« 「スキップ」 北村薫 | トップページ | 「夏と花火と私の死体」 乙一 »

2006年7月29日 (土)

【映画】ゲド戦記

ゲド戦記・オリジナルサウンドトラック ゲド戦記・オリジナルサウンドトラック

アーティスト:寺嶋民哉
販売元:徳間ジャパンコミュニケーションズ
発売日:2006/07/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する


観るか分からない・・・とか言いながら、しっかり見に行ってしまった。
その上公開日初上映。
やれやれ自分何やってるんだ、ってため息もの。

初めに言っておきます。
これはジブリじゃない。

ネタバレになるので多くは書きませんが、
内容は何とも微妙な纏まり方をしていました。
コンセプトは「死って怖いのよ」てところでしょうか。
でも「死ぬために生きる、ではなく生きるために死ぬ」
「死を恐れてちゃ生きていることを否定するのと同じだよ」ってとこ。
うーん。
なんて言うか話が平坦すぎるような・・・。
これに原作あるんですよね?とか途中から疑ったりしました。
岡田君よかったけど、でも暗いキャラで残念だったかな?
そして他のキャラクターのインパクトが弱すぎる。
一瞬王様とゲドは同一人物か?と思うくらい、キャラが同じ顔をしている。
そして人攫いがうるさい。ちょっとはなしからずれてる気もする。
一番心に残るのはやっぱり「命を大切にしないヤツなんて大っ嫌いだ」かな。
でもあんなところで出てくるセリフだとは思わなかった。

うーん。何とも言えない間延びさ。
この間延びさはハヤオさんにはなかったな。
怒ったアレンは少しもののけのアシタカのようでした。

そんな感じで。
上手く表現できないので諦めるけど、お薦めは決してしない。

*-

|

« 「スキップ」 北村薫 | トップページ | 「夏と花火と私の死体」 乙一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126354/2849419

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】ゲド戦記:

» 「ゲド戦記」の心理学 〜「言霊」と「名前」の秘密 [シカゴ発 映画の精神医学]
映画「ゲド戦記」の「名前」に関わる設定を、徹底的に分析しました。「ゲド戦記」をこれから見る人も、「ゲド戦記」を既に見た人も、「ゲド戦記」の世界観が10倍深くなる雑学と薀蓄が詰まった無料レポートです。... [続きを読む]

受信: 2006年8月 6日 (日) 13:37

« 「スキップ」 北村薫 | トップページ | 「夏と花火と私の死体」 乙一 »