« ●作者分析企画について | トップページ | ●作者分析「Vol.1:伊坂幸太郎」 »

2007年1月11日 (木)

「檸檬のころ」 豊島ミホ

檸檬のころ 檸檬のころ

著者:豊島 ミホ
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する


いや~「底辺最高!!」とか叫んでもいいですか(笑)←読んだ方は判る
うん、まさに私の青春はこんな感じでした。
えぇ田舎の僻地で、然程目立つ事の無い青春生活。
豊島さんも年齢近いみたいで親近感わきますし、感動する。
今ゆっくり振り返ってみたら確かにレモンの香りがするかも知れませんね。
今まで私の中にあった高村光太郎の「レモンをガリリと噛んだ」から、
レモンの香りのリップクリームに変わるかも、なんて。
願わくば長編が良かった・・・かな。短編です。

身を焦がすようなめくるめく出会いとか、心が惹かれあう衝撃的な恋とか、
そんな明るいスポットライトには決して当たらない、地味な青春時代を描く。

「ルパンとレモン」
俺の頭の中・・・
中学校最後の野球の大会、バッターボックスに立った俺の後ろからは、
秋元が指揮をするルパンのテーマが流れている。
同じ高校を目指すと言うのを口実に、俺たちは何かと一緒にいるようになった。
2人で過ごした時間、2人で歩いた道、秋元から香るレモンの香り。
あんなに鮮明に思い出せると言うのに、今、秋元は俺の隣にはいない。
こんなに胸が痛むのに、俺はレモンの香りと共に彼女を忘れなくてはいけないのだ。
そう、俺はルパンばりにクールなのだから、決して泣きはしないけれど。

あーダメだ、過去を思い出しすぎる・・・。
あまりに私に近いところを突いてくれるから、
思わず溢れるほどの思い出が飛び出してきてしまう。
あまりの自分の情けなさに思い出したくないのだけど、
なぜか西を見ていると、レモンの香りと共に温かい風が心に吹いてくるようだ。
その時の自分のふがいなさ、今考えれば「あの時ああ言っておけば」
と思うのだけど、記憶の中の自分の足は動いてくれない。
ただ、今の心の中にはツンと刺す痛みだけが残っていて、
それと共に秋元の柔らかい表情が、アルバムのように頭の中を駆け巡っている。
西を見ていると、不器用にじたんだを踏むその姿が、切ない。
多分、自分の方へ向いてくれている秋元に安心しすぎているだけで、
自分がどれだけ彼女を思っていたのか気づかなかったのだと思う。
失くしてから気づく、大切な物。
ありがちだけど、その大切な物の形はそれぞれ違うし、
全ての物が元に戻るわけなんてないのだ。
思い出すたび、響く胸の痛みと、漂うレモンの香りをどうしたらよいだろう?
そんな青春・・・そんな一言では括れないのだけれど、
思春期の揺れ動く繊細な心が美しく描かれている。
個人的に、その後の「雪の降る街」には耐えられなかった。
希望が無いとはわかっているけれど、それでもまだどこかで期待していて、
もう彼女の中に西はいないのだ、過去になってしまったのだ、
そう思っただけで、移り変わる気持ちの儚さが深くしみこんでくるようだった。
話の展開が私が今まで読んだ中にない感じの作家さんで、とても良かったです。
映画化楽しみだけど、動画になって欲しくない気もします(苦笑)

★★★★★*95

すきま風さん、くろさん、お薦めありがとうございました^^*

|

« ●作者分析企画について | トップページ | ●作者分析「Vol.1:伊坂幸太郎」 »

コメント

早速読まれたようで・・嬉しいです!

まず、この作品から豊島さんを知った自分なのでこれを薦めない訳にはいきませんでした(笑)
「ルパンとレモン」は勿論・・何より「ラブソング」がもうめちゃくちゃ自分!?と思った位似ていてびっくりしました。

この二作が映画化するみたいですが・・。
俳優陣にあまり納得がいってません。どうなるんだろう?
でも観にいってしまいますが・・。

豊島さんのこの「地味な人なり」の物語の原点が、初エッセイ「底辺女子高生」でよく分かります。

このエッセイを読んだら、また「底辺最高!」と叫び出したくなることは間違いありません。
そんな自分も底辺でした。

投稿: すきま風 | 2007年1月12日 (金) 21:54

偶然ですね!すきま風さんと一緒です。
私もこの作品が初・豊島さんでした。これでガツンと豊島さんに引き込まれて、今ではもうすっかり大好きな作家さんに。

私も、かつての自分と重ねて読んでしまう部分が多々あって、その胸の痛むことといったら!ちなみに、私の一番のお気に入りの豊島作品は「エバーグリーン」なのですが、こちらも胸が痛い痛い(汗)機会がありましたら、こちらもぜひ!

