »

2007年3月22日 (木)

【映画】バッテリー

20070323

すみません、観て来てしまいました(笑)
はい、あんなに忙しいと嘆きながら、
仕事帰りにそそくさと一人映画館へ駆け込みました。
感想は一言、素晴らしい。
正直言ってここまで良いとは思いもしませんでした。
是非観るべきです。小説を読んでいても、いなくても大丈夫。

-----------------------------------------------------------
超自意識過剰少年・巧が甲子園を目指すスポーツドラマ。
親の転勤により田舎町にやってきた天才ピッチャー巧は、
地元の豪腕キャッチャー豪とバッテリーを組む事になった。
新たなパートナーと出会いお互い刺激し合っていた2人だったが、
心のすれ違いが原因で仲違いを起こしバッテリー解散の危機に。
そんな時2人の間を取り持ってくれたのは巧の弟・清波だった。
病弱な清波のために続ける巧の孤独な野球・・・
いつか巧は母親に認めてもらえる日が来るだろうか。
-----------------------------------------------------------

泣いた、泣いた。巧み役の男の子(林君)が完璧な巧を演じていました。
あの巧の心に秘めた辛い思い、野球が出来る喜び、
豪速球をキャッチャーミットで受けてもらえた時の快感。
全ての感情を上手に表情で表現する事で、無口、だけどその分
人以上に色々な思いを、色々な人を考えている少年を作り上げています。
無名の役者にあの、あさのさんの繊細な少年の心は表現できまい、
そう踏んでいただけに、あの演技の素晴らしにまず感動。
ボールを投げる時のキリっとした表情も格好良かったのですが、
投げた後、豪がそのボールをしっかりと受け止め「巧、最高じゃ」と
お互いに笑いあうシーンがとても心が温まりました。
それと清波のシーンも。まさかあの子役(鎗田君)が、
あんなに可愛らしい演技をしてくれると思っていなかったので、
あの病室の所、「兄ちゃん、最後までボール、投げるんか」と、
うわ言の様に清波が呟くシーンで思わず号泣。
ストーリー的には、原作は長いので随分カットされていましたが、
脚本が上手いのか、要所を捉えているので納得の繋がりです。
それと、見事なのは投球です。素晴らしい。
あれ、合成じゃないよね?と思うくらい見事なピッチングを見せる林君。
お陰で笑いあり、キキリと締まるシーンもありの、見事な仕上がり。
今回の全ては子役の子達の演技の素晴らしさで、
仕上がりが格段に上がり、予想をはるかに上回る出来です。
当初は「ちゃんと小説の思いを伝えられるんでしょうね?」と
半信半疑でしたが、むしろした方がいい。
私が映画の方がいいなんて言う作品はあまりないです。

 しかし一つつけるなら・・・まぁ気づかない人も多いでしょうが、
子役さんたち年齢さば読んでます!(笑)
林君は12歳(巧)の役なのに、実際は17歳だし、
鎗田君は9歳(清波)の役なのに、実際は12歳です。
観ていて、「うーん、それにしても凄い球投げるよね12歳・・・」
とちょっと疑って公式サイトを覗いたところ、判明しました。
でもストーリー上、気になりません。むしろ合っている。
あさのさんの背伸びをした少年・巧も、
人を人一倍気遣い心優しい清波も、とても合っています。
どうぞ、大スクリーンで是非。見なきゃ損ですよ?本当に。

公式サイト

*95

|

« 「ありふれた風景画」 あさのあつこ | トップページ | 「ボーイズ・ビー」 桂望実 »

コメント

観に行ったようで^^
私も、あのバッテリーの世界を実写だなんて!とむしろなめてかかっていたので本当にこんなにも満足いく映画になるとは思ってもいませんでした。

しかし・・17歳だったのですか!
あまり違和感がなかったのは、やはり役にはまっていたせいなのかなあ。

私は、巧と豪がバッテリーの解散の危機に陥った時の巧に渇を入れるサワの言葉で泣きそうに(笑)
スーパーカップのアイスの男の子だったんですけどね!あの子(笑)

