« 「地下鉄(メトロ)に乗って」 浅田次郎 | トップページ | 「パイロットフィッシュ」 大崎善生 »

2006年10月26日 (木)

「砂漠」 伊坂幸太郎

砂漠 砂漠

著者:伊坂 幸太郎
販売元:実業之日本社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


うーん、つまらない。と言うわけではないのだけれど。苦笑
読むのがめっちゃ遅かった。
最近は1日1冊読めていたのに、これ1週間ですよ。
読む速さと言うよりは、むしろ気分的な問題だと思うのですが。
なんたって伊坂さんなのに、申し訳ない・・・。
と言うわけで、久しぶりのブログ更新?

大学の1年はなんて早いんだ!の一言。
入学し仲良くなった風変わりな中間達、そこにはいつしか恋が生まれたり、
その上事件に巻き込まれてみたり、人って凄いなって驚いてみたり。
時には、それでもやっぱり戦争は続いていて、
それに国民の意見が反映されないまま賛同する日本ってどうよ?と訴える。
オアシスのような4年が終り、砂漠に投げ出された僕たちの
これから先の未来は予想なんて出来ないんだってば、という話。

今回は全体的に主要登場人物が低年齢層化。
思い返してみれば、伊坂さんって学生書かないよね・・・とか思った。
まだ未読の本があるので、そこには出てるかもですが。
なんだか新鮮な感じがしました、大学生。毎日ワイワイ騒いでる感。
まだ大人に成りきれてない子供の表現がとってもよかった。
あとは、いつも奇想天外な登場人物が多いですが、
今回は特に多かった。と言うか、変なこだわりを持った人がわんさか。
一番インパクトが強かったのはやっぱり西嶋ですが、
他に超能力少女とか出てきて「おぉ盛りだくさん!」と楽しんでました。笑
でもやっぱり伊坂さんの凄いのは、その特殊な人物を
違和感なく話しに馴染ませ、尚且つ主張させる事。
今回は青年期の子供たちが教育システムから抜け出し、
社会へ放り出されるまでの美しいオアシスを描いている。
砂漠のように行き先が決められていない荒野で過去を振り返ると、
全てやるべき事が与えられ、何の目標もなく過ごす毎日がまるでオアシス。
そこに着目したのかぁ、と感嘆。確かにそうだよね、本当。納得。
終始賑やかな話ですが、うるっとくる一コマも。
西嶋の一言「友達に恵まれましたよ」で、かなりきました、いいわぁ。
話の途中にアクセントとして出てくる麻雀、さっぱり判らなかった。涙
あぁ麻雀出来る様になったらもう一回読もうかな、とか本気で思いました。
知ってるか知らないかで面白さ3割り増しですよ。

★★★☆☆*89

|

« 「地下鉄(メトロ)に乗って」 浅田次郎 | トップページ | 「パイロットフィッシュ」 大崎善生 »

コメント

読まれましたか。
私はまだ学生の身の上ですので、そっかー、今ってオアシスにいるのかぁ・・・なんて思いながら読みました。

西嶋の「友達に恵まれましたよ」という言葉、良いですよね。
あと、こじつけの「中」のところ。あそこはおぉ!って思いました。さすが西嶋だ!と・・・。
ちょっと泣きそうになりました。

うーん、るいさんの感想読んでいたらまた読みたくなってしまった(^-^
読んだら、TBさせてくださいね。

投稿: ふぇるまーた | 2006年10月27日 (金) 21:26

こんばんわ~コメントどうもありがとうございます!!

わ・・・私も実はまだ学生の身の上です。笑
でも会社も掛け持ちしてるので、オアシス感は皆無。
ふぇるまーたさん、今後のためにもしっかり怠けて、
しっかり遊んで、しっかり羽目を外しておいた方がよいです、うん。
そうですよね、私も今ってオアシスなんだ、と思いつつ読みたかったな。笑
今回はしっかり過去形で読んでしまいました。

本当、西嶋やってくれるねお前!とか思いながら、電車の中で涙を堪えました。
確かに周りにいる人間によったら、疎まれたりとかするタイプですけど、
北村や東堂、それから南に鳥井、こんな賑やかなメンバーに恵まれ、
それでいて理解してもらえている事をちゃんと自分で知っている。
酒が入らないと言わなかったかも知れないけど、
この言葉にはじーんとくるものがありました。
あと東堂に対して「前悔ですよ、前悔」とはっきりいった北村も、
何気に格好よかったな、とか思いました。笑

こじつけ中もよかったですね、ちょっと前から予想できてましたけど。笑
「まさかね・・・ってマジかよ!(鳥井風)」みたいな感じでしたが、
鳥井も元気になったし、バカらしい事も大切なんだから!精神が伝わりました。

是非お読みになったらTBしてやって下さい!
私も麻雀の知識を身につけてからもう一度・・・・。笑

投稿: るい | 2006年10月28日 (土) 00:47

こんにちは。
「砂漠」読み終わったのでTBさせていただきます。

次は伊坂作品、何を読む予定ですか?
「チルドレン」は読まれましたか?
こちらには馬鹿馬鹿しいことばっか言って(褒め言葉です)まわりを巻き込む、
まさにゴーイングマイウェイな傍迷惑な人(これも褒めてる)が出てきます。
だけど読後はほんわかと温かくなるような作品です。
伊坂さんの作品の中でもかなり好きな作品。
おすすめですよ b(^ー^
まだ読まれていなければ、ぜひ!