投稿: くろ | 2007年1月13日 (土) 21:12

>すきま風さん

こんばんわ!
コメント&TBどうもありがとうございます^^*

>まず、この作品から豊島さんを知った自分なので
>これを薦めない訳にはいきませんでした(笑)

本当、お薦めいただいて大満足の作品でした^^*
どうもありがとうございます。
楽しかったですし、何より過去を檸檬色に思い出すことが出来ました。
私もどしどしお薦めしようと思います。
人はそれぞれ違う過去を持っているかもしれませんけども、
この本で思い出しあの頃の余韻に浸ることができる。
そんなことって素敵だなぁ、なんて思っておりました。

すきま風さんのあの頃は、「ラブソング」だったのですねぇ、素敵な青春です^^*
と、言う事は、その事からバンドがお好きだったんですね。凄い。
好きな子に書いた歌詞を、その好きな子が歌う・・・。
考えるだけで胸が高鳴ってしまいますね!
なんて、私はおばさんのような意見しかいえなくて申し訳ないのですが(苦笑)
私も「ルパンとレモン」が一番似ていました。
別に野球部でもなかったのですが、あの絶妙な変わりゆく気持ち?みたいなのが、
「はい!はい!それ私の気持ちです!!」と言いたいくらいでした(笑)
あの頃の彼に成人式で会いましたけど、まだ上手く笑えませんでした。
そんな事を考えていた時にこの本を読んだので、
自分の言いたい事をこうして本にしてくれているようで、感激でした。
途中で痛すぎて読みたくなくなったりしたのですが;、
でも読んで何故か「あぁ幸せだ」と思いました。
お互いいい思い出ですね♪忘れないように心にしまっておこうと思います。

おぉ!この2作なのですね、確かに繋がっていますしね。
読んでいる時、短編だと気づいて、どれが映画になるんだろう?と、
もんもんと考えていました。
キャスト・・・私も微妙だなぁ、と思っていたところです。
うーん、知らない人ばかりだし、イメージがいまいち湧きませんでした。
と、言いつつ観に行ってしまうでしょうけどもね(苦笑)
貰ってきたチラシにありましたが、栃木県内は3/3~ロードショーらしいです。
しかももう県民限定チケット発売しているみたいでした;
この間買っておけばよかったかも・・・!!と後悔中。
今度買ってこようと思います、すきま風さんもどうですか?
栃木でご覧になるようでしたらチケット買って参りましょうか・・・?
まだ販売していれば、ですが、一般は1000円のようです^^*

エッセイ「底辺女子高生」、挑戦してみようと思います!
エッセイ・・・あんまり読まないのですよねぇ・・・(うじうじしています・笑)
でも「檸檬のころ」であれだけ共感できた作者さんですので、
こっちも楽しく読めるはずだと思います!
ブログもあるのですね、そちらも今度覗いてみようと思います^^*

お薦め、本当にありがとうございます!
また何かありましたら、プッシュして下さい^^♪
まずは、「底辺女子高生」を、チャレンジしてみますね。

投稿: るい | 2007年1月13日 (土) 22:55

>くろさん

こんばんわ!
TB&コメントどうもありがとうございます^^*

初めて読んだ作家さんなのに、心をぐっと掴んでくれる。
それって結構凄い事ですものね。
しかも、違う過去をもった人であるはずなのに、
いつの間にか共感を覚えてしまう、不思議な文章力がありますね。
私もまだ1冊目ですが、大好きな作家さんになる予感がしてなりません。
少しずつですが、豊島さんの本読んでいこうと思います♪

>私も、かつての自分と重ねて読んでしまう部分が多々あって、
>その胸の痛むことといったら!

本当、私もです。
登場人物が心を痛めるたびに、私の胸もチクチク痛むようでした。
ついね、過去を思い出してしまいますよね。

「エバーグリーン」ですか!
あの表紙に体育座りの子が描かれている本ですね。(写真?)
早速図書館で予約してみようと思います。
これから沢山、豊島さん読めたらなぁ、と思います。

投稿: るい | 2007年1月13日 (土) 23:06

こんにちは。

え!?チケット買って来て頂けるんですか??
自分が、結構愛用している栃木某市の映画館で先行上映するというのはネットで調べて知っていたんですが・・
もう売っているとは!

その日が仕事なのが痛いですが、遅くなったって観に行く!と決めています。

・・自分の青春時代は「ラブソング」のように淡い恋なんてなかったですが・・。音楽に生きた青春だけは近いものがありました。
どちらかと言うとエッセイ「底辺女子高生」に私はデジャヴを感じました(笑)

エッセイなんて、自分が最も苦手とする部類のベスト3に入るんですが、改めて読み返してみたらページをめくる手を止められませんでした。
それほどに面白くて情けないようで、だけどほろりとする底辺だった青春時代を描かれているんですよ!!
騙されたと思って読んでみて下さい。
後悔はしないはずです(多分。笑)

投稿: すきま風 | 2007年1月14日 (日) 11:46

>すきま風さん

こんばんわ!
コメントどうもありがとうございます^^*

チケット・・・ご迷惑でなければですが;
と言うか、まだ売っているかどうか調べたほうが良さそうですね。
確かに・・・正月に家族で「敬愛なるベートーヴェン」観に行った時に、
でかでかとポスターが貼ってあったのですよ;
と言うことは、たぶんあの時もチケット売っていたようです。
場所により12/9~みたいな事がチラシにはあるので、
もしかしたら、もう終わってしまっているかもしれません;
悔しい限りです>△<
取りあえず、母にでも見て来てもらおうと思います。
先日「武士の一分」を観ると張り切っていたのでその時にでも・・・。

>音楽に生きた青春だけは近いものがありました。

なんだかカッコイイですね!!
私もクラシックですが・・・音楽に携わっていましたが、
やっぱり学校祭とかで行われる、軽音楽部の軽快な演奏には憧れていました。
まぁ私の高校は女子高だったので、思い切りゴシックか、パンクか・・・
そのくらいしかいなくて、純粋にロックを愛していたのかは判りませんけど;
それにしても高校生の時は、駅の前で弾き語りしている同じ歳くらいの子に、
凄いなぁ夢持ってんだなぁ、と感心したものです。

