« 「風に舞いあがるビニールシート」 森絵都 | トップページ | 「4TEEN」 石田衣良 »

2006年10月 1日 (日)

【映画】夜のピクニック

夜のピクニック 夜のピクニック

著者:恩田 陸
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


映画観ようか観まいか悩んだ挙句、結局公開2日目に観てしまいました。
なかなか、キャストはいい感じでした。
忍派の私としては許せない・・・という感じもしましたが。笑
結構演技は自然な感じで、貴子役の多部未華子ちゃんも私的好きでした。
が、えーと。

あ、ここからネタバレですのでご注意。

「あの妖精何よ・・・」が第一声です。
確かにあのシーンはありましたけど、まさかアニメ使うなんて。と落胆。
なんだかまだ人形劇とかの方が良かった気がしますよ。
これのおかげでちょっと映画の質が落ちていたような・・・。
あとヘビメタロックがヘビメタ過ぎてビビリました。笑
あれはあれで良かったけど、しっとりとしていたはずの小説のイメージが一変
何だか笑い狙いな雰囲気もあって、館内でも笑い声が聞こえました。
そして最大の難点はラストが違う・・・!!
えーなんで「家においでよ」って言わないの?と残念でした。
あそこが結構ミソだったような気がするのに。
でも小説の本質的なコンセプト、青春の終りに異母兄弟とピクニック!なんて素敵。
ってのと、ただ歩くだけなのに、夜だと言うだけで不思議なパワーがあるよ。
っていうのはキチンと伝わっていた気がします。

そんな感じ。(どんな感じ?
観ても後悔はしない、いい感じだと思います。
小説を読まずに観た友人も良かったと言っていましたし。
うーん。どうも私は原作を読んでから映画を観てはいけない人間のようです。
今まで「半落ち」位しかいいと思ったことがない。(小説も良かったですが

*80

|

« 「風に舞いあがるビニールシート」 森絵都 | トップページ | 「4TEEN」 石田衣良 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/3663142

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】夜のピクニック:

« 「風に舞いあがるビニールシート」 森絵都 | トップページ | 「4TEEN」 石田衣良 »