« ■雑談:お酒のバトン | トップページ | 「手紙」 東野圭吾 »

2006年12月11日 (月)

「幸福な食卓」 瀬尾まいこ

幸福な食卓 幸福な食卓

著者:瀬尾 まいこ
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


初めて瀬尾さん読みましたが、雰囲気はメレンゲ。
ここまでふんわりとした雰囲気を小説の中で作れる作家さんて凄い。
と、思ったけど「幸福な食卓」と言うわりに、見た目が幸福じゃないけど。
でも、そっとどこかで守られている。
瀬尾さんワールドはとても温かいです。

私の家族は必ず4人揃って朝食をとり、そしてその場で悩みも相談する。
ある日、母さんが家を出てゆくと言ったのもそんな朝だったし、
またある日、父さんが「父さんをやめる」と言ったのも朝だった。
家族にどんな事が起きても時は止まる事無く、必ず朝はやってくる。
母さんがいなくなった家には、父さんではないお父さんと、直ちゃんと私。
皆はそれぞれ上手くいっているようだけど、やっぱりどこかが可笑しい。
そんな時、私の前には大浦勉学が現われた。

物語の書き出し、「父さんは、今日で父さんを辞めようと思う」
どんなに悲劇的な話の幕開けだろう、
と思いきやなんて事は無い、父さんが父さんをやめるだけ。
出て行ってしまった母さんも母さんで一人暮らしは上手く行っている。
瀬尾さんの文章でふんわりと仕上がった舞台だけど、
よく見れば凄く歪んでいて、「これって家族って呼べるの?」とも思う。
3年前の父さんの自殺未遂によって生まれた歪みは、
まだ拭い去る事は出来なくて、むしろそれに慣れてしまうそうな自分に
少し怯えている佐和子の気持ちがよく判る。そんな時現われる、大浦勉学。
救世主的に現われた大浦君は佐和子のより所であって、
家族がたとえ崩壊しても大丈夫、だなんて言うけど私はやはりヨシコと同じく、
家族をもっと見るべきだったんじゃないかなと思う。
不謹慎だけど大浦君がいなくなって落ち込んでいた佐和子を見かねて、
母さんは「帰ろうかな」と言ったのだし、ヨシコと揉めていた直ちゃんだって、
いつの間にか佐和子を心配する側にまわっていたのだから。
まぁ、それで家族がまた同じ屋根の下で暮らして上手く行く、
と言う確信はないけれど、大浦君が言ったように、
大浦君に限らず、佐和子は色々な人に守られている。
ふと振り返った時に人の優しさに気づき、じーんと来る本。
でもラストは私的に少し後味悪めでしたけど、全体的は好きです。

映画の主人公、北乃きいちゃんがとても合っていて可愛いです。
観なくては!

★★★★☆*88

|

« ■雑談:お酒のバトン | トップページ | 「手紙」 東野圭吾 »

コメント

るいさん、こんばんは。
こちらからもTBさせていただきました~。
あまり内容のない感想で恐縮なのですが(汗)

そしてこの場を借りてお願いなのですが、
私のブログのブックマークのところに、
るいさんのこのブログをよろしければ
載せさせていただけないでしょうか?
よろしくお願いいたします~。

投稿: くろ | 2006年12月14日 (木) 20:05

>くろさん

こんばんわ。
TB&コメントどうもありがとうございます^^*
いえいえ、先にお読みなっている方の感想はとても参考になります!

秋田にお住まいでしたか!
そうですか・・・上映ないのかぁ残念ですね;
私は実家は栃木ですが、結構やらないもの多いです。
ミニシアターとか、東京きてから知りましたし。
「もっと映画を全国に!」運動でもしたいところです(笑)
最近は東京も座席指定できる映画館が増えてきて、
「よし、観にいこうかな」って気になります。
折角並んだのに観づらい席だとガッカリですしねぇ。
余談ですが、コマ劇は同じ映画何回見てもいいんだそうですよ、驚きです。
まだ行った事が無いのですが、一度行ってみたいなぁと。
でも同じ映画2回連続って意外に辛いかも?