そうそう、「底辺女子高生」図書館で探してみたのですが、無い!!
検索もかけて係りの人に聞いたのですが、無いって・・・無いって・・・(涙)
これはもう買うしかありませんよね!
大丈夫、すきま風さんのお墨付きも頂いてますし、
明日は久しぶりに本屋さんに行って本を買ってこようと思います^^*
最近図書館に入りびたりで、本屋さんにめっきり行かなくなりました・・・;

>エッセイなんて、自分が最も苦手とする部類のベスト3に入るんですが、
>改めて読み返してみたらページをめくる手を止められませんでした。

おぉ!!心強いお言葉です!!
私、エッセイはワースト1ですよ・・・(ホロリ)
エッセイ読むくらいなら、持ち出し禁止の古文書読めと言われた方がまだ・・・。
なんだかダメなんですよ・・・きっと私の心のどこかで、
「人の人生なんて」と卑屈に思ってしまう、嫌な部分があるのでしょうね。
でも、ほら、最近はだいたいどんな小説でも楽しめるようになってきたし!
と自分に渇を入れて、読んでみようと思います。
豊島さんですしね、私も共感を得られる部分が少なからずあるのでは、
と思わずにはいられない・・・というのもありますしね。
ということで、私、しっかり騙されます!!(笑)
読んだら、どうぞまた共に「底辺最高!!」と叫ばせて下さい。

投稿: るい | 2007年1月15日 (月) 01:27

こんばんは。

全然迷惑じゃないですよ!
むしろ嬉しいです。

もしあったら・・教えてくださるだけでも嬉しいですし。

図書館においていないんですね・・。
勿論私の地元にも置いてません。2冊しかありません。
しかもそのうちの1冊は、ずっと誰かが借りていて読めてません・・。返せ!って感じです(笑)

「底辺女子高生」は、文庫なのでリーズナブルですし・・エッセイというより、日記です、これは。

改めてもう一度読み直してみましたが、やはり面白くてすぐに読み終わってしまいました。
この本が私の中で去年のNO.1ですね、個人的に。

また今年も単行本の発売予定があるみたいなので、今から楽しみです。

・・音楽に青春・・と言っても、聴くのと見つけるの専門でした。
皆が聞かない良質な音楽を発掘して、聴くっていう。

でも、クラスで地味~な男子が文化祭でいきなりギターをべらぼうに上手く弾いていたのを見たら惚れそうになりましたね。
それくらい私の中では、バンドマンは高貴な存在なんです(笑)
もっと早く始めてれば・・と後悔していますよ。

投稿: すきま風 | 2007年1月15日 (月) 21:36

>すきま風さん

こんばんわ!
コメントどうもありがとうございます^^*

喜んで頂けるのであれば、こちらも嬉しいです♪
そうですねぇ、今週中には買って来れそうです。
どのみち私も土日にまた栃木に帰らなくては・・・なので。
(車の名義変更とか・・・実印登録とか・・・気が重い;)
チラシには、「県民限定チケット」が終了したら、
通常の「前売りチケット(1200円)」になると書いてあります。
県民限定のは住所調べられそうですが、
普通の前売りチケットなら県外の方でも大丈夫そうですよね。
でも、あれか、きっと3/3に観れなくなっちゃうのかもですね;
とりあえず、まだあれば越した事ないですが・・・!
後ほど情報入れますね^^*

今日大型本屋に行ったのですが、「底辺女子高生」ありませんでした;
意外にないんですよねぇ、でかい本屋は小部数物が・・・。
明日会社の近くの本屋に無かったら、予約でもしようと思います♪
そうそう、リーズナブルですよね!
ハードなのかと思っていたら、500円位だったのでビックリでした。
日記ですか!でも日記ならエッセイより親しみやすいかも、なんて。

>改めてもう一度読み直してみましたが、
>やはり面白くてすぐに読み終わってしまいました。
>この本が私の中で去年のNO.1ですね、個人的に。

凄い高い評価ですね!気になります>△<
あんなにブーブー言っていましたが、なんだか楽しみになりました!
明日あればいいのですけれども^^;

>でも、クラスで地味~な男子が文化祭でいきなりギターを
>べらぼうに上手く弾いていたのを見たら惚れそうになりましたね。

あぁ判る気がします(笑)
ギターもそうですが、私は個人的にボーカルの甘い声に弱い・・・(笑)
なんかねぇ、反応しちゃうんですよね。
最近のクリティカルヒットはAqua timesの太志の声あたりです。
あれは危険です。すでにアルバムも買ってしまったし・・・。
バンドマンは永遠って事で!私も手放せない物の一つですね。
後悔もありますけど、愛の深さで補いましょう・・・!!
とか臭い事言ってみたり・・・(笑)

投稿: るい | 2007年1月16日 (火) 01:39

バンドマンは、永遠・・確かにそうですね。
普通に地味系男子がギターを持っているのを電車とかで見ると、いきなり見る目が変わってしまいます。
乙女の目に・・(笑)

『底辺女子高生』が、大型本屋でもないなんて!!悲しい!
私の方は、何故か地元の本屋でも売っていましたよ。
家の近くの。

ぜひ手に入れてもらいたいです。
期待かけといて駄目だったらどうしよう・・とだんだん不安になってきました。

豊島さんのエッセイにほれ込んだ私は、都心に置いてあるフリーペーパー「L25」にまで手を出し、確実に手に入れる為定期購読をしている始末です。
「やさぐれるにはまだ早い」というエッセイを書いているのですが、こちらも面白いです。
ちなみに・・吉田修一さんと交代で連載しているんですよ!

