« 【DVD】陽気なギャングが地球を回す | トップページ | 「チルドレン」 伊坂幸太郎 »

2006年12月 3日 (日)

【DVD】恋は五・七・五!

Koi575_2

恋は五・七・五! 全国高校生俳句甲子園大会

販売元:ビデオメーカー
発売日:2005/09/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する




「寂しいな、実家で一人、映画観る」
5・7・5になってる?まぁいいや。
なかなか面白かったです。一人で見てましたが、
逆に一人で見てよかったかもしれないと思った。笑
青春な感じたっぷりで、で、ふと振り返るともう私は青春時代ではない。
楽しかったけど、ちょっとベタ。
思い切りmiyukichiさんのレビューに影響されました!

主演:関めぐみ

-------------------------------------------------------
廃校寸前の松山高校に転校してきた主人公・ハルコ。
廃校までの2年間、歴史に高校の名前を残そうと、
校長の提案で様々な甲子園や大会を受けまくる事になった。
地味でオヤジ臭い・・・そんな俳句の甲子園で、
ひょんな事で集まった5人が、楽しむ5・7・5を追いかける。
-------------------------------------------------------

何をやっても冴えない5人が、必死に俳句を読む。
汗や涙を流す部活とは違い、地味で目立たない。
学生服で読む墨の香りがしそうな俳句の雰囲気が、
青春映画としては斬新で面白い設定だったように思う。
特に初めは馬鹿にしていたハルコが「俳句はポップなんだから!」と言うシーン。
ツンと拗ねたように素っ気無い彼女の張り上げた声が好きだった。
でも展開は結構ありきたり。
頑張ってやったけど、やっぱり自信はなくて、その上、
お約束の、それをなじってくれるような、エリート高校が登場。
最後は「そうなると思ってた」と思わず言いたくなる、勝利。
しかし、それだけ先が読めるストーリであっても、
「結構面白かったかも」と思わせてくれるのは、やはり俳句の存在。
高校生らしく青々しさを感じる未完成な俳句が、
エリート高校のガチガチと固められた俳句と上手く対比させられて、
「大人になりたい子供らしく、少し背伸びした様子」がとても素敵だった。
最後のハルコの句、
「南風 わたしはわたしらしく跳ぶ」は爽快でした。
青春だ!と言いたくなる話。
なかなかでした。

公式サイト

*79

|

« 【DVD】陽気なギャングが地球を回す | トップページ | 「チルドレン」 伊坂幸太郎 »

コメント

 こんばんは♪
 TB&コメント、どうもありがとうございました☆
 こちらからもTBさせていただきました。
 よろしくお願いします◎

 そうそう、展開そのものは、かなりありきたりですよね。
 でも、俳句の存在のおかげで、見てて飽きない。
 俳句自体が、楽しめる娯楽になってるというか。

 「1人でも部屋も心もあたたかく」
 多少強がり入ってます(笑)

投稿: miyukichi | 2006年12月 3日 (日) 17:18

こんばんわ!いらっしゃいませ^^*
TB&コメントどうもありがとうございます☆

展開はちょっとウォーターボーイズ系かも、とか思いました。
結構ありきたりの青春ドラマですよね。
でも「おぉ!目が離せない」と言うのははやり俳句です。
俳句の大会なんて覗いた事ないので判りませんが、
本当にあんな感じでやっているんでしょうかね?、とか疑ってみたり。笑
題名からしてもうちょっと、大会中告白しちゃったり!とか
ドロドロ(笑)してるかな、と思ったのですがそうでもなかった。
むしろ、恋愛連鎖で、みんながそれぞれの思いを持ちつつ、
俳句とレモンと関めぐみのクールさで、
爽やかな感じに纏まった感が凄くよかったです。

>俳句自体が、楽しめる娯楽になってるというか。
本当ですよね、「結構面白いじゃん!」とか思っちゃいましたもん。
そう言えばうちの高校(中学校かな?)の時、
毎年、例の伊藤園の俳句に一人一句出すのが夏休みの宿題でした。
アレって賞取ると50万とか賞金もらえたりした気がします。びっくり!
わびさびに浸りながら、貪欲に賞金を稼ぐのもいいかも、なんて(笑)

>「1人でも部屋も心もあたたかく」
思わず笑ってしまいました。
見事に強がっている私の心を言い当てています(笑)
「もう止めよ、そう思いつつ、繰るページ」と言う訳で、今夜も読書を。

投稿: るい | 2006年12月 4日 (月) 00:19

当時、何かの映画を見た時に予告編でやっていて何気に気になっていました。
それでなくても学園モノが大好きな私は、きっといつか見ようと思っていたのです。

何だか青春っぽくていいですね。
今度見てみよう☆

投稿: すきま風 | 2006年12月 5日 (火) 22:03

>すきま風さん

こんばんわ!こちらもコメントありがとうございます^^*
予告やってたんですね!
どんな感じか見てみたいですね。
私は実はレビューを覗かせてもらうまで
この映画を知らなかったのですが、なかなか楽しめました!
私も学園もの好きです、初代「ウォーターボーイズ」とか。
今度は「スイングガールズ」観ていないので、観たいなぁと狙っています。

学生服に俳句って結構ツボですよ。(萌えポイント?笑
青春です。
ちょっと家族で見ると気まずいようなシーンも・・・(?)
是非、気軽な感じで見てみて下さい☆

投稿: るい | 2006年12月 5日 (火) 23:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/4409799

この記事へのトラックバック一覧です: 【DVD】恋は五・七・五!:

» 恋は五・七・五! [miyukichin’mu*me*mo*]
 映画(DVD)「恋は五・七・五! 全国高校生俳句甲子園大会」         (荻上直子:監督)    廃校目前の高校に、「わが校の名を残そう」という  校長(もたいまさこ)の意向で  急遽つくられることになった「俳句部」。  なりゆきで入部することになった5人が、  顧問の“マスオちゃん”(杉本哲太)の指導のもと、  「俳句甲子園」を目指す――。  いわゆる「青春ムービー」だけど、  思った以�... [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 17:10

» 恋は五・七・五! 全国高校生俳句甲子園大会 [1-kakaku.com]
統廃合が2年後に迫る松尾高校では「我が校の名を残したい」という校長の意の下、急遽俳句部が設けられ、俳句甲子園を目指すことに。気弱な国語教師マスオちゃん(杉本哲太)を顧問に、帰国子女の治子(関めぐみ)や彼女を盗撮する写真部の土山(細山田隆人)など一風変わった5人の生徒が無理やり俳句部に入部させられてしまうのだが……。俳句甲子園優勝をめざす高校生たちを描く青春ラブコメディで、監督は『バーバー吉野』で注目を集めた新進若手の荻上直子。劇中で顧問が説く「上手く詠むより楽しく詠もう」の言葉通り、まず映画と... [続きを読む]

受信: 2006年12月27日 (水) 08:08

« 【DVD】陽気なギャングが地球を回す | トップページ | 「チルドレン」 伊坂幸太郎 »