« 「出口のない海」 横山秀夫 | トップページ | ■雑談:お酒のバトン »

2006年12月10日 (日)

「さよならバースディ」 荻原浩

さよならバースディ さよならバースディ

著者:荻原 浩
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


なんか・・・もう一息。って感じ(苦笑)
うーん、いいと思うんだけど、何か足りない。
サルを通しての会話がじれったいのかもしれないし、
もしくは別に死ぬほどでも無いんじゃないの、とかそう言う感想が;
題名からして、内容ではなく結末が見えるってどうよ。とも思う。
映像化したら面白そうだけど、難しいだろうな。主人公は私的に妻夫木君。

僕の研究室・霊長センターでは、サルのボノボに知識を身につける実験をしていた。
名目では知的障害を持つ人間の子どもへの教育と言う課題があるが、
着実に言語を増やし、人間の言葉を理解するようになるバースディは誇りである。
一つ問題があるとすれば、前任の教授が謎の自殺を遂げた事くらいだった。
しかしある日突然、同じ研究室の助手で恋人である由紀がまたも自殺をする。
その謎をめぐり、僕はバースディに事件の真実を語らせようと力を尽くす。

うーん、感想書きづらい。なぜならば抑揚の無い話だったから。
アマゾンの評価がとても低いのが気になっていたのですが、
読み始めは「結構面白いじゃん」と思っていました。
問題は中盤から・・・と言うか半分より前?位で由紀が死んでしまうのです。
後はその・・・サルにどこまで言葉を覚えさせるか、と
サルの記憶をどこまで辿れるか・・・と言う2点に絞られてしまい、
途中から「これは一体何を伝えたいんだ?」と首をかしげる。
サルの保護と言いつつ、恋人の死んだ理由が知りたくて我慢できない。
だから仕方なく「ごめんよバースディ」と言いながら、サルに尋ねる。
最後の方はグダグダな上、由紀の気持ちの反映ってどうよ?と。
その行為に「なんだかなぁ」と盛り上がるべき所で、少し白けてしまった。
文章には全然出てこない、と言うかラストで「また話を聞こう」、
みたいな事を言っていますが、私はどちらかと言えば、
むしろ感情を理解して話をする動物を無理やり作り出すのはどうかと思う。
勿論動物だって人間の表情で機嫌を伺ったりしますけど、
それを理解させすぎると、こうして人間が死んだ時も尚、
悲しみ続ける動物が増えるのかと思うと、やっぱり「なんだかなぁ」と思うのです。
雰囲気は好きだったのですが、ちょっと何か足りない。
これじゃサルがいなかったら、ただのメロドラマじゃん!みたいな。
うーん荻原さん。「明日の記憶」みたいにならないものか!(懇願)

★★★☆☆*77

|

« 「出口のない海」 横山秀夫 | トップページ | ■雑談:お酒のバトン »

コメント

るいさん、コメントありがとでした\(^o^)/
>主人公は私的に妻夫木君。
すご~く分かる気がする。うん。

私よりたくさんのところで、なんだかなぁと思ってしまったのね。
るいさんも触れられている『明日の記憶』。
やっぱり評判いいんだなぁと再認識。
読みたいなぁと思ったのでした。

投稿: そら | 2006年12月10日 (日) 15:44

初めまして、コメントありがとうございました。
実はアメバさんから引っ越しの途中で、まだ半分も引っ越せ
ていない状態だったんですけどコメント嬉しかったです。
ありがとうございました。
荻原さんは好きな作家さんの一人で「明日の記憶」を読んでファンになりました
最近はらしくない作風の作品が多いですけど
この作品も読んでいて凄く違和感があって本当に荻原作品なおかな?
って思っちゃいました。
もっと人物を描けるはずだし、このテーマでも明るく楽しい作品
に持って行けるはずなのにと不満でしたね

投稿: せつら | 2006年12月10日 (日) 19:00

>そらさん

こんばんわ、こちらこそコメントありがとうございます^^*

>主人公は私的に妻夫木君。
すご~く分かる気がする。うん。

判ってくださいましたか?!
読んでいる途中から田中はずっと妻夫木君でした(笑)
なんて言うか、サルを本気で可愛がっている時の表情とか、
思い浮かぶのが何故か妻夫木君なんですよねぇ、由紀は誰だろう・・・。
安達はうーん、佐藤浩市?もっとちゃらんぽらんでしょうか。

そうですね、結構中盤越えた辺りから、「なんだかなぁ」が多々。
サルと人間の関係とか凄くいいと思うんですけども、
そこでメロドラマ風に人が死ななくてもいいんじゃ?と思ってしまい;

「明日の記憶」お薦めしますよ~!
凄くいいですよ、渡辺謙と、樋口さんもぴったりですし、
あれは口頭で伝えられないくらいの感動があります。
「神様からひと言」も好きだったのですが、それをゆうに超えました。
荻原さんは壮年主人公の書き方がとても素敵です。
これもある意味荻原さんらしくない?かもですが、いい意味の方でらしくない。
これぞ新の才能出ましたか?!とビックリ。
是非読んでみてみてくださいね、読んで損はありません。