チケットは、県民限定と前売りがあるんですか!
何だか色々あるんですね。
一般公開は3月末だった気がするので、仮に県民限定がなくなっていたとしても前売りでも大分助かります。
すいません・・色々ご迷惑をお掛けして。
とてもありがたいです。

投稿: すきま風 | 2007年1月16日 (火) 18:09

>すきま風さん

こんにちわ!
こちらにもコメントどうもありがとうございます^^*

>普通に地味系男子がギターを持っているのを電車とかで見ると、
>いきなり見る目が変わってしまいます。

あぁその気持ちもよ~くわかります(笑)
なんだか楽器を弾けるんだ!と言うだけで輝かしいものがありますもんね。
乙女の目は大切ですよ~。
一目惚れ?って一度してみたい気もしなくもない。
それは一目惚れとは言わないかな;

「底辺女子高生」買えました!!
会社の近くの小さ目の本屋さんに1冊だけ!!
エッセイらしくなく売っていたので、ビックリでした。
そんでもって読んでしまいましたよ・・・・。
もうちょっと我慢しておけばよかったかも、
とこれから試験を控えながら反省しております。
でも内容はめっちゃ面白かったです!!
まさに底辺だ・・・!!
思っていたよりもさらに底辺で、
「豊島さんスゲー」とか、変なところである意味感動していました。
よくぐれないで育ちましたよねぇ、とか(苦笑)
いろいろ考えさせられる所とかあって、
「私もあの頃はそう思っていたなぁ」と懐かしく思いました。
あと随所に「檸檬のころ」の断片が見えて、
これはあの豊島さんの経験あっての本なんだなぁ~と思うと、
一層「檸檬のころ」の主人公達が輝いて見えるようでした。
是非大量出版をお願いしたい本ですね(笑)
高校のうちに読んでもらえれば、いじめ自殺とか減るんじゃない?
とか半ば本気で思いました。
感動は後ほど・・・よろしければ目を通してやって下さい。
TBもお邪魔しますね~♪

L25に載っているんですか!!
私の出勤ルートにはR25しかないんですよねぇ;
しかも定期購読(笑)
凄い・・・!!と言うより「できるんだ?!」の方がビックリ!!
私もほしいなぁ、定期購読しちゃおうかな。
しかもしかも、吉田さんと交互、って言うのも魅力の一つですよね。
吉田さんのエッセイ?気になります。
あんまり「あとがき」を目にしませんし;
私も定期購読本気で考えます(笑)

チケット色々あるみたいですね;
ややこしい。
何かプレミアムでグッズとか付いていたらうれしいなぁ~
なんて思いましたけど、それはなさそうですね。
檸檬のリップクリームとか欲しかったのに(笑)
そう言えば、もしあったら何枚必要でしょうか?
心配でしたら、後で携帯のアドレスでもお知らせしておきますね^^*

チケットのためにも早く土日にな~れ!って感じです。
が、そのためには後期試験と言うエベレスト山脈を突破せねば・・・。
単位のスライディングキャッチ頑張ります( ̄□ ̄)b

投稿: るい | 2007年1月17日 (水) 16:19

こんばんは!

底辺女子高生をようやくゲット出来たということで、私まで嬉しくなりました。
しかも、既に読破済なところがさすがです(笑)

気に入って頂けてお薦めしたかいがありました。
エッセイっぽくなかったでしょう??笑)

L25は、茨城人の私にとっては定期購読しかなかったんです!!
ちなみに吉田修一さんのはコラムというか?エッセイなんですかね?
海外での色々な体験を綴っていらっしゃるんですが、考えさせられたりためになる事が書かれていて凄いです。
豊島さんのエッセイは、相変わらず面白いですよ★

チケットですか・・
誰か一緒に行ける人がいるか分からないし、仕事帰りになってしまうのでとりあえず一人で乗り込もうと思ってます。
ので、一枚で大丈夫ですよ!

というか、お金とか色々あるのでもしチケットが取れたら後々連絡取り合いましょう。
任せっきりで申し訳ないです!!

投稿: すきま風 | 2007年1月20日 (土) 21:20

>すきま風さん

こんばんわ!
こちらにもコメントどうもありがとうございます^^*

「底辺女子高生」は私が迷わず即買いした初めてのエッセイです(笑)
止まりません、この魔力は凄いですよ。
一度はまったら抜けられない・・・魔力なのか、
それとも猪突猛進になる私の悪い癖なのか・・・分りませんけども。うふふ
そうそう、エッセイっぽくなかったですね!!
なんて言うか、エッセイって言うと、自分の人生生い立ちをつらつら書く、
ってイメージがあるのですが、これは事件の真相(笑)、そんな雰囲気が。
豊島さんの「あの時はあんな事しちゃってさ」と言うような語り口が好きでした。
いい才能ですよね、そして是非もっとたくさん読ませて頂きたい。
むしろ「底辺」では無い部分もしりなくなる、そんな作家さんですね。

