« 「魔王」 伊坂幸太郎 | トップページ | 「黄色い目の魚」 佐藤多佳子 »

2006年12月16日 (土)

【映画】犬神家の一族

Inugamike00_1 






主演:石坂浩二
他:豪華キャスト

公式サイトより引用
-------------------------------------------------------
忌まわしき血が巻き起こす、美しく哀しい連続殺人。
冴えわたる名探偵・金田一耕助の推理―。
愛と憎しみの果ての恐るべき真実が、今、明らかに・・・。
-------------------------------------------------------

犬神家見ました~♪
面白かったですが、内容を知っているからか、
役者さんの動きばかりをしっかり見てしまった。
石坂さん前作よりよかったです、年取って(笑)
その反面、松嶋奈々子はちょっと年取り過ぎでしょう・・・な感じで;
だって24歳の役だよ?ちょっと無理ってもんよ。
でもそうだなぁ、雰囲気は合ってたからもう少し若ければ最高ですね。
聞いた話だと、あの金田一の鞄は30年前のらしいですね、
これもまじまじと見てしまいました。
全体な雰囲気は、そうですねぇ昔を頑張って作っています、と言う感じでした。
頑張っている感たっぷりですが、
やはり役者さんのしゃべり方とかは特に直っていないので、
どうしても現代風に仕上がっていますね。
まぁでもそこに昆監督で、石坂さんで
30年ごしにリメイクする価値ってものがあるのかも知れません。
なかなかです。
どうぞスケキヨ観にいって下さい。

|

« 「魔王」 伊坂幸太郎 | トップページ | 「黄色い目の魚」 佐藤多佳子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/4573185

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】犬神家の一族:

» 犬神家の一族 - 日本映画史上最高のミステリー - [jyu STUDIO]
犬神家の一族 30年前のリメイクらしい。 オレはてっきり孫と美雪ちゃんがでてくるものだと…w ジッチャンノナニカケテ! 30年前の映画など見てるはずもなく、 金田一シリーズは初めてだったのですごく楽しみにしていた。 予告編がすごかったから。期待しすぎた部分もあるのかな。 日本映画史上最高のミステリーって言うてるし。 感想は…、 原作を知らず、こういう映画なんだと見てる分には いい映画だと思った...... [続きを読む]

受信: 2006年12月17日 (日) 05:02

» 東京国際映画祭クロージング作品・ワールドプレミア『犬神家の一族』舞台挨拶@オーチャードホール [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
意味はないが、過去最長(たぶん)のタイトルにしてみた(爆)市川崑監督が自らメガホンを取り、30年ぶりにセルフリメイクした、横溝正史・原作『犬神家の一族』が12/16の公開に先駆けて、第19回東京国際映画祭のクロ...... [続きを読む]

受信: 2006年12月17日 (日) 22:50

» 「犬神家の一族」(2006年版) 贅沢なリメイク版・・・  [取手物語~取手より愛をこめて]
「犬神家の一族」のリメイク、しかも市川+石坂コンビで。これは金田一耕助ファンの私には非常に嬉しいと同時に、やってほしくなかったという気持ちと半々で非常に複雑なところでした。... [続きを読む]

受信: 2006年12月18日 (月) 01:12

» 「犬神家の一族」(2006)レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「犬神家の一族」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *2006年 *出演:石坂浩二、松嶋菜々子、尾上菊之助、富司純子、松坂慶子、萬田久子、中村敦夫、仲代達矢、葛山信吾、池内万作、永澤俊矢、奥菜恵、岸部一徳、蛍雪次朗、嶋田豪、松本美奈子、草笛光子..... [続きを読む]

受信: 2006年12月18日 (月) 03:51

» 【劇場鑑賞139】犬神家の一族 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
莫大な遺産を巡って血塗られた惨劇がついに幕を開ける 絢爛な一族に起こる骨肉の争い 名探偵金田一耕助登場! [続きを読む]

受信: 2006年12月18日 (月) 19:57

» 映画 「犬神家の一族」 を観てきました [THE有頂天ブログ]
市川崑監督による1976年版「犬神家の一族」のセルフリメイク作品。 当時、角川映画の第1弾として大ヒットを記録し、爆発的な横溝正史ブームのきっかけにもなった映画。30年振りに日本映画界の名匠・市川崑監督と石坂浩二が再びコンビを組み、日本ミステリー映画の金字塔として語り継がれているこの「犬神家の一族」のリメイクに挑みました。 以下、感想〜。 その前にあらすじ。 ■ストーリー 信州の犬神財閥の創始者・犬神佐兵衛(さへえ:仲代達矢)が永眠した。遺言状を管理する法律事務所の若林は、遺さ... [続きを読む]

受信: 2006年12月25日 (月) 23:33

» 「犬神家の一族」試写会レビュー レビューじゃなしに [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
完璧でしょ。原作や旧作を観ていない勉強不足のエセ芸大生にとってもそう感じられました。さて公開後の反響や興業はどうなるでしょうか。日本映画の信念を貫いた上での成功を期待しています。 [続きを読む]

受信: 2006年12月27日 (水) 23:54

« 「魔王」 伊坂幸太郎 | トップページ | 「黄色い目の魚」 佐藤多佳子 »