« ■雑談:愚痴 | トップページ | 「ガールズ・ブルー」 あさのあつこ »

2006年11月23日 (木)

「ラッシュライフ」 伊坂幸太郎

ラッシュライフ ラッシュライフ

著者:伊坂 幸太郎
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

途中から話の予測がついたのですが、
それにしても話と話の絶妙な絡まり具合、最高でした。
うーん、これは面白いのか、と聞かれると答えに困りますね。
じゃあ、これは凄いのか、と聞かれれば迷わず「うん」と答えますが。
とりあえず「懲りすぎだよ、伊坂さん」・・・とため息と敬意を表した後、
「人生ってこう言うものだよね」と納得し、感慨深い思いをする本。

傲慢な男に金で買われた女、新興宗教にはまり殺人を犯す少年、
泥棒を職業として働く男、不倫相手の妻を殺そうとして逆に殺されそうになる女、
職を失いひょんな事から野良犬まで面倒を見ることになった壮年男性。
5人のそれぞれの人生が絡み合い、縺れ合って、それでも話は先へ進んでゆく。
エッシャーが描いた騙し絵の従者が、終りない階段を永延と歩きつづける様に、
世界は止まることなく廻りつづけるのだろう、と言う話。

「心理カウンセラーになりたいのですが」
まさか!と実は一番衝撃を受けて、読んだ瞬間鳥肌がたった。笑
後半の盛り上がで、そんな事すっかり忘れていただけに、
「ここに繋げちゃうのか、伊坂さん!」と興奮気味でした。
今回もしてやられた感がたっぷりありますね、悔しい。
「人生は一瞬だが、永遠に続く」まさにその通りで、
それでいて人の人生は複雑怪奇に他人と結びついている。
不意に自分の視点から離れて、他人の立場に立った時、
自分は一体どんな風に関わっているのだろうか、と考えさせられました。
人を殺したとしても人を一方では救う事が出来たり、
何故か犬に愛着が沸いてしまった事が他人の人生を変えたり。
そして、個人個人として見ると色々な事が起きて、
その色々な事に悪戦苦闘しているように見えるけど、
でも一歩足を引いて上の次元(高橋)から眺めてみると、
その複数の出来事は実は1つしかなくて、
その上を大勢の人間がぐるぐると廻っているだけなんだよね、と。
話の合間に出てくる「バラバラになってくっついちゃう」と言う言葉。
ちょっと押し過ぎじゃない?と言う主張の仕方に、思わず微笑んでしまった。
階段に一人座る従者や、列を静かに見つめる従者、
エッシャーについて詳しくないので判りません(超越した存在?)が、
どんな意味が込められて描かれたかによって、この本の深みも変わるかも。
どんな悪い事が起きたって、大丈夫。
だって、人生は「ラッシュライフ(豊潤な人生)」なのだから。
そう訴えられる本です。

★★★★☆*94

|

« ■雑談:愚痴 | トップページ | 「ガールズ・ブルー」 あさのあつこ »

コメント

こんにちは。
「ラッシュライフ」は面白いですよね。
物語としてはそんなに面白くはないかもだけど(!)、次から次へとそれぞれの物語がリンクしあって、こことここが繋がるのか!という驚きが、楽しいです。
私は、生き返った黒猫のミケのところでおお!と思いました。
すっごく小さいことなんですけどね(笑)。物語と関係もないし。

るいさんの感想読んでいたら何だかまた読み返したくなってきちゃいました。

投稿: ふぇるまーた | 2006年11月24日 (金) 19:10

 こんばんは♪
 ようやく読まれたんですね~。
 TB&コメントどうもありがとうございました☆
 こちらからもTBさせていただきますね^^

>うーん、これは面白いのか、と聞かれると答えに困りますね。

 ここ、ちょっと笑ってしまいました。
 だって、そのとおりだから(笑)

 読んでるときはどよーんとした場面もありつつ、
 絡まった糸がうまく1本になったすっきり感と、
 なんといってもラストの爽やかさのおかげで
 読後感がとてもよくなっちゃうんですよね。
 これは、伊坂さんマジックでしょうか!?(笑)

 一歩ひいて、上の次元から見る。
 これって、渦中にいるときには気づかないけど、
 ときにはすごく大事なことですよね。
 うん、私も考えさせられました。

投稿: miyukichi | 2006年11月24日 (金) 21:21

>ふぇるまーたさん

こんばんわ!コメントありがとうございます^^*
「ラッシュライフ」は話の繋がりが面白いですよね!
確かに物語としては・・・(苦笑)と思いました。
読んでいる途中、結構淡々と進んでしまったので、
この絡まりあいが無かったら、凄く平坦なものになってしまった気がしますね。
勿論、そうならず、まんまと読者を引き込んでしまうのが伊坂さんですが。