そうか!茨城にはないのですね;L25・・・。
そりゃそうですよね、栃木なんてもっと・・・;
「フリーペーパーって何?」とか思っている人間多そう(笑)
定期購読しようかなぁ、私も、と考えていたのですが、
会社からちょっと歩く本屋さんに置いてあるようでした!!
とりあえずバックナンバーを注文して、あとは1、15日は昼休みダッシュです!
豊島さんの相変わらず面白いエッセイ読みたいです!!(笑)
吉田さんも気になりますよねぇ、コラムか。
俄然ダッシュ欲が沸きました。
もっと早くに設置場所に気づいていれば・・・!!
月曜日に15日号が残っている事えお願っておきます。

チケット買えましたよ!!バッチリです。
私の運転で両親を約30分恐怖のドライブに付き合わせ、買ってきました(笑)
(TOHOシネマズに行きましたが、いついってもあそこはデカイです・・・。)
「残りわずかです」と書かれていたので、結構ぎりぎりだったのかも;?
チケットどうしましょう、ご都合がよい時に送りますよ♪
kqxqn358@yahoo.co.jp ←メールです。
こちらにご連絡頂ければ、携帯のメールで折り返しますので^^*
お金・・・そうですね、為替・郵便振替・みずほ・東京三菱・・・
あたりでしたら、どれもOKですのでお気軽にどうぞ!
むしろ、現地集合で一緒に観る、も候補に入れますか(笑)
お暇な時にご連絡下さい^^*

投稿: るい | 2007年1月21日 (日) 02:19

るいさんこんばんは!
すいません、折角アドレスを教えて頂いていたのに・・今週は面接だなんだでバタバタしていて、ようやく終わったので戻ってきました!

後ほどメールにご連絡しますね☆
それにしても・・チケットが取れたなんて!嬉しいです。
本当にありがとうございます!

いつでも送ってもらって構わないですし、むしろお金がかかってしまっているので申し訳ないですが・・。
現地集合で一緒に観るって、いいですね(笑)いや結構緊張してきました。

「底辺女子高生」を気に入って頂けて嬉しいです。
そのせいか?
るいさんのヤフーのブログの日記も、「底辺女子高生」仕立てな感じで物凄く面白いです。
これからも楽しみにしていますね!

投稿: すきま風 | 2007年1月26日 (金) 21:59

>すきま風さん

こんばんわ~!
コメントどうもありがとうございます^^*
面接お疲れ様でした!
大変でしたねぇ、しっかり休んで回復して下さいね。
そして面接が通る事を心よりお祈りしておきます!

メールお持ちしておりますね^^*
チケット取れましたよ~☆
チラシも・・・ちょっと折っちゃったのですが;
ありますので、チケットと一緒に差し上げますね。
弟がいるのですが、「学校で配られた」と言ってそのチラシをくれました。
県内の高校で配っているんですかね、ちょっとビックリしました。
観られるの楽しみですね♪

いやいや、そんなお金かかって無いですよ、送料の80円くらいで(笑)
うちの町は過疎化地区なので、遊びに・・・とか買い物に・・・と
考えると、宇都宮か小山に遠出するのは当たり前なのです。
町の中には食料品以外はほぼ無い、と言っても過言ではなく、
町で唯一の商店街も、三分の二はしまっていますから・・・ね。
ってこんなことしゃべっても仕方ないですけども(笑)

>現地集合で一緒に観るって、いいですね(笑)いや結構緊張してきました。

私も土日でしたら大丈夫なのですが、どうでしょう!(笑)
春休みに一度成人式の写真を取りに帰ってこいと言われているので、
その日に合わせられたら、是非~。いや、でも結構緊張です(笑)

「底辺女子高生」よいですよ、多々納得、と言うか、
「あぁそう思っちゃうよね、やっぱり」みたいな同意が多くて、
そしてエッセイ感が無くて、とてもいい(笑)
豊島さんの本も早速図書館で予約しました!
「エバーグリーン」は人気でまだまだですが、「夜の朝顔」を借りれそうです。
お薦めしてくださって本当に感謝しております。

>るいさんのヤフーのブログの日記も、
>「底辺女子高生」仕立てな感じで物凄く面白いです。

そうですか、よかったです(笑)
何となく、ストレス発散にいいかなぁと。
でもなかなかスッキリしますよね、文章にすると。
あと、懐かしくなってきます、あの頃が。
ちょっと戻りたいな、とか思っちゃいますよね。
これからも少しずつ書こうかと思いますので、
「こんな生活送っちゃってたんですか、あんた」とこっそり笑って下さい。
すきま風さんの自伝記も楽しみにしております^^*

投稿: るい | 2007年1月27日 (土) 16:47

こんばんは!

メールの方でもお世話になりました(笑)なんかここでこうやってやりとりしていたるいさんが、妙に近く感じて緊張しました。

しかも、宇都宮とか小山・・。
小山は近いです。とっても近いです。
そういった縁も不思議なものですね。

学校でチラシを配っているなんて、栃木県民推薦の映画なんでしょうか?
映画のホームページがリニューアルされていて、期待も膨らんできてしまいました。
さてさて結果はどうなんでしょう?

