« 「今夜は眠れない」 宮部みゆき | トップページ | 「パン屋再襲撃」 村上春樹 »

2006年8月 3日 (木)

「カラフル」 森絵都

カラフル カラフル

著者:森 絵都
販売元:理論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


「DIVE!!」読んだから、森さんの昔読んだ本が懐かしく思えて、
ついついハードしかないこの本を買ってしまいました。
何で文庫無いんだろう・・・?児童書(?)だから・・・?
それにしてもアマゾンでお届けに1週間以上って、
どれだけ品薄なんですか?とちょっと不安に。笑
近くの本屋・ブックoffになくて苦労しました。でも新品で嬉しいです。

「おめでとうございます、抽選に当たりました!」
ひょんな事から神様が決めた抽選に当たった僕の魂は、
下界に下りて自殺した男の子の体にホームステイする事になった。
そこで再挑戦に成功すれば、僕は輪廻・すなわち成仏でき、
失敗すれば瞬間に魂はシュッと消え、その上男の子も死亡しちゃうよ、
と言うコミカルな人格更生の話。でも泣ける。
天使の言葉で始まる軽快な語り口が、堪らない。
人の死を扱う話で、これだけ嫌味もなく話を進めるためには、
森さんの文章能力でしかありえないだろう、と断言します。
僕の入った体・小林真は冴えない男で、周りの環境も入り組んでいる、
だから真が自殺をするのは当然だ、と決めつける僕の気持ちが良く分かる。
けれどそんなどうしようもない僕を周りの皆は支えてくれていた、
と気づいた時、とてつもなく切ない思いに駆られます。
特にあんなに喧嘩ばかりして、「次はしくじるなよ」なんて言っていた兄が、
僕のために行きたがっていた医大に行くのを諦め、その上、
14年間世話の掛かった弟が自殺して死んだ気持ちを考えてみろ、と言った事。
私はその部分を読んだ時思わず泣いてしまった。
「満の声を、死んだ真にきかせてやりたかった・・・。」
全ての後悔は、死んだり自分の手元に何もなくなった時に
改めて痛感するかけがえの無い物なのだと教えてもらった気がしました。
「この世があまりにもカラフルだから、ぼくらはみんないつも迷っている」
まったくその通り。
世の中には個性豊かな色んな色が溢れていて、周りは皆カラフルだから、
どれが正解かなんて決める事は出来ないけれど、
例え選んだそれが間違った物だと気づいても、もう一度よく見直してみたら、
違う色に見えるかもしれない、だから決して生きる事を諦めないで。
・・・と、コンセプトこんな感じでしょうか?
結末はご察しの通り。(言いませんけど・笑
小学生の教科書に載せてもいいんじゃないかな、なんて個人的に思いますけど。
是非、森さんの真骨頂を。

*97

|

« 「今夜は眠れない」 宮部みゆき | トップページ | 「パン屋再襲撃」 村上春樹 »

コメント

人の死やいじめを扱っていると、たいてい嫌味だったりあざとかったりするのですが、森絵都さんはそれがないですよね。
教科書にこういうのが載っていたら、本好きの子どもが増えるんじゃないかと思います。ぜひやってほしいです。

投稿: 3xnw | 2006年8月 6日 (日) 21:22

コメントありがとうございます!!
本当ですよね、人の死とかいじめとか暗い話題について扱った本で、
ここまでタイトルどおり「カラフル」に描かれた本ってなかなか無いと思います。
それどころかキャラクターが生き生きとしていて、
それでいて、「死ぬと言う事は重要な事なんだよ」って伝えてくれる、
沢山メッセージが込められていて、森さん凄い人だと再読して再確認しました。
私は一番最初に読んだ時中学1年生位だったと思うのですが、
不意に「あぁあれ、いい本だったよなぁ」って思い出しました。
本当、教科書に載せたりすれば、本が好きになってくれる子が増えると思います。
是非「いちご同盟」とタイアップで・・・なんて。笑

投稿: るい | 2006年8月 7日 (月) 02:16

 こんばんは。
 オススメの「カラフル」、読んでみました。
 
 結末は、まぁ想像どおりではあったけど、
 それが全然イヤじゃない終わり方でしたね。

 TBさせていただきました。
 よろしくお願いします◎

投稿: miyukichi | 2006年8月19日 (土) 22:56

こんばんわTB&コメントありがとうございます!!
「カラフル」読まれたそうで!
お薦めのものを読んで頂けると嬉しいものですねv

そうそう、結末は結構判ってしまうのですが、
好きなんですよねぇ・・・この話。
もう5、6年前に読んだきりだったのに、「いい話だったなぁ」
と最近ふと思い出して私も読んでみたのです。
なんて言うかちょっとした人間的教訓で、周りを色んな角度から見なさいよ、
って言ってもらえているようで、励まされます。

後ほどこちらからもTBさせて頂きますね!