一つ残念だったのは、キャプテンの海音寺の扱いがかなり脇役だったことでしょうか。
確か原作では、横手二中との試合を取り持つのは海音寺だった気がするんですが・・。

まあそれはそうと、本当に久々に良いものを観た爽快感で一杯です。

投稿: すきま風 | 2007年3月23日 (金) 20:54

>すきま風さん

こんばんわ~
TB&コメントどうもありがとうございます^^*

>私も、あのバッテリーの世界を実写だなんて!とむしろなめてかかっていたので
>本当にこんなにも満足いく映画になるとは思ってもいませんでした。

私もですよ~かなり甘く見ていました(笑)
観たいな~とは思いつつ、あのあさのさんの世界は描けまい!
とちょっと見下した感があったのは事実です。
でも本当によかったです、感動しました。
そして6巻が気になりました。
4月まで・・・私は待てるでしょうか・・・・心配です。

そうそう17歳だったのですよ!
ちょっとビックリですよね。私も目を疑ってしまいました。
でもあの迫力を出すためには丁度良い年齢かも知れませんね。
子役さんたち皆が年のサバを読んでいるので、違和感が無い(笑)
役にもかなりはまっていましたね、キャスティングお見事です。

スーパーカップのCMが思い出せません・・・!
「明治エッセル、スーパーカァプ!♪」の音楽は思い出せるのに・・・。
ファンタオレンジのCMの子かと思ったのですが、違いましたか・・・?
うる覚えなのでよくわかりません。記憶が怪しいです。

海音寺酷い扱いでしたね(笑)
いつの間にか従姉が用立てした、みたいになってましたし・・・。
でもまぁ巧・豪メインで行くと、あぁなりますよね。
沢口たちがレギュラー勝ち取るための努力も省かれてて、ちょっとショック。
それにしても「何で豪にはワシの時みたいに、呼びに行かないんじゃ」
の言葉は良かったですね、泣けましたよしっかり。

久々にもう一回観たいと思いました。
多分観ないですが・・・DVD出たら買うかも。
「きらきら研修医」もDVDほしいんですよねぇ、でも高そう。
「暗いところで待ち合わせ」も楽しみです。
5月25日だそうですよ~買わなくては。勿論、タワレコで(笑)

投稿: るい | 2007年3月26日 (月) 00:48

こんにちは。
バッテリー、そんなに良かったのですか!
今度友達と観に行く予定だったので、ますます楽しみです。
巧役の子、もしかしたら同い年かも?

そうそう、映画といえば『重力ピエロ』。
あれも今度映画化されるらしいですよ!キャストはまだまだ未定だそうですが。
少し複雑な気分です。でもすっごい気になる(笑)。
希望のキャスティングとか、ありますか?

投稿: ふぇるまーた | 2007年3月26日 (月) 10:36

>ふぇるまーたさん

こんにちわ~コメントどうもありがとうございます^^*

バッテリー良かったですよ~。
あさのさんの世界をあんなに素敵に、
そして最後は爽やかに描かれていて私は大満足でした。

>巧役の子、もしかしたら同い年かも?

おぉ!そうかもしれませんね。
でも映画の中ではちゃんと中学一年生になっていますよ(笑)
周りの人たちも若干サバ読んでいるみたいなので、丁度いいです。
観る時は、どうぞお気になさらないでご覧下さい。

>そうそう、映画といえば『重力ピエロ』。
>あれも今度映画化されるらしいですよ!キャストはまだまだ未定だそうですが。

( ̄□ ̄;)!!
そ、そうなんですか・・・私もあんまり嬉しくないかもです。
あのお話は伊坂さんの文章の中でだけ生きているような気がするんですよね、
なんて観てみる前からそう言うのも難ですが;
「陽気なギャング~」はかなり落胆したので、
是非とも原作に忠実であって欲しいですね。
「アヒルと鴨~」も楽しみにしております。これもどうなるか心配(苦笑)

