« ■雑談:帰省中 | トップページ | 「The MANZAI 3」 あさのあつこ »

2006年10月 9日 (月)

「最後の息子」 吉田修一

最後の息子 最後の息子

著者:吉田 修一
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する


最後の息子・・・そう言う意味でしたか。
ブックoffで購入したため、カバーなしで平然と電車で読んでいたのですが、
まいった、まいった。
ホモ要素が混ざってるんじゃなくて、話が初めからホモ肯定。
いや、別に非難しているわけではないのですが、ちょっぴり衝撃的だっただけです。
なんせ「後味が爽やかな本」ってお薦めしてもらったもので。苦笑

3本入り短編です。

「最後の息子」
一言で言うとホモの世界の話・・・。(纏めすぎ
僕と閻魔ちゃん(男)との間に生じる蟠りをメインに描かれている。
僕は女の子を好きになれないわけではない、
だけどなんで閻魔ちゃんなんだ?と言う説明し様がない現実がある。
一緒に住み、暮らしてゆく中で、一体僕は何を求めているか判らないし、
世間にはやはり(ホモなんて)公言するべきではないとする。
お互いに好きあっているけれど、結婚なんて考えるべきじゃないわって話。
いわゆるホモの憂鬱ってヤツでしょうか。
大変だなと客観的な感想しかもてませんでしたが、
描写が独特で楽しかったです。初めはいきなり「大統領」って誰だよ、
とかツッコミながら読んでましたが、最後の部分では
「おぉ!凄い纏まった」と感心しました。最後の息子、意味が最高です。

「WATER」
これまたホモ要素?微量配合。
これを「後味爽やか」と薦めてもらったのですが、なるほどなかなかでした。
水泳の話ですが、雰囲気で言うと、森さんの「DIVE!!」風味。短編だけど。
メドレーで、今回は団体競技ですが、4人それぞれの思惑が錯誤して、
尚且つ纏まってるよ!みたいな連帯感が良かったです。
登場人物は高校生ですが、作者が男性であるからか、
エロチズム?な描き方が私的にとても好きでした。(だから男性作家が好きなのか?
後は感動要素の入れ具合が絶妙で思わず、うるうるなシーンも。
主人公主体で進んでいますが、泳げない後輩を笑い飛ばしていても、
実は自分が一番心配していて、泳ぎきった後泣いてしまうくらい情に脆い。
その上、兄(「破片」に出てますが)が死んでしまった事によって、
母親が狂ってしまった息子の心境がともて素敵でした。
確かに後味爽やか!「最高記録を破るために生きて行く」、いい言葉です。

★★★★☆*90

|

« ■雑談:帰省中 | トップページ | 「The MANZAI 3」 あさのあつこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/3754469

この記事へのトラックバック一覧です: 「最後の息子」 吉田修一:

« ■雑談:帰省中 | トップページ | 「The MANZAI 3」 あさのあつこ »