ミケ!そうですね生き返ってましたね。
猫もそうでしたが、宝くじと外人のお姉さんの位置関係も、
なるほど、こっちの話が先で、こっちが後なんだ、と判りましたね。
5個の話を1つに・・・
この絶妙な合わさり方は、お見事!って感じがします。

伊坂さんの本は再読すると、更なる味が出ますよね。
本にチラっと出てくる他の本の登場人物などを見つけるのも楽しいですし。
私ももう少し経ったら読んでみようと思います。
私が一番最初に読んだのは「重力ピエロ」だったので、
それはそろそろ、また読み頃かなぁ、とか思っています^^*

投稿: るい | 2006年11月24日 (金) 22:28

>miyukishiさん

こんにちわ!コメント&TBありがとうございます^^*
そうなのですよ!いつもレビュー書く時、
始めに4~5行「ここが面白いから読んだ方がいいよ!的なコメント」
を書こう!・・・と大雑把なルールにしていたのです。
が、今回は、書くことが無い・・・・;!!と焦りました。
面白いんだけど、面白くは無い・・・微妙・・・微妙すぎる!!

>だって、そのとおりだから(笑)

よかったー・・・。
こんな暴言吐いて、伊坂ファンに叩かれたらどうしよう( ̄□ ̄;)!
とかちょっと思っていました(笑)
「読後感がとてもよくなっちゃうんですよね。」
ごもっともでそんな感じでした。
色んな方向から捩じ上げる様に突っ走って、ラスト爽やか!
これはまさに、伊坂マジック☆でしょう!(笑)
「グラスホッパー」で3面書きすごいやー!とか思っていましたが、
何のことはない、今回は5面書き。さからにカラクリ付き。
コレをマジックと呼ばない手はありません!!

「一歩ひいて、上の次元から見る。」
そうですねぇ「オーデュボン~」でも優午の時も思いましたけど、
伊坂さんそう言う3時限から眺めてみたい、とかそう言う願望があるのかな、
と思ったり(笑)勿論個人的に見て見たいと言う気もありますけどね^^*

投稿: るい | 2006年11月24日 (金) 22:48

るいさん、こんにちは。
先日はコメント・TBありがとうございます。
こちらからもTBさせていただきました。

>これは面白いのか、と聞かれると答えに困りますね。
>じゃあ、これは凄いのか、と聞かれれば迷わず「うん」と答えますが。

この言葉、納得です。
面白いのかと問われると、読む人によるんじゃないかなというところなんですが、
凄いかと問われたら、私も間違いなく「凄い」と答えます。

投稿: のぶ | 2006年11月27日 (月) 16:21

こんばんわ、TB&コメントどうもありがとうございます!

共感していただける部分があったようで、とても嬉しいです^^*
やはり・・・やはり、そう思われましたか!
私も伊坂さんの他作品はもう少しワクワクして読んだ気がする、
と思いながら読んでいたので、面白さは少し暖簾に腕押し気味でした。
全体的に、と言うか話の内容がエッシャーの絵を模して、
複雑怪奇に絡み合っている、その構造発想はとても面白いと思います。
むしろ、そこが「凄い」部分なのかもしれませんけれども。

三次元の中にいる感じは、「オーデュボン」の優午の所でも感じましたが、
今回はしっかりそれをコンセプトに書いている気がしましたね。

スーパーエッシャー展、来年までやっているようです。
公式ホームページがとても不思議なサイトでした。(これぞエッシャー?
Bunkamuraミュージアムって渋谷なんですねぇ・・・混みそう。
私も平日を狙って行きたいところです。

投稿: るい | 2006年11月27日 (月) 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/4284341

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラッシュライフ」 伊坂幸太郎:

» ラッシュライフ [miyukichin’mu*me*mo*]
 伊坂幸太郎:著 『ラッシュライフ』    複数の登場人物それぞれの視点から  別々の話が描かれていき、  それぞれの鎖が、  終盤に向けてつながっていく。  こういった手法自体は  よく見かけますが、  時間軸がてんでバラバラで、  しかもそのバラバラ具合が  終盤にくるまで明かされないために、  不思議な浮遊感があります。{/hikari_blue/}  伊坂さんらしい軽妙さや �... [続きを読む]

受信: 2006年11月24日 (金) 21:12

» ラッシュライフ 伊坂幸太郎 [ひとひ]
ラッシュライフ 泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩くバラバラ死体登場――。 並走する四つの物語、交錯する十以上の人生、その果てに待つ意外な未来。不思議な人物、機知に富む会話、先の読めない展開。巧緻な騙し絵のごとき現代の寓話の幕が、今あがる。... [続きを読む]

受信: 2006年11月27日 (月) 16:13

« ■雑談:愚痴 | トップページ | 「ガールズ・ブルー」 あさのあつこ »