キャスティングですか・・・。
そうですね・・・うーん。
泉水は加瀬亮がいいです。何となく考え込む感じのキャラな気がして。
春はなぁ・・・美形なイメージですよね、錦戸亮?とか。
タッキーもいいかもですが、髪が長すぎるし演技が下手そう(失礼)
そんな感じでしょうか。
でも予想がとても外れそうな気もします(笑)
キャラクターイメージと原作ストーリーは脱線しないでほしいですね。
一歩間違えると、ただ火事が起きているだけになりかねないような・・・。

楽しみなような、楽しみでないような。ですね。
かと言って観に行かないはずは無いのですけれどもね(苦笑)

投稿: るい | 2007年3月26日 (月) 14:04

 大スクリーンじゃないですが(笑)、
 DVDで観ました~♪

 巧役の遣都クン、めちゃ美形ですよね。
 「DIVE!!」も楽しみです☆

 投球は豪速球に見えるように映像&音声で
 演出してるのかと思ってましたが、
 そのままなのですか??
 だとしたらすごすぎますね、遣都クン。

投稿: miyukichi | 2007年10月 8日 (月) 00:17

>miyukichiさん

こんにちわ~お返事遅くなってしまってすみません^^;

「バッテリー」ご覧になったそうで!
私も映画も見ておきながらDVDも買ってしまいました。
初回版を。笑

巧役の林君は森さんの「DIVE!!」もでしたねぇ。
楽しみです。
美形だし。巧みは若干セリフが少なかったので、
今度はどうかしらん、とそちらでも楽しみ♪
そういえば「DIVE!!」は少し前にエキストラを募集してましたよ。

球は…どうなんでしょうねぇ。
でもある程度投げられないと、早くは見えないでしょう。
とか思ったりして。
あの投球はよかったなぁ。
また時間をおいてみようと思います。
先週も一回見たんですけどね。笑

投稿: るい | 2007年10月10日 (水) 17:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/5787414

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】バッテリー:

» バッテリー [No-music.No-life]
===== 「投げろ巧。俺が受けちゃる・・全部、受けちゃる!」 ===== 中学入学を控えた春休み、原田巧は一家で岡山県の県境にある新田市に引っ越してきた。 体の弱い弟・青波の為に、父・広の転勤をきっかけに母・真紀子の祖父・洋三の暮らす空気の綺麗な町に家族で移り住むことに。 巧は野球に選ばれた天才的なピッチャー。 自分の才能には絶大な自信を持つ。 新しい住まいに到着するなりランニングに出かけた巧は、神社で..... [続きを読む]

受信: 2007年3月23日 (金) 21:09

» 「バッテリー」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「バッテリー」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:林遣都、山田健太、鎗田晟裕、蓮佛美沙子、萩原聖人、上原美佐、濱田マリ、米谷真一、大賀、山田辰夫、塩見三省、岸部一徳、天海祐希、岸谷五朗、菅原文太、他 *監督:滝田洋二郎 *原作:あさの..... [続きを読む]

受信: 2007年3月24日 (土) 05:40

» バッテリー [Movie] [miyukichin’mu*me*mo*]
 映画(DVD)「バッテリー」         (滝田洋二郎:監督/あさのあつこ:原作)  バッテリー 特別編 (初回生産限定版) (あさのあつこ書き下ろし小説付)角川エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る  全6巻の原作は、まだ5巻までしか読んでないのですが、  (原作のレビューはコチラ→I、II、III、IV、V)  佳境に至るところまではほぼ読み進んでいたようで、  映画を観ていてもほとんどは  読んだ覚えのあるシーンでした。  岡山の市街地ではない地方の街の風景が  開放感があって、... [続きを読む]

受信: 2007年10月 8日 (月) 00:13

« 「ありふれた風景画」 あさのあつこ | トップページ | 「ボーイズ・ビー」 桂望実 »