« 【映画】檸檬のころ | トップページ | 「あかね空」 山本一力 »

2007年3月17日 (土)

「フリクリ1」 榎戸洋司

200703171_1 

久しぶりにファンタジーが読みたくなり、「フリクリ」を読んでいます。
懐かしいなぁ、買ったの中学生の時ですよ。
実はコレ、アニメの方が格段に面白い。
いや、でも小説も私が読んだアニメ系小説の中では3本指に入るんですけど。

高校生マミ美とイケナイ関係を続けるナオ太。
そんな時、2人の前にべスパを乗り回す非常識女が現われた。
女は突然やってきたかと思うと、
担いでいたギターでナオ太の頭を思い切り叩いたのだ。
家に帰り眠れない夜を絶えていると、殴られた額が疼く。
思わず鏡で額を確認すると、そこからは「角」が生えていた。

戦隊ものかと思いきや、違う、違う。
フリクリこと、「フリクトニク・クリップルウェーバー病」要するに
思春期心因性自己完結皮膚硬化症の話。なんて嘘っぽいんでしょう。
しかしながら、少年や少女の悩みを具現化、やっつけちゃえ感たっぷり、
まさにアニメを狙い作られたと言っても過言では無いお話でございます。
頭からロボットが出てきたり、電磁波やなんかを扱えちゃうギターを
振り回す女が出てきたり・・・と非現実的でありながら、
地の部分では、いじめに耐える少女の葛藤や、
精神だけ大人びた男の子のジレンマを優しく描いている。
幼いながら強く生きる彼らに、はちゃめちゃワールドがプラスされ、
まさにガイナックスだよね、的な展開が広がります。
話的にはエヴァンゲリオンより格段に良いと思います。
完結するし・・・(禁句事項?)
まったりと、だけど少しマニアックさに浸りながら読みたい時にお薦めです。
ちなみに3巻まであります。

★★★☆☆*83

|

« 【映画】檸檬のころ | トップページ | 「あかね空」 山本一力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/5726851

この記事へのトラックバック一覧です: 「フリクリ1」 榎戸洋司:

« 【映画】檸檬のころ | トップページ | 「あかね空」 山本一力 »