私も仕事が休みの土曜日と、日曜日と祝日は都合がいいのでぜひとも日にちが合えば嬉しいですね^^
緊張しますが(笑)

今週末には郵便振込みが出来ると思うので、しばしお待ち下さいね。

投稿: すきま風 | 2007年1月30日 (火) 21:52

>すきま風さん

こんばんわ!
こちらにもコメントどうもありがとうございます^^*

ですよね(笑)私もです。
返事が来るのを片思いの中学生の女の子みたいに
ドキドキしながら待っていました、なんて言うと嘘っぽいですか?(笑)
いやいや、本当。
メールって凄いや、と文明の発展をもっともてはやしたい感じです。
何ていっているから、やっぱり年齢不詳なんですよ。

宇都宮とか小山・・・(笑)
近郊の人間のみが知る、超ローカルトークでしたね!
まさかあんなに私の町を知って頂けているなんて、と感激です。
本当、ご縁は不思議ですよね。
まさかあの町を知って下さっているなんて・・・!
県内でも「どこ、これ?」と言われかねない寂しい土地なのに。
是非観光してやってください、って言っても見る所無いんですけどね・・・
だから寂しい土地なんですよ。
なんたって○○○ょ○(伏せないとバレマス)くらいしか
取り得ないし・・・たぶん(笑)

>栃木県民推薦の映画なんでしょうか?

どうなんでしょうねぇ?
でもチケット買った時も、特設コーナーみたいの作っていましたよ。
ビデオも流していたし・・・栃木で映画なんてあんまり撮らないから
気合が入っているのかもしれませんね、なんて(笑)
サイト見てきました~変わっていましたね~!
前は縦縞が何本も出てきたイメージが・・・。
見れないページが気になりますねぇ~!
是非学校の中の画像が見て見たいですね、どこの高校で撮ったんでしょう?

>私も仕事が休みの土曜日と、日曜日と祝日は都合がいいので
>ぜひとも日にちが合えば嬉しいですね^^

わ~い!そうですね、是非是非^^*
が、しかし一つだけ問題なのは私が一人でそこの映画館に車で行けるか、
と言う命がけのカーレースが待っているのですよ(笑)
前日にでも運転練習しておきます♪
練習、とか言ってる時点で怖いから、って感じですよね。
もう少し日にちが近くなったらメールで話し合いましょうか。
県内は3/3公開なので、その前には・・・。

こちらもチケットは今週中にはメール便で送りますね~!

投稿: るい | 2007年1月31日 (水) 02:18

るいさんこんばんは!

今日早速郵便局に行き、振込もうと颯爽?とATMに近づくと・・「お取り扱いは3時まで」という文字が。

は?!

というか、もう今日は寝坊して行動が遅かったのがいけませんでした。
ほんとに遅くて申し訳ありませんが今週中には必ずや振り込んで参ります!


こちらこそ何も取り得のない小さな街を(でも、中学時代に学校へ行こう!の「未成年の主張」を撮影してテレビに映ったんですよ)知っていてくれて嬉しかったですよ。

何だか新聞に載っていましたが、栃木だか茨城だかは日本の南の方の人にとっては、どこだか分からない県らしいですね。
最下位の方でしたもん。
私が九州や四国の県がわかっていないように、彼ら?にとっては茨城も栃木も無名の地なんですね・・(←だからなんだっていうんだ)

同じく運転が危険な女です。
というか、飛ばし屋で危険の方ですが・・。

もし良かったら迎えにいきましょうか?
ああでも、危ないです私の運転は・・(葛藤)

はい、ではまた近くなったらメールで連絡しあいましょう☆

投稿: すきま風 | 2007年2月 4日 (日) 18:14

>すきま風さん

こんにちわ!
コメントどうもありがとうございます^^*うふふ
レス遅くなってしまってすみません;

郵便局って閉まるの早いですもんねぇ。
しかも地域によって違うのですよ、知っていました?
多分振り込みはどこでも3時までだと思うのですが、
窓口、東京だと6時まで開いています。
栃木では5時だったのです。
しかもATMも5時で終了、今考えると凄いな。
これじゃ「おろすな、入れるな」と言っているようですよね;
振込みいつでも良いですので、お暇な時に^^*
むしろ届いて中身を確認してからでも構いませんから。

>こちらこそ何も取り得のない小さな街を(でも、中学時代に学校へ行こう!の
>「未成年の主張」を撮影してテレビに映ったんですよ)
>知っていてくれて嬉しかったですよ。

おぉ懐かしい!!V6のヤツですよね。まだやっているのかな?
そうそう、やっていましたねぇ、うちの学校も来るとか来ないとか、
騒いだ時期もありましたけど、校長が「生徒の健全育成のため」
とかいって、追い返したらしいです。
そうですか、すきま風さんのところは出たのですね!!
何か心の底から愛を告白したりしましたか?(笑)

>何だか新聞に載っていましたが、栃木だか茨城だかは日本の南の方の人にとっては、
>どこだか分からない県らしいですね。

あー・・・・(笑)
そうですね、「The わからない県」ベスト3には含まれちゃいますよねぇ。
まぁ私も「福井」とか「島根」とかそのへん、本当申し訳ないですが、
どこですか?状態なので、きっと向こうもこっちをどこですか?
と思っているのは仕方ないですよね、うん。
九州は父が出身なので、大体わかりますけど、
四国は判りませんね・・・愛媛?とか山口?讃岐うどん?

