« 「長崎乱楽坂」 吉田修一 | トップページ | ■雑談:新年の挨拶 »

2006年12月31日 (日)

■雑談:大晦日の挨拶

カウントダウンですよ、2006年。早いものですね。
もう午後3時を迎えるというのに、
パジャマのままぐーたらパソコンに向かっていたりして、
寝正月ならぬ寝年末を過ごしております。
こんな格好でご挨拶、失礼極まりないのですが、
まぁ文章だけではわかるまい、と思いつつ、
だったら書かなきゃわからないだろうに、と言うバッシングも覚悟でご挨拶。

皆様、今年一年どうもありがとうございました。
kobaちゃんがブログを始めたのをみて、
「それ、いいかも」と軽い気持ちでココログに替えてから早半年。
いつの間にか読書ブログになっているし、
その結果?物凄く本好きな女に生まれ変わりました。
最近は読むのも速いし、その上楽しくてたまりません。
そう思うようになったのも、周りの読書ブログを書かれている方々のお陰です。
毎度、毎度レビューに感心しては、読む本に影響を受けています。
日々つけて下さるコメントやTBの嬉しさと言ったら何物にも替え難い!
これからも沢山本を読んで、つたない文章で感想書き綴って参りますので、
どうぞ今年に引き続き、来年もよろしくお願いいたしますm(__)m

***

今年はそうですね、私的には伊坂幸太郎の年でした。
「重力ピエロ」を皮切りに、あっという間に既刊を読破の勢い。
ここまで短期間で私をとりこにしてくれた作家さんは他にいないように思います。
今日は「終末のフール」を。明日は「陽気なギャングの日常と襲撃」を。
そんな予定でございます。残すは「I LOVE YOU」かな。
「フィッシュストーリー」も楽しみですね。

そして実はブログ開始前の今年前半は、間違いなく村上春樹の年でした。
「ノルウェイの森」「海辺のカフカ」「羊をめぐる冒険」など
春樹さんの長編にはまりにはまり、片っ端から読んでいました。
短編も殆ど読みつくし、翻訳以外は
「ダンスダンスダンス」と「アンダーグラウンド」しか残っていません。
最近「初めての小説?」が気になっているのですが、
あれは書き下ろしなんだろうか?
とりあえず、来年は春樹さん再読の年でレビューを増やしたいな、と。

あとは終盤追い上げた吉田修一の年でもありました。
「パレード」を読んで以来、こんな作家さんがいたのか!
と驚きつつ、読むほどに楽しさが増す作風にとても興味があります。
特別際立って面白さを強調しないけど、下のほうに隠れたコンセプトと、
終盤にかけて失速ししつつ、暗闇で光る温かさ!いいですね。
是非来年はすべて読破へ向けて頑張ろうと。

来年の抱負は・・・はやり幅広い作家さんを読んでみる事。かな。
今まで苦手意識のあった作家さんでも、今なら楽しく読めるかも。
そんな気がしてなりません。
あとは、スポーツ物を読む!
今年は森さんの「DIVE!!」とか佐藤さんの「一瞬の風になれ」で、
「やっぱりスポコンの感動はいい!!」と再認識。
最近ブームになっているらしく、本も多いですしね。

そんな感じで。

それでは皆様、よいお年をお迎え下さいませ!

|

« 「長崎乱楽坂」 吉田修一 | トップページ | ■雑談:新年の挨拶 »

コメント

おはようございます!

昨年は、こんな素敵な方に出会えてとても嬉しかったんです。
読んだ本の記事も、日常の話題も人を惹きつける魅力に溢れていて。

今年もお互い沢山の本を読んでいきたいですね。

今年も宜しくお願いします☆

投稿: すきま風 | 2007年1月 1日 (月) 09:25

るいさん、こんばんは~。
昨年はお世話になりました!

>今まで苦手意識のあった作家さんでも、今なら楽しく読めるかも
同感です!
私も、昨年は前々から気になってはいたけど
未読だった作家さんの本を一通り読んでしまったので、
今年は読書の幅を広げたいと思っています。
いろいろと情報交換いたしましょう!!
今年もどうぞよろしくお願いいたします~。

投稿: くろ | 2007年1月 1日 (月) 22:21

はじめまして♪ 読書はあまり好きではなかったのですが、最近結構読み始めました。
「バッテリー」「DAIVE」などスポコンで火がつき、今は「一瞬の風になれ」を読んでいるところです。
るいさんのブログを参考に今後も良い本さがしていきたいです。よろしくお願いします(^O^)/

投稿: ka-kun | 2007年1月 2日 (火) 00:15

>すきま風さん

こんにちわ!コメントどうもありがとうございます。
遅くなってしまいましたが、明けましておめでとうございます^^*

こちらこそ、すきま風さんにお会いできてとても嬉しかったです♪
今年もブログ楽しく読ませていただこうと思います!

