« 「ねじまき鳥クロニクル 第1部:泥棒かささぎ編」 村上春樹 | トップページ | ■雑談:慶應第九コンサート »

2006年10月12日 (木)

「グラスホッパー」 伊坂幸太郎

グラスホッパー グラスホッパー

著者:伊坂 幸太郎
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


えーと。
いいかげん忘れないうちに書いて置かなくちゃね、って事で伊坂さん。
殺人的要素たっぷりで結構好きだったりしましたが、
積み込み感が今回は弱い気もしました。
2画面ならぬ、3画面描写はいやはやお見事でした。

一言で言うなら殺人トライアングル。
綺麗な三角形じゃないかも知れないけど・・・。
そしてそこに首を突っ込んでしまった「僕」の話。
ある裏の頭が臆病でずる賢かったために引き寄せられた3種類の人間。
言葉で自殺に追い込む力を持つ鯨に、切り裂き魔・蝉。
それに、その名の通り突き落とす殺人職「押し屋」が加わり、
螺旋状の殺人戦線が繰り広げられる。

殺人って言っても伊坂さんなので然程生々しくもなくクールな感じで。
毎度の事ながら、「え?この話結末が読めないんだけど」と中盤で不安になる。笑
今回は、世の中に理不尽な死や出来事があるように、
理不尽な力と理由で人を殺しちゃうのってどう?と言いたげです。
キャラクターもいつもながら的確に配置されていて文句なし。
伊坂さんは傾向的にちょっとドジ?と言うか優柔不断な主人公が多いですが、
この主人公・鈴木も引けを取らない優柔不断さがたまらない、なんて。
復讐を考えて乗り込んだくせに、いつの間にか敵?の家族と仲良くなったり、
心配しちゃったりと結構笑いもので、その滑稽さが伊坂さんらしい。
目の前で人を殺しているにも関わらず、俺には関係ないと言う鯨も、
実は故人の幻覚や幻聴に悩まされて命の危機に立ったりする。
その、人間やればやっただけの仕打ちが来るんだって、
やっぱり覚悟しなくちゃねと訴えかけているようです。
まさか「バカジャナイノー」の2人があんな結末で終わると思いませんでしたけど。
ラストのシーンでは、死を思いのままに操る信じ固い経験をした!
と衝撃と共になってくる興奮が、後の穏やか過ぎてしまう日常にかき消され、
妻のための復讐は本当に果たせたのだろうか、そもそも嘘?
と疑問になる気持ちを「バカジャナイノー」と吹き消してくれるところが、
すごく爽やかで、シュールなんだけど陽気に伝えようと言う伊坂さんらしい。
なかなかです。短めなのによく纏まってるし。やっぱ凄いよ伊坂さん。

★★★★☆*91

|

« 「ねじまき鳥クロニクル 第1部:泥棒かささぎ編」 村上春樹 | トップページ | ■雑談:慶應第九コンサート »

コメント

 こんばんは♪
 読みましたー。
 TBさせていただきましたので、
 よろしくお願いします◎

 なるほどなぁ・・・。
 るいさんのレビューを読んでいて、
 かなり納得でした。
 そう思うと、なかなか深いですねぇ。。。
 いやぁ、るいさんお見事です。

 本以上に、記事のほうに感動しちゃいました。 

投稿: miyukichi | 2006年11月18日 (土) 00:25

こんばんわ~コメントありがとうございます!!

読まれましたか~「グラスホッパー」!
この本は何でこのタイトルにしたんだろう?と疑問な本の一つでした。笑
そもそもどういう意味なんだろう?
硝子で出来た吐き出し口?うーん。