飛ばし屋ですか!!(笑)
私も教官に「お前はスピード狂になる」と断言された女なので、
同類の危険な女かと思います!!
お、お迎えですか!!いいんですか?!
あ、でも勿論頼んだとしてもJR駅位で。
う、どうしよう。(甘い誘惑だ・笑)
頑張ってみてダメそうだったら、駅までお願いするかも知れません!

ではまたメールしますね^^*

投稿: るい | 2007年2月 5日 (月) 13:21

こんばんは!
三連休中に、即郵便局に行って来ました。

しかし何故かどうしても機械では受け付けてくれないのです。
臨時でいた郵便局員に聞いた所、現金じゃなくて郵便貯金からなら振り込めると言われチャレンジ・・
しかしお取り扱い出来ませんという繰り返し。

平日に行けないので、最終手段でいずれ近いうちにるいさんの元にちょっとしたものが届くはずです。

すいません、本当に遅くなりました!

しかし地域によって違うとか何だか郵便局はそれでいいのか!?と言ってやりたいです。最近あまり好きになれない郵便局・・(散々戦ったので)


ちなみに私も教官から「多分スピードを出すタイプだから、常にスピードメーターを確認してスピードを調整しないと駄目だ」と言われた事があります。

そんな訳で危険な女になってます・・。

もしるいさんを迎えに行く時は、絶対安全運転ですからご安心を(笑)
ちょっとムカつく運転をするやつがいると一瞬にして飛ばし屋に・・なんて。

私は大丈夫なんで、もし駄目そうなら駅まで迎えに行きますので言ってくださいね☆

この前「どろろ」を観に映画館に行ったのですが、その時檸檬のころの予告編をやらないかと思ったら、やりませんでした。

佐野なのに・・。

投稿: すきま風 | 2007年2月12日 (月) 18:36

>すきま風さん

こんにちわ!
コメントありがとうございます^^*

郵便局ってお休みの日振込み出来ませんよねぇ・・・確か。
私も前チャレンジした事がありましたが、出来なかった記憶が;
郵便局は私も以前から敵ですよ。
だって対応悪いし・・・。
でも近頃、民営化で国民が離れて行くんじゃないか?
と言う疑念もあるらしく、ここ最近近所の郵便局はマシになりましたよ。
何たってクロネコメール便なんて80円で大きい封筒送れますからね。
民営化したら、その内大手宅配業者に負けてしまいそうですよ。

ちょっとしたものが・・・!!(笑)
わ~い♪楽しみにしてます^^*
こちらこそ何だかお手数お掛けしてしまってすみませんでした;

そうそう、「お前は高速(道路)ではイキイキしているな」
とか言われましたが、その時は怖くて仕方なかったと言うのが事実なのですが;
スピードメーター、私も言われました(笑)
今でも高速は走るものか、と思っているのですが、
田舎にいたら「高速乗って何ぼだ」と言われ、
「そう言うものか」とちょっと納得してみたりしています。

>ちょっとムカつく運転をするやつがいると一瞬にして飛ばし屋に・・なんて。

あぁ、わかりますよ、その気持ち(笑)
( ̄□ ̄;)わかっちゃいけないのか。
教習の最初にある適性検査で、
「イライラしている時は運転を控えましょう」の欄に〇がついていました。
これは、飛ばし屋仲間として同盟を結ぶしか・・・!!

お迎え、ありがとうございます^^*
ダメそうだったらお願いしますね!

「どろろ」観たのですね!
どうでした?どうでした?のちほどレビューお邪魔しますね!
「檸檬のころ」そう言えば予告編やってませんねぇ。
そう言えば、一昨日の栃木のローカル新聞「下野新聞」で、
特集記事組まれていましたよ!読もう読もう、
として置いてきちゃったのですが;
何やら映画のことより監督(有名なんですか?)の写真が載っていました。
予告観観たいですね!
一般公開はまだ先だからもうちょっと経ってからかも知れませんね。

投稿: るい | 2007年2月13日 (火) 11:55

郵便局は、土日も振込みが出来るみたいなんですが・・。
何故か私は番号が何番からのものは受け付けられないとか言われて拒絶されたんですよ・・。

まあ例のものが届いたということで、ほっとしました。
犯罪ものだったので(?)冷や冷やしましたが!

未だに地元の郵便局の対応は悪いです。
区画整理で住所がいきなり変わったというのに、先日母が住所変更届けに行くと、「まだその書類が出来ていないから、一ヶ月後位に来てもらった方がいいです」とか言われたらしいです。
なんて適当なんでしょう!!(怒)

おお!るいさんも飛ばし屋同盟に入りますか?!笑
と言いつつ、田舎者なのに某栃木の教習所は高速教習がシュミレーションだったんです。
というわけで、未だに高速を運転したことがない私です。

「どろろ」は、それなりにおもしろかったです。
スピード感はありましたね。
でも、長かったです。

下野新聞!笑
特集記事だなんてうらやましいです!ぜひ読んでみたかった・・。

映画公開日が近づいてきて楽しみです。

投稿: すきま風 | 2007年2月15日 (木) 21:00

>すきま風さん

こんにちわ!
コメントどうもありがとうございます^^*

郵便局ややこしいです( ̄∩ ̄)
いちいち振り込み手数料取られるのも気に食わないですね。
まぁそれは銀行もそうなんですけども;

