« 「陰日向に咲く」 劇団ひとり | トップページ | 「バッテリーⅣ」 あさのあつこ »

2006年8月23日 (水)

「つきのふね」 森絵都

つきのふね つきのふね

著者:森 絵都
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


森さんが書いた命に関わる本って素敵だなぁ、と再確認した。
「カラフル」もこの間読み直したわけだし、
「つきのふね」もよかったよなぁ~と思い出し読んでみた。
やっぱりいいわぁ。
心にじ~んとくる、いい話。

端的に言うと、非行少女が、精神異常の男性を助けようとする話。
中学生のさくらは、仲間外れにされるのを恐れて、万引きを繰り返していた。
しかし、親友・梨利と一緒に万引きを店の人に見つかってしまった。
梨利は逃げ、さくらは捕まる事になってしまい、梨利は見捨てた事を後悔し、
さくらは一緒に捕まって欲しいと思った事を悩み、お互いを避け始める。
そんな時さくらが仲良くなった智は、人間関係から精神が狂ってしまっていた。
徐々に発覚して行く智の症状の悪化に友人・勝田と共に作り話をし、
少しでも正常な精神に更生しようとする。
中学生は群れを作る・・・何だか懐かしい気持ちで読みました。
森さんは小さい子供の心境を書くのが上手いので、気持ちがしっかり伝わる。
主人公さくらは、家族ともそれほど団結力もなく、
また親友と仲たがいする事によって、一人ぼっちになってしまった。
そんな時出会ったオアシス・智を必死に必要としていたが
それとは裏腹に智は「月の船」を書き続け狂ってゆく。
自分が癒され様と訪れているばかりだったが、
いつの間にか智を支えようとする、強い心のさくらに変わる。それが素敵だった。
「平気でものを盗むってのも心の病気だ」
おじさんが言ったように、世の中の人々は何かしら闇を抱えているけれど、
さくらの様に、「自分がわるいのだ」と認識する事によって、
心の病は癒えて行く・・・そんな事を訴えているお話です。
話としては「いい話」で終わるんだけども、結構余計な事が多い。
例えば・・・火事とか。結構動揺材料でしかない気もする。
あとは精神病とか扱ってるから、さくらとかは高校生でもいい気もしたけど、
そうすると中学生(ならでは?)の集団行動とか団結力が描きにくいのかな?とか。
大人の登場が少なくて重い話題なのに「子供だけで解決しよう!」
みたいなちょっと突っ走った感があるような気もして残念。
でもすごく感動する。
最後に「智の昔の手紙」が出てくるのですが、これが反則なくらい泣ける。笑
「やっぱり森さんいいわぁ」の一言をつい言ってしまう。
しみじみしたい時に読む本にどうぞ。

*83

|

« 「陰日向に咲く」 劇団ひとり | トップページ | 「バッテリーⅣ」 あさのあつこ »

コメント

 こんばんは♪
 テンプレの配色、変えはったんですね。
 なんか爽やか~☆

 最後の手紙、泣けますねー。
 私はその前から、
 (屋上に向かうぞ、ってあたりからかな)
 気づいたら涙が流れてました。

 またまたTBさせていただきました。
 よろしくお願いしますね◎

投稿: miyukichi | 2006年10月13日 (金) 20:32

こんにちわ!

そうんなんですよ~色変えてみました!
テンプレート・・・と言うか、見栄を張ってオリジナルデザインにしていたりします。
でも、ココログは、記事の幅を変えられなかったり・・と結構融通が利きません。苦笑
ホームページビルダーとかいじっていたりするので、
CSSとかいじくるのが以外と好きだったりします。^^*
秋らしく~・・・ともおもったのですが、ちょっと今回はスポーティに。
冬はもうちょっと冬らしくしようかな、と。

最後の手紙・・・もう号泣でしたよ。苦笑
もうね、私も屋上辺りから来るんじゃないかな~と思っていたのですが、案の定。
その手紙の内容がねぇ、またいいんだなぁこれが!って感じでした。
月の船ばかり追いかける智が切なくて、
でもたぶん、どかで智は「つきのふね」なんて存在無いことを知っているだろう。
そう思う、さくらと勝田の気持ちがひしひしと伝わってきました。
精神的に病んでしまった智が、いつしかそんな相手を救っていた手紙。
幼い智が、「ぼくはちいさいけどとうといですか」と言うところを、
自分自身で読んだら、果たしてどんな反応をするだろう?と切なくなりました。