レビュー読んで下さったそうで、ありがとうございます^^*
え?!そうですか?見事なのはどのへんがだろう・・・;(汗
私的に一番好きなのは「バカジャナイノー」ですが、
あぁやられた、と憎たらしいのも「バカジャナイノー」です。笑
正直読み初めから終盤まで終始盛り上がってた感があって、
このまま突っ走っても起承転結しないんじゃ?
とか、失礼な事に伊坂さんを見縊りました。(ばか者です
「なんだー、今回そんなに面白く無いかも」とか実は中盤思っていましたが、
何のことは無い、ビックリポイントを最後に持って来た、って感じでしたね。
大げさに言うと「承起承結転」。笑
話が纏まった辺り、(僕がホテルで料理と格闘するあたり)
が結かと思ってたため、「バカジャナイノー」(転)はしてやられた感たっぷり。
くぅ、伊坂さんやるなぁ!
と、そこだけで作品の度合いが何倍も跳ね上がった気がしたり。

最近伊坂さん読んでいなかったので、読みたいです。
「ラッシュライフ」かなぁ。(手元にあるので
「チルドレン」読みたいのですが、買う金が給料日までありません。涙
来月は伊坂さん月間にしようかなぁ・・・
でも、また読み終わっちゃうのがもったいない、とか言い出すかも。笑

ではでは、こちらからもTBさせて頂きますね!

投稿: るい | 2006年11月19日 (日) 02:46

 見事だな、って思ったのは、
 ラストのあたりの解釈です。
 自分のほうの記事を書いてから
 るいさんの記事をあらためて読んで、
 おおー、なるほどー、って
 目からウロコでしたよ☆
 作品の展開・構成についての見方も、
 感受性の豊かさに感心しちゃいました。

 グラスホッパー(grasshopper)は、
 バッタのことだと思います。
 それに気づいた瞬間、この作品の深さみたいなものを
 すごく感じられました。
 さすが、伊坂さんですね!(笑) 

投稿: miyukichi | 2006年11月19日 (日) 21:13

こんばんわ~コメントありがとうございます!!

ラストの辺り、私も気づいた時は「おぉ!」って感じで、
「バカジャナイノー」に鳥肌でしたよ。笑
つたない文章が参考になって嬉しいです^^*
感受性の豊かさ・・・?!
そ・そんなに褒めても何も出ないですよ( ̄□ ̄;)!!
温かいコメントありがとうございますv
書いている甲斐があると、毎度感謝、感謝です。

バッタ!!
バッタか。
バッタなのか!!(衝撃
そうですねぇ「グラス」ってコップのだけじゃないんですね、「草」だ、「草」。
なるほど、そうすると何だろう。
バッタが獲物を狩る、みたいな感じなんでしょうかねぇ。
確かに深いですわ、そしたらトノサマバッタにも納得です!
すごい・・・。
そしていつものように、「さすが、伊坂さん」で纏めるしかないのかな?笑

何故か「ラッシュライフ」が凄く読みたくなりました。
伊坂ワールドは癖になりますね!

投稿: るい | 2006年11月19日 (日) 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/3785163

この記事へのトラックバック一覧です: 「グラスホッパー」 伊坂幸太郎:

» グラスホッパー [miyukichin’mu*me*mo*]
 伊坂幸太郎:著 『グラスホッパー』    妻を轢き逃げされた鈴木。  「自殺させ屋」の鯨。  ナイフ使いの殺し屋、蝉。  この3人の視点から、代わる代わる描かれます。    全体的に、“無機質”なにおいで、  かなりダークな感じで進んでいきます。  なにげないところで鋭い比喩表現があったりして  そんなところは伊坂さんらしさが十分感じられます。{/hikari_b... [続きを読む]

受信: 2006年11月18日 (土) 00:17

» グラスホッパー |伊坂 幸太郎 [ミステリー倶楽部]
直前に偶然にも、村上春樹の『羊をめぐる冒険』を読んでいた。 あまり読書家ではないので、 上記の作品も、村上春樹作品も初心者だ。 ネットの書評などで、 村上春樹的だと語られているのも読んだ。 確かに、この作品を読んでみると、 「村上春樹的」だな、と思う面もある。 ... [続きを読む]

受信: 2007年2月23日 (金) 07:29

« 「ねじまき鳥クロニクル 第1部:泥棒かささぎ編」 村上春樹 | トップページ | ■雑談:慶應第九コンサート »