投稿: るい | 2006年12月10日 (日) 23:32

>せつらさん

こんばんわ、こちらこそコメントありがとうございます^^*

お引越し中でしたか!
もしかして古い方にコメントしてしまいました?失礼致しました;
私もこれはココログですが、どこがいいのだろう?といつも悩んでいます。
と言いつつ動くのが面倒で未だ引っ越す気は起きないのですけども。
よくメンテナンスとか言って止まるんですよねぇ、投稿できないのです。
新しい方はジュゲムですか、使いやすいですか・・・?
(いきなりお尋ねして申し訳ないですが・・・;)

やはり「明日の記憶」ですか!
いいですよねぇ、私も4冊目で読みましたが、「凄い!」と思いました。
が、しかしそれ以外でいいなぁと心底思う荻原作品に出会えません。
「さよならバースディ」もらしく無い感じでしたが、
「明日の記憶」とは反対に、よくない方のらしくない・・・と言う感じで;
でもちょっと荻原さんって動物系の話を書こうと思うような人なんだ・・・
とちょっと(失礼ですが)思いました。
何となく石田衣良さんほどでは無いですが、いつまでたっても童心を忘れない!
と言う感じの作家さんなのかなぁ、と思っていたので(笑)
そう言う意味で歳相応の主人公が「明日の記憶」の主人公だったのかな、と。

>もっと人物を描けるはずだし、このテーマでも明るく楽しい作品

本当ですね、今回はサルの描写を頑張っていたなぁ・・・と言う印象が強い。
バースディ可愛かったですけども(笑)
別に死ななくてもいいから伝えられた事もっとあったはず、と思いますね。
私的に林原さんって重要キャラだったと思うのですが、あんまり出てこないし;

今度は何読んでみよう・・・
なかなか評判の良い?「誘拐ラプソディー」か「母恋旅烏」あたりを探ろうかと。

またお邪魔させてください♪

投稿: るい | 2006年12月10日 (日) 23:48

コメントどうもです。

笑、いろいろツッコンでますね~
そう言われると、まさにそうですけど、
オレ的には、その辺はあまり気にならなかったので
この本の印象は結構いいです。

妻夫木君ですかー
誰とか想像して読んでなかったですが、
もうちょっと、
オヤヂっぽいヒトなイメージあります(笑)

TBさせていただきます。

投稿: じゅん | 2006年12月11日 (月) 16:42

今晩は、コメントは新しい方のジュゲムさんにいただいてる
ので大丈夫ですよ
ジュゲムさんは記事の投稿など結構使いやすいです。
なんと言ってもテンプレートが可愛いものや綺麗なものとそろってるので
女性のかたに人気があるようですね
映画のブログはgooさんで本のレビューとゲームのプレイ日記とうは
アメーバさんでやってたんだけどライブドアさんにTBが掛からないことが
多々多く、FC2さんからTBがかからないという不便さとこちらからTBをかけ
るさいのもと記事表示の不便さとこれはやっていけないと判断して今回本のレビュー
だけをジュゲムさんに移すことにしました。
どこのブログさんも一長一短ありますね、実際に登録して使ってみないと
分からないというのはきついです。
荻原作品はハードボイルド・エッグなどもお勧めですよ、誘拐ラプソティー
も面白い作品でした。

投稿: せつら | 2006年12月11日 (月) 20:58

>じゅんさん

こんばんわ!
TB&コメントどうもありがとうございます^^*

そうなのです(笑)
今読み返したら結構けちょんけちょんに書いてますね・・・。
多分気にならなければ最後まで楽しかったのでしょうけれども、
途中で気になってしまって・・・ラストにかけては、
バースディを通しての会話がじれったくて仕方なかったです。
逆に言えば、そのもどかしさが売りだったのかもしれませんけども。
でもなぁ・・・とやはり不満に思ってしまい、
むしろ映像化した方が、そう言うもたついた部分がすんなり表現出来るかな?
とか思ったりもしました。実際問題サルの調教が大変で無理そうですが;

そうそう、妻夫木君に見えて仕方なかったのです。
設定は大学院生後くらいだから、25,26歳だと思うのですが、
妻夫木君もそのくらいかなぁと思いつつ。

>オヤヂっぽいヒトなイメージあります(笑)

オヤジっぽいですか!(笑)
オヤジ・・・オヤジ誰でしょう?本木雅弘とか・・・?
小説は映像化されるとギャップが大きかったりして、
ガッカリする事は多いですけども、自分の好きな配役なら見て見たい気もします。

またお邪魔させてください♪

投稿: るい | 2006年12月12日 (火) 00:16

>せつらさん

こんばんわ!
コメントどうもありがとうございます^^*

>コメントは新しい方のジュゲムさんにいただいてるので大丈夫ですよ

良かったです^^*
お引越し大変そうですね;頑張って下さい!
結構使いやすいとの事で!うーん悩みます。
覗いてみましたが、テンプレート確かにたくさんありますね。
せつらさんの黒猫も可愛いです!

