« 「暗いところで待ち合わせ」 乙一 | トップページ | 「さびしさの授業」 伏見憲明 »

2007年2月26日 (月)

「陽の子雨の子」 豊島ミホ

陽の子雨の子 陽の子雨の子

著者:豊島 ミホ
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


ちょっと抽象的過ぎたんじゃないか・・・と思わなくも無いですが。
この読後の爽快感は「やっぱり読んでよかったかも」
と思わせる豊島さんの魅力的な力が隠れていると思う。
決して表舞台ではない裏の世界での葛藤を、どうか気づいてよ・・・!
と訴えかけられます。やっぱり「底辺女子高生」読んでから読むべきですわ。

幸枝が夕陽と言う男子を連れて来た時、
何故かそいつがあの日の俺であるような気がした。
そう、何もかもが嫌になって家出をし、幸枝に拾われた日の俺だ。
育った環境とかけ離れた世界へ一歩を踏み出す時の恐怖心が、
夕陽の言う、灰色の点々が隅から集まり迫り来る感覚だろう。
4年前を思い出し懐かしさに耽りながら、
俺はあの日を後悔しているだろうかと考えるけれど、
ふとした瞬間に、今の俺は彼女の笑顔ばかりを追いかけているのだ。

伝えたい事がよく判らないあらすじになりましたが・・・。
この話は、夕陽と聡と言う2人の視点によって、
幸枝と言う一人の女性が描かれている作品です。
あまりにも傷つきすぎた過去を隠して、普通を装いながら、
それでいて自分の存在意義を、何かしら掴みたいともがく儚さ。
自分は特別なんだ、と地団駄を踏んで、
でも叶う事の無い思いにまた同じ過ちを繰り返す。
何で私だけ幸福を望む事が許されないの?
と絶望する私(幸枝)をどうか励まさないで、傍にいてくれませんか。
そんな思いを夕陽とそして聡から感じる事が出来る。
悲しいと言うよりは哀しい。
でも、それだけではなく、涙を堪えながら微笑んでいる幸枝を、
そっと見守りたいと思う、そんな話。
全体的には何となくだらだら感と、現実的にありえないでしょう、
と言うちょっと身を引いた気持ちになるのですが、
中盤からラストにかけて幸枝の気持ちを理解するに従って、
徐々に惹かれて行く自分がいました。
しかしながら、別に短歌でなくても・・・といいたい気もします・・・。
どちらにしてもラストがとても好きでした。

★★★☆☆*87

|

« 「暗いところで待ち合わせ」 乙一 | トップページ | 「さびしさの授業」 伏見憲明 »

コメント

読まれましたか^^

この作品は、どうしても幸枝に感情移入が出来なくて疑問に感じた事が多かった作品です。

まあそこが豊島さんらしい話でもあったのですが、檸檬のころの次の新作だったので余計にそう感じたのかもしれません。

トラバが上手くいかず、ダブってしまって申し訳ないです!

投稿: すきま風 | 2007年2月27日 (火) 22:17

>すきま風さん

こんばんわ~♪
コメント&TBどうもありがとうございます^^*
TBあとで直しておきますね~お気になさらず。

読みました、読みました。
うーん、本当私も実質的に小説では「檸檬のころ」の次に読んだので、
何となくガッカリな感じもしなくもない・・・。
確かに幸枝に正面から感情移入は無理かと思われます(苦笑)
だって、未成年軟禁&淫行をしたい、とか、なんで短歌なの、とか。
その気持ちの表現も過激すぎるというか、極端と言うか・・・。
その点、聡と夕陽は何となく判りましたけどね。
(だたちょっとだらだら続く感が嫌でしたが・・・)

でも、「何で私だけ幸福を望む事が許されないの?」
と言うあたりの気持ちが込められているところが、
「底辺女子高生」の時の豊島さん的な感じがしました。

私的に、最後の幸枝の笑顔は好きだったんですけどね~。
うーん。
でももうちょっと違う豊島さんも見てみたい気がする。
「エバーグリーン」は大丈夫でしょうかね、楽しみです♪