音楽ミスチルですねぇ!
映画、見て来たら感想書きますので、どうぞご参考までに^^*

>私のブログのブックマークのところに、るいさんのこのブログを

わわわ!
ありがとうございます!!とても嬉しいです♪
ではこちらからもリンク欄に追加させて頂いてもよいでしょうか?
どうぞよろしくお願い致しますm(__)m

投稿: るい | 2006年12月14日 (木) 23:44

るいさん、こんにちは~。

>余談ですが、コマ劇は同じ映画何回見てもいいんだそうですよ、驚きです。
え?!そうなんですか~。驚き・・・。
だけど、すっごい気に入った映画ならありかも。
でも丸々はやっぱり辛いか(汗)
よく、自宅では気に入ったシーンだけ見直したりしますけど。

リンクの件、ご快諾いただきましてありがとうございます!
早速追加させていただきます~。
私のもどうぞどうぞ!ありがとうございます。
どうぞ、今後ともよろしくお願いいたしますね。

投稿: くろ | 2006年12月16日 (土) 12:46

 こんばんは♪
 読みましたよ~☆
 TBさせていただきました◎
 
 「ふと振り返った時に人の優しさに気づき、じーんと来る」
 うんうん、同感です。
 悲しいできごとはあったけど、
 でも周りは優しさ、あたたかさに満ちていて。

 映画化、私も楽しみです♪

投稿: miyukichi | 2006年12月16日 (土) 16:53

>くろさん

こんばんわ、コメントどうもありがとうございます^^*

そうなのですよ、コマ劇!
友人が以前そこでバイトしていたのですが、
10分休憩を挟んで閉館までエンドレスで流れているらしいです。
なので、一度チケットを買って入ったら、ずっと座ってていいそうで。
でも問題なのが、上映開始時間がよく判らないという事。
よく「次は何時から始まりますか?」と聞かれるらしいのですが、
店員も判らず、「あと20分ぐらいかと思います」としか答えられない・・・。
間違ってちょっと早く入ってしまうと、
ラストシーンを見てしまう危険性があって「よく文句言われるのよ」
とその友人は言っていました。うーんいいのか悪いのか。
私も丸々1本を二回連続でしかも同じ物は無理そうです(苦笑)
今日も犬神家観て来ましたが、2回はいいや・・・って感じ(笑)

>よく、自宅では気に入ったシーンだけ見直したりしますけど。
確かに私も気に入った物はDVD買いますね!
私の中で殿堂入りは「シックスセンス」と「ビッグ・フィッシュ」ですねぇ。
まだ邦画はありません・・・いいのないかなぁと模索中。

リンク、こちらこそありがとうございます^^*
こちらも追加させていただきましたので、
お暇な時にご確認下さればと思います。
どうぞ、よろしくお願いしますm(__)m

投稿: るい | 2006年12月17日 (日) 00:25

>miyukichiさん

こんばんわ~TB&コメントありがとうございます^^*

お!読まれましたか!!
いいですよねぇ瀬尾さんのあったかい雰囲気!
ここまでふんわりとした雰囲気が出せる文章って凄いよな、
と内容もですが、その文章能力に感嘆していました。
ある意味乙女チックな感じ・・・私はあんまり好きではない、
と思っていたのですが、ところがどっこい。
ちゃんと自殺未遂とか、事故とか暗い部分もあったりして、
そんな辛さを克服した中にこう言う優しさがあると言うのがいいですね。

今日映画館でチラシ貰ってきました。
サイトのTOPと同じ構図ですがいいですね。
私的に北乃きいちゃんがとても合っている気がします。
と言っても、他の出演作品を見ていないので何とも言えませんが。
年明けが楽しみです♪

・・とか言っていると「あぁもう年が明けるのかぁ」としみじみ思いますね(笑)
予告でやっていますが、「幸福な食卓」と
同日公開の「どろろ」も気になっていたりします。1/27楽しみです。

投稿: るい | 2006年12月17日 (日) 00:39

こんばんは。
「幸福な食卓」、読み終わりました。
TBさせていただきたかったんですけどうまくいかなかったんで、また後日、させていただくと思います。よろしくお願いします。

哀しかったです・・・。
みんなのこと大好きになりすぎて、瀬尾さん、そこまでしないで(>_<)!という感じでした。
瀬尾さんの作品の中の人はみんな大好きにならざるを得ないような人たちばかりで、なかでも小林ヨシコさん、最初、うわ~って思っていたけれど、最後にしてやられた(笑)。

キャストも見た感じあっていそうなので、映画も楽しみです。
何気に本屋さんにあった映画の割引券を貰ってきていたりします。

投稿: ふぇるまーた | 2006年12月19日 (火) 00:37

>ふぇるまーたさん

こんばんわ!
コメントどうもありがとうございます^^*

そうそう、TB上手くいかないですよね!!
うちもですよ、最近夜?しばしばあって、
折角遊びに行ったのにTB出来ずしょげる日が結構あります(涙)
大丈夫か、ココログ?!って感じです。
密かに移動しようかなぁ・・・とかも考えているのですが、
重い腰が上がらず足踏み中です。
私も後日遊びに参りますね♪

