« 「アフターダーク」 村上春樹 | トップページ | 「つきのふね」 森絵都 »

2006年8月22日 (火)

「陰日向に咲く」 劇団ひとり

陰日向に咲く 陰日向に咲く

著者:劇団ひとり
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

劇団ひとり・・・正直感心した。
うん、まさかこんなに感動するとは思ってもみなかったし、
オチがあるのが見え見えなんですが、でも結構意外性があってなかなか。
恩田さんも言っているようにあと2冊書いてみて欲しい。
むしろウケない芸人よりも向いてる気がするよ、なんて。笑

一人一人の話が取りあえず面白い。
ホームレスだったり、なんちゃってカメラマンだったり、駅員だったり・・・。
何気なく読んでるとしっかり騙されてしまい、オチを知って悔しい。

一番良かったのはやっぱり先入観のない状態で読んだ、
最初の「道草」かなぁと思います。ひっかかった、ひっかかった。
サラリーマンに嫌気が差した男が、ホームレスに憧れ、
昼間は出勤し、夕方にはボロボロの服に着替えホームレス生活を送り始める。
そんなある日、ホームレス達の中に有名野球選手の父親がいると言う話題になり、
大法螺吹きのオヤジが、父親ではないか?と疑われる。
皆も歓迎し本人も満更ではなく、祝福ムードで、
生き別れていた息子との再会を喜んでいた・・・・。
喜んでいた・・・のに実は・・・!!と言う感じ。
本当騙されたー・・・。まさかいつもは大法螺吹きでも、
少しは本当の事を話しているんだ!とちょっと関心していたのに、
裏切られた感たっぷりで、劇団ひとりにやられたな、と思った。

「ピンボケな私」「鳴き砂を歩く犬」
は話口調で進められているけど、あまり気にならなくて良かった。
どちらかというと、親近感が湧いてなかなか気持ちが伝わる気もする。

うん、まぁこの本は読んでみないと判らないよ、って事で。
書いちゃうとオチが判って楽しく無いからね。
是非、一読を。損はありません。

*80

|

« 「アフターダーク」 村上春樹 | トップページ | 「つきのふね」 森絵都 »

コメント

こんばんは。
これ、Oさん(髪が長いあの子)にすすめられて
生協で半分くらい立ち読みしましたよ。
あと半分もそのうち立ち読みしてこようと思ってます。
思いがけず面白かったので
失礼だけどびっくりでした。

リンクさせてもらいました!
いちおう報告です。
短いですがこのへんで♪

投稿: koba | 2006年8月24日 (木) 01:38

こんばんわ、こんばんわ。

Oちゃん元気ですか?
生協で立ち読みですかぁ、まぁそんなんでも十分だね。
話の内容が軽いし立ったままでもサラリと読めるよ。
ちなみに私は買ったけど、現在会社内で図書扱いでお姉さんの手を回ってますよ。笑
面白いよね、不覚にも。
不覚にも。
ちょっとウルウルきっちゃったりして、これは何かの間違いだと・・・。
うん、見直した、劇団ひとり。
むしろ作家になっちゃえよって感じ。
脚本家とか?
お笑いはさほど好きじゃないので。

ではではリンクどうもでした!
これからもどうぞカエルでご贔屓に。
(そう言えばもう一つのリンクって私知ってる人・・・?)
またカエルにもお邪魔しますわ。

投稿: るい | 2006年8月25日 (金) 02:08

 るいさん、こんばんは♪
 遅ればせながら読みました^^

 なんかどのブログを見てもけっこう絶賛で、
 私だけが悪魔のような気がしてきました^^;;
 いや、たしかに着想とかはよかったんですけど。。

 もししっかり本業の作家さんだったら、
 すごく可能性ありますよね。
 でも、これからもお笑い&ときどきドラマの
 片手間(?)に書くとしたら、
 小説のほうの進歩はあまり望めないのかなぁ、とも。

 なによりもう表紙に吹き出してしまったもので、
 それが尾をひいたのかもしれません。。^^;;

投稿: miyukichi | 2007年8月 4日 (土) 01:11

>miyukichiさん

コメント&TBどうもありがとうございます^^*
読まれたのですねぇ、もう一年前かぁ!驚きです。笑

そうかぁ、miyukichiさん不評だったようで。
確かに皆さん絶賛してますよね。私も結構してるかも…?
あぁでも分かる気がしますよ。
あのーあれですよ、最初に読み始める時の心意気の差ですよ、きっと。
私は凄く馬鹿にしてましたからねぇ、然程お笑いも好きじゃないし。
「絶対面白いはずが無い」 ←結構酷い
と思って読み始めたので、「案外面白い」と思ったのです。
なので、周りが「面白いよ」と言って、面白いと思って読み始めると、
「それ程じゃない」と思うのかもしれません。

老後は是非小説書いて欲しいですね。笑
笑いが廃れた頃に、こっちに来るのもいいかもしれませんし。
表紙はナルシストでしたねぇ、
まさか自分の著書で、自分の写真使う人っていないし。笑
そういうところもmiyukichiさんはだめだったんでしょうね。

投稿: るい | 2007年8月 4日 (土) 23:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/3176538

この記事へのトラックバック一覧です: 「陰日向に咲く」 劇団ひとり:

» 「陰日向に咲く」の感想 [読書感想トラックバックセンター]
「陰日向に咲く」についての感想をトラックバックで募集しています。 *著:劇団ひとり 書評・評価・批評・レビュー等、感想文を含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(^^... [続きを読む]

受信: 2007年6月 4日 (月) 20:54

» 陰日向に咲く/劇団ひとり [Book] [miyukichin’mu*me*mo*]
 劇団ひとり:著 『陰日向に咲く』  陰日向に咲く劇団ひとり幻冬舎このアイテムの詳細を見る  去年夏に予約してから、  1年を経てようやく回ってきましたー!  まず、表紙見て吹き出しました。  なんだよ、これ、作家自らの肖像写真かよっ!!(笑)  こんなの、主婦のときの吾輩くらいだぜ。。^^;;  字が大きめで行間も広めなので、  あっというまに読めました^^  しかしこれ、コメントに困るな。。^^;;  よく皆さんの言ってた「意外によかった」を  そのまま使いたい。  というか、それ以上で... [続きを読む]

受信: 2007年8月 4日 (土) 01:06

« 「アフターダーク」 村上春樹 | トップページ | 「つきのふね」 森絵都 »