投稿: るい | 2007年2月27日 (火) 23:39

この作品は、結構ファンの方でも賛否両論だったのかもしれませんね。

他の作品は、ここまで極端ではないですからね。

この次の「夜の朝顔」は、また違った趣のある話(小学生が主人公で、少しずつ成長していく物語なので、懐かしく読めましたし)ですし、「エバーグリーン」は10年前の約束がモチーフになっているので期待してもらって大丈夫かと。

本貸しますね。
ぜひ読んで見て下さい。

今年もまた新刊が出る予定があるみたいなので、楽しみにしているのです。
今月刊行される、アンソロジー?(短編集)に豊島さんの作品が載るようなので、楽しみです。

投稿: すきま風 | 2007年2月28日 (水) 21:53

>すきま風さん

こんにちわ~コメントどうもありがとうございます^^*

賛否両論ですか~と、言う事は絶賛なさっている方もいるわけかぁ。
うん、でも判らなくもないですけどもね。

「夜の朝顔」は予約してあります♪
そろそろかなぁと思うのですが、待ち遠しいです。
主人公小学生なんですか!
ちょっとイメージできませんが、そんな豊島さんの文章も楽しみかも。
「エバーグリーン」も楽しみです「10年前の約束」が凄く気になります。
豊島さんの文章は、実際に体験したわけではないのに
何故か過去を振返っているような懐かしい気分にさせてくれますよね。
期待しておきます^^*

本、ありがとうございます~こちもらあるものでしたらお貸しできますので。
あとで一覧作成しますね。
エクセル添付でいいですか・・・?(笑)

アンソロジーっていいですよね。
色々な人の読めるし、好きな文章を書く方発掘できるし・・・
と言いながら中篇~長編の長さが好きで、つい単独本ばかり買ってます。
今度豊島さんのその本と、伊坂さんが出てる本買ってみようかなぁ~
と思います。楽しみですね。

投稿: るい | 2007年3月 1日 (木) 09:52

今日お手紙と例の物(この場合、プ○クラを差す・笑)が届きましたよ!

ありがとうございます^^

そうそう。エクセルを添付するのか?と一人で笑いをこらえていました。
でも、表にしたらきっと見やすいですしね?笑

豊島さんの読まれていない本や予約していない本などありましたら、貸しますので言って下さいね。

地元の図書館は、青空チェリーと日傘のお兄さんという初期の本しか置いていないんですよ・・。もう全部揃えましたけどね。。

私的には、「夜の朝顔」は結構好きだったんですよ。
あと「エバーグリーン」の甘酸っぱさも素敵でした。

アンソロジーも、当たり外れはありますが面白い作品に出会えたりしてお得だし嬉しいんですよね☆

投稿: すきま風 | 2007年3月 5日 (月) 18:03

>すきま風さん

こんばんわ~コメントどうもありがとうございました^^*
ヤフーの方レス遅れてしまってすみません;

無事届いたようですみません;
そう言えば送ったとメールで言えばよかったと、今更後悔しておりました。
すみません、休日出勤で捻くれてて、気が利かず・・・(笑)

そうそう、エクセルでよかったですかね?(笑)
メールでそのまま送ると見難い上に、
変な所で折り返したりしますしね、イライラしますよあれ。
明日(今日)作って送りますね~。
エクセル・・・よく考えたら久しく使ってませんよ(苦笑)
機能をちゃんと覚えているか心配です^^;

「青空チェリー」は予約してあります。
多分そろそろ借りられるんで大丈夫です!
「日傘のお兄さん」は普通の貸し出しコーナーに置かれていたのですが(!)、
あろうことか、先日貸出量がめいっぱいで借りれませんでした(涙)
明日図書館行こうと思っているので、借りられると思います・・・!
「夜の朝顔」も予約したと思います、ので大丈夫です^^*
何だか私の行く図書館は取りあえず新刊が出ると死ぬほど予約が入ります。
皆他の本読み尽くしちゃったんでしょうかね・・・?と思うほど。
この間なんか、すきま風さんのレビューの「夢を与える」を見て、
読みたいな~と思い予約を入れたら、まだ本が用意されていないのに、
40件近く先客がいて、ひょえ~って感じでした(笑)
先日貸し出し始まったようですが、多分、今や100件を越えているだろうと。
怖い、怖い。新物好きなんでしょうねぇ。
ある意味ミーハーなのだろうか?かく言う私も・・・。

豊島さん楽しみにしております♪
「檸檬のころ」も何だか最近もう一度読みたくなりました。
でも今読んじゃうと、映画とのギャップにショックを受けるだろうか?
と思って、自粛しております(笑)
映画の余韻で読むのもいいかなぁ~なんて。

投稿: るい | 2007年3月 6日 (火) 00:38

こんばんは!

