« 「オロロ畑でつかまえて」 荻原浩 | トップページ | 「R.P.G.」 宮部みゆき »

2006年9月 8日 (金)

「レキシントンの幽霊」 村上春樹

レキシントンの幽霊 レキシントンの幽霊

著者:村上 春樹
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する


ん?なんだか春樹さんぽくないような・・・。
なんとなく他の長編作を書くための予備的な短編集、みないな。
そんな感じがする。
結構年代がバラバラに収録されているので、
あぁこの頃の春樹さんはこんな事を考えていたのね的。

一つ目は「緑色の獣」。
幼い頃から接してきた椎の木から緑色の獣が出現する話。
すんごく短い。
何が言いたいのか理解に苦しむのですが、
多分幼い頃の自分を知っている誰か(ここでは獣)を気持ち悪がる、と言う感じ。
突如現れて、「昔からあなたが好きだ」と言うような事を聞いて、
(自分の過去を嫌う)主人公は生理的にその存在を受け付けない。
そんな事を表しているのだと思います。
ここから連動して話が作られるのか・・・と思うとなるほどと感嘆です。
これは何となく表現が「世界の終わり~」の一角獣のような雰囲気。
でも表現している事は違いますけどね。

もう一つは「トニー滝谷」を。
孤独になりたくないけれど、いつしか周りは死んでいくものだし、
その悲しみを乗り越えるために、遺品をそばに置いておくのも辛い。
でも死人の影を振り落とすためには、やっぱり綺麗さっぱり捨ててしまうべきで、
そうすると、やっぱり独りぼっちになっちゃうよね、と言う話。
一度は皆体験するだろうと暗に訴えている部分に敏感に反応してしまった。
孤独を愛する人がいたとしても、誰かが周りにいる状態での孤独と、
本当に身寄りのいない天涯孤独ではわけが違うのだな、と思う。
トニー滝谷は名前からしてそう言う運命を辿るのだ、
と言っているようで、親の運命を受け継いでいる、そんな事も感じました。

うーん。面白みには欠けるかも知れないですが、
人間の感情を文章で表すとこんな感じになるのではないだろうかと。

*79

|

« 「オロロ畑でつかまえて」 荻原浩 | トップページ | 「R.P.G.」 宮部みゆき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/3389743

この記事へのトラックバック一覧です: 「レキシントンの幽霊」 村上春樹:

« 「オロロ畑でつかまえて」 荻原浩 | トップページ | 「R.P.G.」 宮部みゆき »