犯罪物の郵便物って意外に多いと思いますよ(笑)なんて。
だって為替とか買うの面倒くさいですしね。
為替は4時までだった気がします。
アナログも怖いけど、デジタルも怖いなぁと思う今日この頃です。
最近オークションで「ヤフーかんたん決済」とか言う
電子マネーを使ったりするのですが、画面上で数字が動くだけなので怖い。
本当に今振り込んだのだろうか・・・?ととても不安になりますね;

区画整理って凄いですね。
そんな簡単に整理しないで下さいよ、って感じもしますが(苦笑)

>「まだその書類が出来ていないから、
>一ヶ月後位に来てもらった方がいいです」

うわぁ最強ですよ。郵便局民営化大丈夫でしょうかね・・・。
でも最近ビックリしたのが、郵便番号って、町名まで分かるんですよね。
だから、住所のところに例えば「〒123-456 1-2-3」
って書くだけでそこに届くんですよ。何と漢字を書かなくていいなんて!
凄い・・・なんて人間は面倒くさがりなんだろう、と(笑)

>田舎者なのに某栃木の教習所は高速教習がシュミレーションだったんです

えぇ?!そうなんですか??
私も某栃木の上の方の教習所でしたが、一応実践しました。
めっちゃ怖いですよ。
何が、って言うと、車が古すぎるところが・・・。
本車線に入る時に、グッとアクセル踏んで80k位出すのですが、
いきなり踏み込むと車から変な音が( ̄□ ̄;)!!
「こ、これってまずくないですか、先生」と言うと、
「大丈夫、今までは大丈夫だったから、きっと今日も大丈夫」
と言いながら、去年高速教習中に亡くなった子の話を・・・。
あと合流する時が怖いんですよね;
一度田舎の高速で練習する事をお薦めします~。

そうだ、そうだ。何日にしましょうか!!
私3日出勤なんですよ・・・ごめんなさい(涙)
4日は空いてますけど・・・ダメですしね(笑)
私も17.18.21日あたりならがら空きですので、いつでも。
お手紙にも書いて送りますね~。

明日は「どろろ」観てこようかなぁ♪

投稿: るい | 2007年2月16日 (金) 13:32

 こんばんは♪
 ひさびさにTBさせていただきました☆

>思い出すたび、響く胸の痛みと、漂うレモンの香り

 うんうん、青春ですねー。
 
 自分の記事でも書いたように、
 前半はあんまし好きじゃなかったんですけど、
 最後まで読んで、豊島さん好きになりましたよ。
 ほかの本もまた読んでみますね^^

投稿: miyukichi | 2007年5月 8日 (火) 01:07

 ごめんなさい。
 TB間違ってたみたいなので、
 やり直しました。
 先のほう、取り消しておいていただけますか? 
 すいません。。

投稿: miyukichi | 2007年5月 8日 (火) 01:09

>miyukichiさん

こんにちわ~TB&コメントどうもありがとうございます^^*

やや、TB出来てないです・・・^^;
先日のも調子悪いみたいで、TBが出来ていなかったようです。
すみません、お暇な時にもう一度試してみて下さい。

そうですねぇ豊島さんには好き嫌いがあるかも。
凄く現実的なことを書く作家さんなので、読んでいて痛々しいんですよね。
まぁそれが味と言うか、作風なんですけど。
私はこう、正面から向き合っている姿勢が好きなんですよ。
そして豊島さんはどうしても青春ものが多いですが、
そうでないものも読んでみたいですね。

うーん豊島さんの本を選ぶのは要注意です。
個人的にですが、「檸檬のころ」より前の小説はいまいち面白くない。
作風が、がらりと違うんですよ。
なので、ごく最近のをお薦めしておきます。
「エバーグリーン」とか「神田川デイズ」とか、そのあたりを。

私もまだ読んでいない本多いので、豊島さんも開拓せねばです。
良い本あったら、お薦めお願いします^^*

投稿: るい | 2007年5月 8日 (火) 15:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/4892828

この記事へのトラックバック一覧です: 「檸檬のころ」 豊島ミホ:

» 檸檬のころ [No-music.No-life]
いっそ痛いと思った、その痛みだけは思い出せた。かっこ悪くて、情けなくて、でも忘れられない瞬間がある。田んぼと山に囲まれた、コンビニの一軒もない田舎の県立高校を舞台に綴る、青春の物語。 豊島ミホさんの本です。 いつも素敵な本の紹介記事を書いていらっしゃる、ゆうきさんのブログ(http://blogs.yahoo.co.jp/y0u6k0i2)で記事を読んで、とても気になっていた本です。 早速、新宿に行った時に買ってきました。 物語は、とある田舎町にある県立高校を舞台にしたも..... [続きを読む]

受信: 2007年1月12日 (金) 21:52

» 檸檬のころ(豊島ミホ、幻冬舎) [にゃんこと歩く。-読書日記-]
私の利用する図書館では、豊島さんの本は「郷土」の棚にあります。 そうなんです。同郷の方なのです。(ちなみに年も一歳違い) なんだけど、こんなに作品も増えてきて、多くの方に認知されてるんだから、 「郷土」コーナーだけに本を置くのはいかがなものか・・・。あの、ひとけのないところに・・・。 かっこ悪くて、情けなくて、でも忘れられない瞬間がある。田んぼと山に囲まれた、コンビニの一軒もない田舎の県立高校を舞台に... [続きを読む]

受信: 2007年1月13日 (土) 20:48

« ●作者分析企画について | トップページ | ●作者分析「Vol.1:伊坂幸太郎」 »