>瀬尾さんの作品の中の人はみんな大好きにならざるを得ないような人たちばかりで、なかでも小林ヨシコさん、最初、うわ~って思っていたけれど、最後にしてやられた(笑)。

私もそう思いました!
ヨシコさん案外に重要キャラでしたしねぇ。
最初はイメージはギャルっぽくて瀬尾さんに不釣合いな感じがしたのですが、
途中から(油が手作りシュークリームに変わったあたりから・笑)
いいなぁ~と思い始め、ラストではお姉ちゃんみたいに怒ってくれるヨシコに
何だか凄く親近感が湧いて、好きになりました。
瀬尾さんの登場人物は可愛らしい人が多くて、つい気になっちゃいますよね!

割引券いいですね!
実家にいた頃は、映画館の一階の喫茶店に割引券が置いてあったので、
いつも一杯コーヒーを飲んでから観ていたりしたのですが、
東京ではあんまり割引券て見かけないんですよねぇ;
見落としているだけでしょうか・・・私も本屋さんで探してみようと思います。
何だか都営地下鉄の駅構内で、やたらポスターを見かけるんですけども、
何か共産か何かなんでしょうかね?あの写真好きなので、和みます^^*
そうそう、この間ヨシコ役のさくらが
「ウチくる」に出ていたので思わず見てしまいました(笑)
初めて見る人だったのですが、確かにヨシコの雰囲気あるかも、と思いました。
ちなみに23歳だそうです。
楽しみですね~私も映画観に行こうと思っています♪

投稿: るい | 2006年12月19日 (火) 01:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/4512793

この記事へのトラックバック一覧です: 「幸福な食卓」 瀬尾まいこ:

» 幸福な食卓 瀬尾まいこ [かみさまの贈りもの~読書日記~]
自殺未遂の経験がある父親、そのために別居してしまった母親、優秀だが少し浮世離れした兄を持つ中学生の佐和子。 そんな一風変わった家族の中で、佐和子の日常は穏やかに過ぎていく。 読んでいて静かな幸福感に浸っている自分に気付く。 後半、佐和子のもとに突然訪れ...... [続きを読む]

受信: 2006年12月14日 (木) 09:30

» 幸福な食卓(瀬尾まいこ、講談社) [にゃんこと歩く。-読書日記-]
今日は朝から仏壇の掃除、家の掃除、お墓参り。 虫よけスプレーのにおいに(お墓が山の中にあるので)、お線香のにおい。 仏間でくるくるまわる灯篭。冷やしたスイカ。 なんともお盆らしいお盆の一日でした。 さて、そんな本日の一冊。 主人公の佐和子は中学二年生。容姿も頭脳も一級品なのに大学に進学せず農業を始めた兄と、「父さんは父さんをやめる」宣言をした父と三人で暮らす。 お母さんは家を出て行って気ままに一人暮らしをしているけども、たまに家に来てはご飯を作�... [続きを読む]

受信: 2006年12月14日 (木) 19:58

» 幸福な食卓 [miyukichin’mu*me*mo*]
 瀬尾まいこ:著 『幸福な食卓』    瀬尾さんを読むのは初めてです。  いいよ、っていう評判をよく目にしていたので、  読みたいな、って思ってた作家さんの1人でした。  物語は、なんだか不思議な感じで展開していきます。  冒頭いきなり、  「父さんは今日で父さんを辞めようと思う」    そんな唐突で突飛な出だしから始まり、  ちょっと変わった家族関係がだんだんと見えてくる。  中�... [続きを読む]

受信: 2006年12月16日 (土) 16:49

» 幸福な食卓 ベストセラー小説が映画化!! [オリジナル ランキング]
幸福な食卓って?ベストセラー小説「幸福な食卓」がついに映画化されます。始業式の朝、家族の食卓で、突然「父さん」が口にした意外な一言。主人公・佐和子の中学校生活最後の1年を綴る物語ひとりの少女の視点を通じてその家族の崩壊と再生を綴った瀬尾まいこ...... [続きを読む]

受信: 2006年12月27日 (水) 00:53

« ■雑談:お酒のバトン | トップページ | 「手紙」 東野圭吾 »