« 「夏と花火と私の死体」 乙一 | トップページ | 「今夜は眠れない」 宮部みゆき »

2006年8月 1日 (火)

「スプートニクの恋人」 村上春樹

スプートニクの恋人 スプートニクの恋人

著者:村上 春樹
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


春樹さん大好きだけど、理解するのに骨が折れる。
彼の文章を出来るだけ正確に読み取るコツとか、教えて欲しいです。苦笑
「スプートニク」題名と内容の掛け具合が、他の作品に比べて薄い気がする。
楽しめるけど、ちょっと考えないと主題は判ったつもりで判ってない。
そんな私もきっと判ってない・・・。

単刀直入に言うと、僕が好きな「すみれ」は、生まれて初めて恋をする、
そして、それはたまたま女だった、と言う話。
しかしすみれが好きになった女性・ミュウは、原因不明の精神混乱により、
自分の中のいくつかの物(性欲やピアノの才能や髪の色素)を失っていて、
ミュウはすみれの思いを受け止める事が出来なかった。
対するすみれも本当の母親が消える夢を見ていて、それは
すなわち自分の中の母親の血(?)が引き裂かれ、消滅すると言う隠喩。
どちらとも何かしら憎むべき物によって、自分の内部の物が欠如してしまった。
そんな時すみれは、もう一人のミュウ(欠如した方)に会いに行くために姿を消す。
僕はそんな様子を傍観者的に眺め、そして絶えずすみれへの思いを募らせる。
・・・とこんなところがあらずじかと。
自分でもよく判りませんが、これ以上上手く表現する事は私には無理です。苦笑
で、まぁ結局のところのコンセプトは、
「それぞれに他者の中になにかを求めあっていて、
なのになぜ我々はここまで孤絶しなくてはならないのだ」と言う事です。
ミュウはすみれの望みを叶えられず、すみれは僕の望みには答えてくれない。
そう言う螺旋状の関係が幾重にも続いている、と言う感じかな。
何もさえぎる物は無いはずなのに、不意に触れ合ってはすれ違っていく。
まるで二度と戻ることなく宇宙をさまよい続ける事になった、
「スプートニク」のようだね・・・と言いたいのだと思われます。
難しいですね、まったく。
でもこの本は結構好きだったりします。何て言ってもすみれが可愛い!!
春樹さんにしては珍しいキャラクターです。
いつもは大人しめで根の強いヒロインが多いですが、
すみれは結構ずれてる(?)と言うか、あまり完璧で無いところが魅力。
あまり春樹さん読まない方にもお薦めですけど、しっかり読まないとよく判らない。
それだけは言っておきます。

*84

|

« 「夏と花火と私の死体」 乙一 | トップページ | 「今夜は眠れない」 宮部みゆき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/2898072

この記事へのトラックバック一覧です: 「スプートニクの恋人」 村上春樹:

« 「夏と花火と私の死体」 乙一 | トップページ | 「今夜は眠れない」 宮部みゆき »