« 「蛇にピアス」 金原ひとみ | トップページ | 「アヒルと鴨のコインロッカー」 伊坂幸太郎 »

2006年9月 5日 (火)

「イン・ザ・プール」 奥田英朗

イン・ザ・プール イン・ザ・プール

著者:奥田 英朗
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する


「空中ブランコ」先に読んだ方が良かっただろうか・・・。
結構ヒット作品から読む癖があるので。苦笑
でもこれも評判いいよね?本屋さんでよく見かけるし。
表紙の赤ちゃんが印象的。内容は・・・男性に受けそうなストーリー。
いや、勿論面白いんだけどさ、
「勃ちっ放し」とか絶対男性の方が共感が湧くのではと。笑
そして私も読むまで気づかなかったけど、これは短編集です。

変わり者の精神外科医・伊良部とその患者の話。
精神病って設定だけあって、現実に耐えかねて狂った主人公が登場。
第一にまず、その壊れ方が面白い。
プール依存症だったり、勃ちっぱなしだったり、自意識過剰だったり・・・。
そしてその人たちがお世話になる医者がもっと可笑しいという設定になっていて、
そのあまりに逸した行動に、患者たちが何故か自然に構成していく、
絶妙な治療法(?)が売り。笑
実は奥田さん初だったので、「なかなかやるなぁ」と。(何様だ
大人のユーモアセンスここに。いや、でも結構遊んでる部分もあるけどね。
この話にサラリーマンとか高校生とかOLとか色々出てくるのに、
文章に対して年齢と不釣合いだ、と思うことが丸でなくていい。
精神病の医者だって言うのに、超自己中心的で人のことを考えない。
そんなヤツを設定する面白さのセンスはお見事です。
でもじっくり読むって言うよりは、さっくり読むって言う感じで。
長編読んだ事無いからかもしれないけど、
あんまり心に残らないまでの爽快なストーリー。いいのか悪いのか・・・
主題が精神病とか重い感じだから、あっさり後味よく読めるのはいいのかもね。なんて
今度はやっぱり「空中ブランコ」読んでみよう。

*81

|

« 「蛇にピアス」 金原ひとみ | トップページ | 「アヒルと鴨のコインロッカー」 伊坂幸太郎 »

コメント

今晩は!

すいませんTBの調子が悪いみたいで連続送信の形になっちゃいました
1つ消しておいてください(^^;

ところで成人式お疲れ様でした。私の成人式はとっくに終わって入るんですが
毎年TVで荒れる成人式なんてみると嫌な時代になったなと思います
私の場合はシステム手帳がほしくて参加したんですけどね
ホールに入らないともらえないもので(^^;

っでこの作品ですが面白かったですね、とんでも精神科医の
あばれっぷりが見事でした。
反面教師になって心配事が実はたいしたこと無いんだよって
見せてるのが良いよね、伊良部先生はそこまで考えてないように見えるけど
結果的にそうなってるし、それにしてもいろいろな悩みがあるな~

奥田さんの作品はだいたい伊良部先生シリーズからはいるか違いますが
本当の代表作である「邪魔」「最悪」もお勧めです。全く正反対
の結構ハードなお話ですが良作とも賞を取ってるほどの作品です
あと「ガール」なんてお勧めですよ

投稿: せつら | 2007年1月14日 (日) 19:10

>せつらさん

こんばんわ!
TB&コメントどうもありがとうございます^^*

TB直して置きました!
私も時々ありますよ・・・同じ系列のブログのはずなのに飛ばない!とか。
飛んだのに、履歴に残ってないとか・・・。
まぁイマイチTBの仕組み自体判っていない、と言う事に問題あるかもですが;

成人式・・・予想していたよりも平和でした。
こんな事言うのも難ですが、ちょっとガッカリしたくらいです(笑)
そもそも学校創立以来、一番の問題学年だった私たちですが、
先生たちもやはり式が荒れないように秘策を練っていました。
会場についた瞬間「こう来たか」とちょっと感心。
なんと成人式役員がほとんど元ヤンキーだったのです。
とは言っても、もう子供がいたり、昔の事は若気の至りだと思っている子ですが、
中には暴走族の組員だった子もいて、否応なしに従わなくては・・・
と言うような雰囲気がうっすら漂っていました。
私的にはむしろ、劇的に更生した?ように見えた、
彼らの大人びた姿にビックリしましたね。
だってレディースとか入っていた子が、小学校の先生の教員免許取れた?
とかで騒いでいましたから、世の中捨てたもんじゃないな、と。

それにしても、システム手帳くれる成人式はイキですね。
うちの町が貧乏すぎるのかもしれませんが、何も出ませんでした。
パイプ椅子でしたし、その上もらったのは選挙のパンフレット。
極めつけは、町長が別の用事のため代理人挨拶。
「おい、成人式くらい空けておけよ!」と言う感じでしたけども、
まぁ町長さんに挨拶を頂いた所で、あまり変わらなかった気もしますけどね。

この作品面白いですよ、去年の夏に読んだのですが、
まだ内容をはっきり思い出せるくらいです。
伊良部の強烈なキャラクターに、むしろ引き気味でした(笑)
症状のユーモアもさることながら、と言う感じで。
伊良部はそんな事一切考えて無いだろうに、結果オーライで。
「あぁこんな人もいるんだから、自分、頑張れるかも」的な感じが
よいのでしょうね、なんて。

そうそう、ずばりせつらさんのおっしゃるとおりなんですよ(苦笑)
何となく奥田さんもっと堅い内容書く方だと思っていたのに、
一番初めに読んだのがこの本だったので、あまり強烈すぎて;
最初に「邪魔」「最悪」なんかを読んでいれば、
「おぉこんなチャーミングな部分もあるのね」と思えたはずなのにな、と。
私的にハードな感じの方が好きなので、上記2作品読んでみたいと思います!
そしたら伊良部さんももっと楽しく読めるのでは・・・と目論んでおります。
読み終わったら、「ガール」も探してみますね。

投稿: るい | 2007年1月15日 (月) 01:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/3343728

この記事へのトラックバック一覧です: 「イン・ザ・プール」 奥田英朗:

» 奥田英朗【イン・ザ・プール】 [ぱんどら日記]
なんだか体調が悪くて、総合病院へ行ったら、医者が「一度うちの神経科に行ってみませんか? ちょっと変わった先生ですが慣れればどうってことないですから」と言い、ひきつった笑いを浮かべて目を合わせようとしなかったら... [続きを読む]

受信: 2006年11月28日 (火) 13:15

» 『イン・ザ・プール』 [眠り猫の憂鬱]
どっちが患者なのか? トンデモ精神科医伊良部の元を訪れた悩める 者たちはその稚気に驚き、呆れ…。水泳中毒、ケータイ中毒、ヘンな ビョーキの人々を描いた連作短篇集。 [続きを読む]

受信: 2007年1月14日 (日) 19:01

« 「蛇にピアス」 金原ひとみ | トップページ | 「アヒルと鴨のコインロッカー」 伊坂幸太郎 »