映画の時間が、未だにアップされませんね・・。
時間が決められなくて苛々!

私も、映画を観る前に檸檬のころを読み返そうかと思ったんですよ。
でも、敢えて映画の後に読み返してみるのもいいかも?
なんて思いました。

豊島さんの本が、図書館にそんなに置いてあるなんてうらやましいです。
地元の図書館に苦情を入れたい位においてないですからね・・。

ではとりあえず「エバーグリーン」と・・あと「ブルースノウワルツ」は読まれましたか?

エクセル(笑)を作成しようと思っているのですが、すいません。また明日面接なのでその後に作りますね!
どうにも気持ちに余裕がなくなってしまうんで・・。

それにしても、るいさんのプ○クラ・・若さを感じました。
そして、少し元気になりました。ありがとうございます(笑)

投稿: すきま風 | 2007年3月 7日 (水) 22:07

>すきま風さん

こんにちわ~!コメントありがとうございます^^*

さっき見てきたら、時間出てました!
10:35、13:00、15:30、18:00
だそうですよ~どうしますか?
私は9日の夜には栃木に帰る予定でいるので、何時でも大丈夫です♪
映画と言ったらポップコーン食べたいなぁ、とか思っていたのですが、
何やら虫歯が出来たらしく、昨日から歯が痛いです。
今日は夜歯医者・・・毎年春は歯医者に行っている気がします(涙)

そうそう、映画の直前には読むべきではないですよね。
私も「夜のピクニック」でそれを感じました。
最後に大切な一言があったのですが、主人公がその言葉を言わず
終わってしまい、「何で言わないの!」と叫びたくなりました。
私も映画終わってからじっくり読みたいと思います。

何だか、うちの図書館は特別品揃え良いみたいですよ。
区内の小学校が併設されている大規模なところなので、量も質もなかなかです。
でもその代わりいっぱい借りられているから、本はボロボロですよ(苦笑)
10年前くらいの本は全て書庫行きで、探してもらうのも一苦労。
あまりに汚らしいので、借りたのに読む時はカバーを付けずには読めません。
(微妙に潔癖症もあるのかもしれませんけど・・・)

「ブルースノウワルツ」ないです・・・!図書館にないです!!( ̄□ ̄;)
よろしければ、貸していただけると嬉しいです^^*

すみません、私も母が来たり、運ばれたり(日記参照・・・)とか
わたわたしていて作れてません(>△<)
何か読みたい本があったら、ダイレクトに書いて送って頂けると嬉しいです。

プリクラ・・・あれは高校卒業当初です。
およそ2年前。今はもうちょっと老けてますよ( ̄^ ̄)
すきま風さんを元気に・・・!!プリクラも捨てたもんじゃないですね(笑)
こちらこそ元気を頂いております^^*

今日はR25が取れなさそうな予感・・・;
ごめんなさい~。

投稿: るい | 2007年3月 8日 (木) 13:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/5502426

この記事へのトラックバック一覧です: 「陽の子雨の子」 豊島ミホ:

» 陽の子雨の子 [No-music.No-life]
===== 思いがけない夏が、いま始まる。 ===== 私立の男子中学に通う夕陽、24にしては幼く見える雪枝、15で雪枝に拾われて4年になる聡。 「アンタなんか捨てちゃおうと思うのよ」 それなりに幸せに生きてきて、家庭にも学校にも特に不満などなく過ごしてきた夕陽・14歳。 幼い頃、家族の愛に満たされずに生きてきた雪枝。今は祖母の残してくれた家に住んでいる。 その雪枝に偶然拾われた聡。雪枝に拾われた15歳の時から、外..... [続きを読む]

受信: 2007年2月27日 (火) 22:03

« 「暗いところで待ち合わせ」 乙一 | トップページ | 「さびしさの授業」 伏見憲明 »