いいですよねぇ、森さん。
少年・少女の心理描写が最高です。
miyukichiさんも是非今度は「DIVE!!」を!
児童小説では「カラフル」が森さんの真骨頂だと思いますが、
「DIVE!!」ほど清々しく、気持ちい小説は他にないです、と豪語してみます。笑
私も今度「アーモンド入りチョコレートのワルツ」でも読んでみようかと。

投稿: るい | 2006年10月15日 (日) 01:13

るいさん、
こんばんは。
コメント&TBありがとうございます。

ところで、主人公は「中学生」でしたっけ???
私、ブログに高校生、高校生って何度も書いてしまいました。
なんか恥ずかしいです。
「カラフル」「DIVE!」も読んでみますね~。

投稿: 由松 | 2007年6月23日 (土) 22:19

>由松さん

こんにちわ~TB&コメントどうもありがとうございます^^*

多分中学生だったと思います。
随分年齢設定が低いなぁ…と思って読んだので;
確信がないので、お暇な時確認してみてください>△<;
こちらに手元に本がないので…
私もちょっと不安になってきました(笑)

二冊も是非読んでみて下さいね^^♪

投稿: るい | 2007年6月24日 (日) 22:25

今、つきのふねの読書感想文を書いておりますsmile
最後の智さんの手紙の部分がとても感動しましたE:happy02]

投稿: ㊥学生$ | 2008年8月10日 (日) 19:51

>㊥学生$さん

レスが遅くなってしまい申し訳ありません;

読書感想文…!そんな時期もありましたね。
『つきのふね』確か課題図書になったことがあったような…

最後の手紙は感動しますよね。
森さんは多分ラストシーンから考える作家さんだと思うのですが、
どうでしょうかねぇ…。

そろそろ学校でしょうか?頑張ってくださいね^^*

投稿: るい | 2008年9月 2日 (火) 09:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/3190928

この記事へのトラックバック一覧です: 「つきのふね」 森絵都:

» つきのふね [miyukichin' mu*me*mo*]
 森 絵都:著 『つきのふね』    森さんの本を読むのは、  『カラフル』に続いてこれが2冊目なんですが、  なんというか、不思議な魅力のある方です。{/hikari_blue/}  文体はカラッとしていて、  言葉の使い方やなんかは、  子ども向けという感じ。  実際、主人公も中学生の子どもで、  描かれる世界はすごく懐かしくもあるけど、  どこかで「子どもっぽいなぁ」なんて  斜に構�... [続きを読む]

受信: 2006年10月13日 (金) 20:28

» 『つきのふね』森絵都 [まろ茶らいふる]
つきのふね森 絵都 (1998/06)講談社この商品の詳細を見る 自分だけがひとりだと思うなよ! 死ぬことと生きることについて考えてた。 どっちがいいか、どっちがらくか、どっちが正解か。 今までずっとそういうこと... [続きを読む]

受信: 2007年2月 4日 (日) 17:00

» 『つきのふね』 森絵都 [練習オタクの日々]
森絵都さんの作品は2冊目。 この前読んだ『風に舞いあがるビニールシート』とはまた違う雰囲気。 森さんは実はYA(ヤングアダルト)物のさきがけ的存在だったらしい。 まさにYA適齢期の娘に先に読んでもらったら 「最後すごい感動した」と言っていたが、 なるほど、じわじわと来て、最後にドン!と締めくくってある。 ちょっと出来の悪い女子高生が主人公という定番路線だけど、 かなりその不安定な状態などがよく描かれている。 そして不安定なのは女子高校生だけでなく、 頼りになるはずだったお兄さん的存在の若者も実は... [続きを読む]

受信: 2007年6月23日 (土) 22:20

» 「つきのふね」森絵都 [りゅうちゃんミストラル]
「くだらない」と一言で語れない。それが「つきのふね」。【2冊同時購入ポイント3倍】つきのふね価格:460円(税込、送料別)人間は面倒だから植物になりたい。主人公さくらでなくて... [続きを読む]

受信: 2010年7月20日 (火) 18:43

« 「陰日向に咲く」 劇団ひとり | トップページ | 「バッテリーⅣ」 あさのあつこ »