そうそう!
ココログ→FC2とココログ→ライブドアはやはりTBが掛かりません;
あれってTB拒否になっている訳ではないのですよね、最近気づきました;
不便ですよねぇ、なんでできないんでしょう?
確かに一長一短ありますよね、私も年明けにでも真剣に考えようかと。
まだ気合が足りません(笑)
初めは日記として使ってて、気に入ったらレビュー移動でもいいかも・・・。

>荻原作品はハードボイルド・エッグなどもお勧めですよ

了解です!
沢山お読みになっているせつらさんのお薦めは頼りになります、なんて(笑)
最近図書館で本を借りると言う知恵を身につけたので、
早速借りてこようと思います♪

引越しお済の頃、またお邪魔させてくださ^^*

投稿: るい | 2006年12月12日 (火) 00:35

 こんばんは♪

 じれったいとか、物足りないとか、タイトルから結末連想とか、
 まったく同感です(笑)

 神田は途中まですごいイヤな奴(敵)と思ってたら違ってたり、
 いろんな事実が明らかになったり、
 そういう意外性のおもしろさは後半部分的にあったんですが、
 最後がやっぱりしんどくて・・・。
 何やってるのか、はじめわからなかったくらいで・・・^^;;

投稿: miyukichi | 2007年8月19日 (日) 01:07

>miyukichiさん

こんにちわ!TB&コメントどうもありがとうございます^^*

読まれてしまったのですね、この本を…笑
やはりそう思われたとのことで、よかったです私だけではなくって。
「なんかちょっとねぇ」って感じなんですよね。
そうそう、神田は敵なのか?と言うちょっとした推測もあったりして
途中までは楽しめていたのですが、
中盤から、というか死んだ理由が何とも簡単すぎたって感じでしょうか?
結局のところボノボと関係のないところで起きた悲劇なのに、
無理やり事件解決に導こうとしている辺りが、
私は「なんだかなー」だったようなきがしました。
最後は虚しかったですね、残念でした。

今度はmiyukichiさんが以前お薦めして下さった
「四度目の氷河期」でも読んでみようかと思います。
今手元に「ママの狙撃銃」もあるので、荻原さん攻略計画です。笑

投稿: るい | 2007年8月20日 (月) 11:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「さよならバースディ」 荻原浩:

» 『さよならバースディ』 [眠り猫の憂鬱]
類人猿の言語習得実験を行う霊長類研究センターを舞 台に、そこで働く研究者、実験をされるボノボを巡って引 き起こされる人間ドラマを、上質のミステリーとして描いた 傑作。 [続きを読む]

受信: 2006年12月10日 (日) 18:55

» 「荻原浩」の感想 [読書感想トラックバックセンター]
「荻原浩(おぎわらひろし)」著作品についての感想文をトラックバックで募集しています。 *主な作品:明日の記憶、噂、誘拐ラプソディー、オロロ畑でつかまえて、神様からひと言、なかよし小鳩組、母恋旅烏、ハードボイルド・エッグ、コールドゲーム、あの日にドライブ、押..... [続きを読む]

受信: 2006年12月11日 (月) 15:15

» 「さよならバースディ」荻原浩 [読書感想文 と ブツブツバナシ]
「さよならバースディ」荻原浩 霊長類研究センターでは、 チンパンジーの仲間である「ボノボ」、 「バースディ」という名前の子猿を使い、 言語を習得させるプロジェクトが進行中。 プロジェクトは順調に思えたが、 ある日、事件は起きる。。。 研究助手である主...... [続きを読む]

受信: 2006年12月11日 (月) 16:41

» (書評)さよならバースディ [たこの感想文]
著者:荻原浩 さよならバースディ価格:¥ 1,680(税込)発売日:2005-0 [続きを読む]

受信: 2007年8月 3日 (金) 15:36

» さよならバースディ/荻原 浩 [Book] [miyukichin’mu*me*mo*]
 荻原 浩:著 『さよならバースディ』  さよならバースディ荻原 浩集英社このアイテムの詳細を見る  うーん、一言で言うと、なんかもったいない・・・。  サルの一種、ボノボのバースディを使って  言語習得実験を繰り返す、  霊長類研究センターの真たち研究者。  前半はバースディとの実験の様子が描かれ、  後半はある事件の解明を軸にしつつ、  やはりバースディが鍵を握る。  キーボードを介しての  バースディとの単語のやりとりが、  どうしても全体のリズムを妨げてしまい、  読んでいてなんだか乗... [続きを読む]

受信: 2007年8月19日 (日) 00:57

« 「出口のない海」 横山秀夫 | トップページ | ■雑談:お酒のバトン »