« ★今年のマイベスト10 | トップページ | 「出口のない海」 横山秀夫 »

2006年12月 7日 (木)

「九月の四分の一」 大崎善生

九月の四分の一 九月の四分の一

著者:大崎 善生
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


なんだぁ・・・素敵なタイトルだと思ったのに、と言うのが率直な感想です。
ちょっと期待しすぎたかなぁ・・・。
短編4編で、哲学的な事を頑張って描いてる本なのですが、
もう一歩何かが足りない感じで、物足りない、煮え切らない、纏まらない。
哲学的なところは春樹さんと比べてしまい、
人物描写は吉田さんと比べてしまったりして、今ひとつな感じ。

「悲しくて翼もなくて」
バンドを組んでいた僕は、練習の後の公園で、一人歌を歌う少女に出合った。
彼女・真美の歌、ツェッペリンは美しく澄み切る歌声に聞き惚れてしまう。
真美をボーカルとして向かえ、開いた学園祭のライブは大盛況で、
息高揚した僕たちは2人で僕のマンションへ帰りことにした。
しかし、真美の事を思った僕は手を出す事もなく、真美は田舎へ帰ってゆく。
十数年後、真美の死を境に、あの時なぜ抱き止めなかったのか、と後悔する話。

うーん・・・この他の話もなのですが、
人言えぬ焦燥感とか、過ぎてしまった過去への後悔とか、そう言うのが多数。
そこまではいいのですが、こだわりが歌声だったり(これはまだいい)
チェスとブロンズ像だったり(ちょっと春樹さんぽい)、将棋だったり・・・。
何となくちょっと視野が狭すぎませんか?と問いたくなる。
そして多々出てくる出版社。いや、多分大崎さんが昔勤めてたんでしょうけど;
もうちょっと色つけてもいいのでは?と。
大崎さんはどちらかと言えば、哲学的・・・と言うよりは、
合理性への追求、とかそう言う方が上手いような気がするし、
哲学を前面に押し出すと、こんな感じの本になってしまうのでは?と思う。
「傘の自由化」とかめっちゃ合理性追求で、「おぉなるほど!」
とか思うのに、今回は首をかしげたまま読み終わってしまった。
こんな書き方もするんだね、と作者を知るのにはいいかもですが、
どうぞ、1冊目には読まないほうが良いかと思われます。
やっぱり最初に読むなら「アジアンタムブルー」かな。

★★☆☆☆*69

|

« ★今年のマイベスト10 | トップページ | 「出口のない海」 横山秀夫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/4461249

この記事へのトラックバック一覧です: 「九月の四分の一」 大崎善生:

« ★今年のマイベスト10 | トップページ | 「出口のない海」 横山秀夫 »