投稿: ふぇるまーた | 2006年11月 2日 (木) 22:35

こんにちわ!コメントありがとうございます!!

おぉ!!お早い!!
確かに読みたくなってしまうと、読まないと気がすまない。
それが読書です、とか明言してみる。笑
早速サイト覗かせていただきますね^^*

次は・・・・ずっと前から「ラッシュライフ」を!
とか考えていたのですが、面白いと評判だったので、
とっておこうかなぁ~感が最近はあります。
あと「終末のフール」はいいらしいですね?
どんな話なのかさっぱり知らないのですが;

「チルドレン」!坂口ケンジがドラマ?(映画?)出てたヤツですよね。
何度か本屋で手にとってはみています。笑
ゴーイングマイウェイ!いいな、西嶋みたいな感じですかね。
読みたいです☆
うぅ伊坂さんの本はどれも読みたくなってしまって、誘惑が多すぎる!!笑
そうですねぇでは次はお薦めの「チルドレン」でも挑戦してみます。
・・・と言いつつ、山本さんの重鎮「さぶ」をクリアしたら。
こいつで詰まって色んな本が中途半端です。涙
面白いんだけど進むのがめちゃ遅いのです・・・。

それでは後ほどお邪魔します^^*

投稿: るい | 2006年11月 4日 (土) 01:54

 こんばんは♪
 またTBさせていただきました。
 よろしくお願いします☆

 私はこれ、かなり気に入っちゃいました。
 これまで伊坂さん作品では「重力ピエロ」が一番だったんですが、
 それを抜いちゃったかもしれません。
 るいさんと対照的に、ほぼ1日で読んじゃいました(笑)

 西嶋の一言、よかったですね。
 ウルッってなりました。

 麻雀、私もまったく知らないんですよ。
 やりたくなったの、同じです(笑)
 

投稿: miyukichi | 2006年12月 4日 (月) 20:48

こんばんわ!コメントありがとうございます^^*

読みましたか~!「砂漠」
うーん、あの時の私は何故あんなに時間が掛かったのかわかりません;(笑)
そうですかー・・・miyukichiさんの一番の伊坂さんですか!!(意味が違う?
そう思うとやはり人は感じる物が違うんだなぁ、
とちょっと感慨深く思ってみたり。(笑)
いや、冗談です。
きっと私は今の学生生活が気に入らないので、
面白い事もきっと素直に楽しめなかったんだろうなぁーとか拗ねた一面が。
(それで読むの遅かったのかもですねぇ確率が一番高い)

ちなみに、私はまだ「重力ピエロ」が一番だったり。
知らずのうちに、きっと「学校での友情<兄弟愛」なのかも知れません。

とか言いつつ、やっぱり西嶋の「友達に恵まれましたよ」では、
うるるーっと来てしまいました。
本当にここもまた、「やられた!」と思った伊坂さんの一言。

本当、麻雀やれましたよ、「中」とかは判りましたけど、
テンパイとかあと、平和とか判らん、判らん;
私も勉強してから、読み直したいです^^*

投稿: るい | 2006年12月 4日 (月) 22:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/3966864

この記事へのトラックバック一覧です: 「砂漠」 伊坂幸太郎:

» 伊坂幸太郎【砂漠】 [ぱんどら日記]
あなたは「学生時代に戻りたい」と思いますか? 私は…… 学生時代、楽しかったけど、戻りたいとは思わない。 学生時代は辛い。毎年、試験が何回もあるし。レポート書いたり、宿題があったり。 世間の... [続きを読む]

受信: 2006年11月12日 (日) 11:12

» 妄想キャスティング――伊坂幸太郎【砂漠】 [ぱんどら日記]
この記事は「この作品が映像化されたら、この役者に出演を依頼したい!」という妄想のもとに作成されてます。 本当に映画化が決まったわけじゃないので、誤解なさらないように。 クールなキャラの「北村」は、松田龍... [続きを読む]

受信: 2006年11月12日 (日) 11:13

» 砂 漠 [miyukichin’mu*me*mo*]
 伊坂幸太郎:著 『砂漠』    これまで読んだ伊坂さんの作品中、  一番カラッとさっぱりした作風のように  感じました。  もちろんこれまでも、文体自体は軽妙洒脱でした。  ですが、物語全体には、どこかダークなニオイも  漂っていたんですよね。  (それが悪いということでは、もちろんないです)  それがこの作品では、文体の軽やかさが  そのまま小説のムードとぴったり合っていて、... [続きを読む]

受信: 2006年12月 4日 (月) 20:45

» 砂漠 |伊坂 幸太郎 [ミステリー倶楽部]
「陽気なギャング~」が好きな人は、受け入れられるかもという作品です。キャラクターが相変わらず魅力的で、ユーモアが聞いてます。 伊坂さんのふんだんに使用する伏線や、ここでも、能力をもつ人物がでてきたり、 今までを総合したエンターテイメントだったと思います。 西嶋君の「天地無用」がうけました。 ... [続きを読む]

受信: 2007年2月21日 (水) 14:38

« 「地下鉄(メトロ)に乗って」 浅田次郎 | トップページ | 「パイロットフィッシュ」 大崎善生 »