先日お薦めいただいた、「檸檬のころ」そろそろ読み始めようと思ってます!
そして、な・なんと映画化だったんですね、知りませんでした;
しかも撮影が栃木だったのです(笑)
昨日映画を見に行ったら、「栃木県内で完全収録!!」と大々的に書かれていて。
県民は少し安く先行で観れるようです。
小説読んでから観てみようと思います^^*

今年もたくさん本を読みたいですね!
すきま風さんのレビューも楽しみにしております。
今年もどうぞよろしくお願いします♪

投稿: るい | 2007年1月 3日 (水) 11:28

>くろさん

こんにちわ!コメントどうもありがとうございます。
遅くなってしまいましたが、明けましておめでとうございます^^*
こちらこそ、去年はお世話になりました!

>>今まで苦手意識のあった作家さんでも、今なら楽しく読めるかも
>同感です!

やはりそう思われますか!
なんだか文体を見ただけで「あぁ読みにくいかも・・・」と投げていた本も、
何となく「今なら大丈夫かも!」って思うんですよね。
はっきり言って、前の私だったら、佐藤多佳子さんは楽しめなかったのではと。
でも今は涙を流してしまうくらい良さがわかるようになりました!
きっと前に挫折した・・・梨木さんとか・・・村上由香さんとか・・・、
その辺が楽しめるのでは?と目論んでおります。
今年は沢山読みたいですね、是非是非情報交換しましょう!
たまに見たくなるアニメの感想も参考にしたいので楽しみにしてます(笑)
私はこの頃「フリクリ」が見たい・・・。

今年もどうぞよろしくお願いします☆

投稿: るい | 2007年1月 3日 (水) 11:40

>ka-kunさん

こんにちわ、初めまして!コメントどうもありがとうございます。
遅くなってしまいましたが、明けましておめでとうございます^^*

>読書はあまり好きではなかったのですが、最近結構読み始めました。

私もですよ~!
本格的に読み始めたのは、去年くらいからです。
一度楽しい本を見つけてしまうと止まらなくなりますよね。
私は村上春樹が好きで本を読み始めましたが、
森さんの「DIVE!!」を読んだ時の衝撃は物凄かったです!!
「カラフル」を読んだ事があったので作者自体は知っていたのですが、
「こんな楽しい小説があったんだ!」とワクワクしましたね。
「バッテリー」もいいですよね、野球・・・ルールも怪しい私も楽しめました♪

「一瞬の風になれ」をお読みになっているそうで!
いいですよね♪
佐藤さんの本を読んだのはこれが初めての作品だったのですが、
かなり好印象の作家さんですね。
気持ちの伝え方がダイレクトで私はとても好きです。

>るいさんのブログを参考に今後も良い本さがしていきたいです。

ありがとうございます!
私の文章がお役に立てるか心配ですが・・・^^;
たくさん本を読んで紹介したいな、と思います。
感動や楽しさを共感できたら嬉しいです。

どうぞよろしくお願いします☆

投稿: るい | 2007年1月 3日 (水) 11:50

そうなんです!
めちゃくちゃ家から近い?(私の家は茨城ですが、栃木寄りなんです)足利とかで撮影したそうな・・。

車で30分くらいの栃木の映画館で、先行上映をするらしいのでその日に行けたら行こうと思ってます。

原作が素晴らしいので、どうなっちゃうのかと心配なんですけどね(苦笑)

投稿: すきま風 | 2007年1月 8日 (月) 18:00

>すきま風さん

こんにちわ!
こちらにもコメントどうもありがとうございます^^*

すきま風さん、茨城なんですね!
わ~い近い近い♪
それではきっと北関東訛りは通じる事でしょう(笑)
東京に来てからつくづく思いますが、
やはり北関東を甘くみちゃいけません・・・!!
つい「この豆腐”やっこい”よ」とか、
「そんな事しなくても”だいじ”だよ」とか口走ってしまい、
自分、なまってるなぁ・・・としょんぼりしました。
・・・ってこれは栃木弁だから茨城は違うでしょうか・・・?

この「檸檬のころ」の撮影は芳賀町らしいです。
映画のチラシを貰ってきたのですが、協賛に芳賀町と書いてありました。
私の実家もなかなか近い場所にありますが、
実は芳賀町ってあんまり行った事がないです・・・。
もしかしたら茨城からの方が近いかもしれない、と言う位置にありますね。

>車で30分くらいの栃木の映画館で、
>先行上映をするらしいのでその日に行けたら行こうと思ってます。

おぉ!どこでしょう?
私は宇都宮のTOHOシネマズで先行情報を見かけたのですが、
そこでもやるようでしたよ。
田舎は座席指定が出来て快適です( ̄ー ̄)b笑

原作、今日読み始めようと思っています^^*
楽しみです♪
映画はそうですねぇ・・・なんだか知らない人ばかりで、
果たしてどんな雰囲気になるのか想像もつかない感じですが;
とりあえず、小説読んで色々想像してみようと思います!

投稿: るい | 2007年1月 9日 (火) 16:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/4742364

この記事へのトラックバック一覧です: ■雑談:大晦日の挨拶:

« 「長崎乱楽坂」 吉田修一 | トップページ | ■雑談:新年の挨拶 »