投稿: るい | 2006年8月20日 (日) 02:27

カラフル最高です(≧∇≦)
私のbest5に、はいっています。

投稿: | 2012年8月23日 (木) 21:39

森絵都さんの作品をもっと読みたい!
「カラフル」は、心に残る話です。
このお話は、スラスラ読めるので、誰でも読めそう(*^-^)

投稿: ちい | 2012年8月23日 (木) 21:47

森絵都さんの作品をもっと読みたい!
「カラフル」は、心に残る話です。
このお話は、スラスラ読めるので、誰でも読めそう(*^-^)

投稿: ちい | 2012年8月23日 (木) 21:48

>ちいさん
コメントありがとうございます。
返信が遅くなって申し訳ありません。
森さんはとても読みやすいですよね!
先日本棚を掃除していたら、「カラフル」を見つけたので、
もう一度読んでみようかと思います。

投稿: るい | 2012年12月14日 (金) 10:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/2916908

この記事へのトラックバック一覧です: 「カラフル」 森絵都:

» ★ カラフル 森絵都 [本を読んだら・・・by ゆうき]
カラフル 森 絵都 理論社 1998-07 再読。 死んだはずの「ぼく」の魂が、もう一度生まれ変わるために、人間界で修行をさせられることになりました。プラプラという名の、飄々とした天使のガイドのもと、「ぼく」は、自殺した「小林真」という少年の体をかりて、「小林真」として暮らし始めます。 自殺するくらいですから、「小林真」の生活には、嫌なこと、辛い事がたくさんあります。家族それぞれとの確執、身長コンプレックス、いじめ、自分の進路。「ぼく」はその一つ一つに向き合い、解決していかな... [続きを読む]

受信: 2006年8月 5日 (土) 09:51

» カラフル[森絵都] [毒か薬。]
森 絵都 カラフル 「おめでとうございます! あなたは当選しました!」天使のプラプラが川を流れる僕をすくい上げて宣言した。僕には記憶がないけれど、自称天使のプラプラが言うには、僕は一度死んでいて、生前に重大な罪を犯してしまったため、このままだと輪廻に組... [続きを読む]

受信: 2006年8月 6日 (日) 21:20

» カラフル [miyukichin' mu*me*mo*]
 森 絵都:著 『カラフル』    死んだはずの「ぼく」の魂のもとに、天使がやってきて、  「おめでとうございます、抽選にあたりました!」  なんでも、大きな過ちを犯して死んだ罪な魂は、  普通なら輪廻のサイクルからはずされるところ、  特別にチャンスが与えられた、らしい。  辞退する権利も与えられず、  「ぼく」は気が乗らないまま、  「小林真」として彼の家庭に「ホームス... [続きを読む]

受信: 2006年8月19日 (土) 22:55

» 「カラフル」 森絵都 [読書とジャンプ]
単純なのに複雑。ファンタジーの中に潜むリアル。生前の罪により、輪廻のサイクルから外されたぼくの魂。だが天使業界の抽選にあたり、再挑戦のチャンスを得た。自殺を図った少年、真の体にホームステイし、自分の罪を思い出さなければならないのだ。真として過ごすうち、...... [続きを読む]

受信: 2007年9月28日 (金) 23:50

» 「カラフル」森絵都 [りゅうちゃん別館]
森絵都の「カラフル」を読んだ。 (この記事、ネタばれあり)    【送料無料】カラフル価格:530円(税込、送料別) 森絵都の作品は「つきのふね」に続いて2作目。 死んだはずのぼく。 生きている間、悪いことをしたために輪廻のサイクルから外される。 だが、抽選に…... [続きを読む]

受信: 2011年6月19日 (日) 18:18

« 「今夜は眠れない」 宮部みゆき | トップページ | 「パン屋再襲撃」 村上春樹 »